Rocks at the control

どうも・・・ノリオです

ちょっと気合入れて挑もうとスイッチ入れていたのに、
トライすら叶わずしょげてます


さて、とりあえずー



先日の手法で(やっつけ?)ブログ更新しちゃいます



昨日一日はレストに費やし、
今日は久々に本気トライ目的で深山に行く予定が・・・


まっ、深山には行ったのだけど、
イノシシ多発という理由で遊歩道完全封鎖され、
入ろうと思えば柵越えて入れる(自己責任。)のだが後から来るメンバーのこと考えて断念。



アレジィ・・・ 触りたかった(T_T)



で、予定変更の連絡入れて王子へ。




瀬戸内海キラキラ輝く快晴。
風は冷たいが陽の光暖かく、


余計に深山残念に思いながら他のメンバーの到着を待つ。



しばらくすると皆到着。



久々花崗岩ボルダーのK太くんISH井さん、
それと外ボルダー初のH岡さん。



本気トライ諦めエンクラモードに切り替え、
お初のH岡さんを接待せったい。



とりあえず王子の洗礼を受けていただきましょうか。

IMG_1598

の、グリコ岩。

IMG_1599


IMG_1600

IMG_1602

左右のスラブ、ムーンライトエプロンをサクッと登ったので、
まさか・・・と思いつつグリコをやってもらう。

IMG_1603


ふふふ やっぱり登れないよねー

花崗岩、ナメンナヨ!


へへへ



・・・とかやってたらISH井さんもなぜか登れない。

IMG_1606



そこから近くのナテハ。


まだ危ないかなーと思いつつも、
お触りしていただく。

IMG_1610

IMG_1611



やっぱり落ちかた危なっかしく、
捻挫すんなよー 人の話聞けよー あーだこーだ。


で、H岡さんは仕方ないとして、
これまたISH井さんも登れない。



どしちゃったの?



お次は完登してもらいたいセイタカアワダチソウへ。

IMG_1613



まぁ、左に少し逃げるのもありだよと
これは見事完登。



でちょっと特殊な課題?やさしいカンテ。

IMG_1615

IMG_1617

合間にゴードンカンテで遊んで、

そこからエイトマン、安藤くんカンテへ。



H岡さん、エイトマン登れるかなー

IMG_1619


あーだこーだあーだといろんなやり方提案したり見せてみたり、
そしたら見事完登。


安藤くんもやってもらったけど、
さすがにこちらは無理。

IMG_1621

IMG_1622

初花崗岩で指皮無くなっちゃって、

指が痛い痛い。


へへ ざまぁ見ろ へへほ



しかし終始喜々として登りっぱなし。
・・・恐ろしい。




なんなら一番食いついた課題がヤスイスラブ。

「頼むから、まだトライしないで!」となだめ、

なんとかやめさせる。


危ない・・・



辺り暗くなってきたのでH岡さんわっしょいボルダリングも終了。

IMG_1623



今年も残すところ僅か。



アレジ触りたい。



とりあえず明日から仕事頑張ります

 

どもども、ノリオです


めちゃめちゃ久しぶり。


岩登り、続けていますよ、もちろん。



ただ、Facebookに画像上げたりしてたらブログが疎かになってしまって


・・・そこで考えた。


「そうだ、Facebookの記事をそのまま添付すれば楽じゃん



てことで、以下コピペです



土曜日。従来なら仕事。


観たいライブがあったのでお休みをいただいていたのだが、
どうにも金欠で断念せざるを得ず、
誘われて岩場へ。


H部さんT野くんに行ってみたいといわれ、
この日はMt.HG-S。
件のプロジェクトのあるエリア。

f538c5dd

寒過ぎず花崗岩にいい気温。
エリア入り口のプロジェクトから奥は実に久しぶり。
踏み跡残っているか心配していたが案外大丈夫で、すぐに一つ目の岩に到着。


スラブ。
4級、3級、初二段のある岩。
初二段はおいといて、
実は4級が悪かった記憶。

IMG_1556


ここの花崗岩は非常に目が細く、
王子や矢掛の感じで足を置くと滑るので注意。


4級のカンテスラブから取り付くも、
お二人さん、さっそく洗礼を受けている。
まっ、僕も御多分に洩れず。
ハマる。

IMG_1558


IMG_1559


IMG_1560

IMG_1565

みんな登れたので3級のスラブ。
中間部にいいポケットがあるのでそれが取れれば終わりと思いきや・・・な課題。
ふふ、やはりフットが乏しい。
ハマる。

IMG_1562

IMG_1569

IMG_1570

目が慣れてくればポイント見えてきて、
みな完登。


面白い。


さて、お次は2級と3級(4級?)の岩に。
こちらはホールドもあって登りやすそうに見えて・・・


まずは3級?から。
見た目よりも持てる場所少なく、上部も気持ち悪い。
でもまあ、これはサク撃。

IMG_1571

IMG_1576

で、隣の2級。
以前の記憶では一撃したはず。
スタート下の大きな崩落見受けられるが、
少しスタートが悪くなった程度でグレードに影響は無い感じ。

IMG_1577

バランシーな中間部から何も無い系のマントルの好課題。
ランディングもちょっとだけ悪くていいスパイス。

IMG_1578

とりあえずリップまでは到達するも、
感じを掴めずハマる。
苦戦の末、H部さんが持ち前の柔軟性でマントルこなして完登!

IMG_1582

IMG_1583

IMG_1586



「何か出た。」とのこと。


だって上、苔ってるものねー



僕も気合入れて突っ込むもマントルの体勢寸前で敗退。


ビビった。 なさけない・・・


「これが住宅ローンの重圧か。」



守りに入ったな。


てか、絶対に2級じゃない(T_T)



さて、そこから二段のスラブ「馬酔木」や初段「目眩し」など案内してから、
僕も登れていない初段のマントル課題でセッションすることに。

これは"悪い"って記憶だけが・・・


小さい岩で、カンテやカチやフットもしっかりしているのだけどヤレば分かる"悪さ"。

一手目のカチが痛い。
身体上げるのキツい。
上、何も無い。

IMG_1587

ああだこうだ、手を変え品を変え、
それでもマントルの体勢にもなれない。


IMG_1590

しかしふと目についた小さな小さなフットに変更するとググッと進展!
H部さんはこれまた持ち前の柔軟性で変態ムーブ。
僕はそれ出来ないので別ムーブで、
もう少しって感じだったのだけどケツかっちん。

IMG_1592

辺りも暗くなってきたので終了。


Mt.HG-S、


ここにはプロジェクトもあるし馬酔木もあるし、
このマントルも登らないと。
また来る。


てか明日くる予定だけど。



・・・


ってことで日曜日。


午前からアノ方とMt.HG-S。



が、近くにつれ様子がおかしい。
狼煙上がってるし。


駐車場に到着すると満車?!


どうやら地域住民の方々が掃除に集まっているみたい。
怪訝な、訝しげな表情でジロジロ見られたので撤退。


ああ、なんてこった。

あのプロジェクト楽しみにしてたのに。


仕方がないので矢掛に移動。
西のエリアのプロジェクトをやることに。


IMG_0368

スイッチがOFFになってしまい身体が動かない。
久々に触ったけど以前の高度には至らない。
アノ方は新たなムーブ発見して少し進展。


スゲー。



そうこうしているところにコージー登場。
この保持れる男ならなんとかしてくれるんじゃないか!

IMG_1369

プロジェクトの左側も登れそうじゃね?って一緒に触ってみたけど無理そうだったので、
やっぱりプロジェクトに。



コージー早速最高到達点叩き出し場が沸く。

・・・が、使っていたフットが消し飛んでいる。


マジか。




気がつくと昼回っていたので、
昼飯を買いに降りて到着しているはずのトモチンとご子息と合流するために鉄塔エリア。


テツさん家族も来ていて、
午後はのんびりセッションやおしゃべりや昼寝。


ビンゴライトビンゴ登って雨が降り始めたので撤収。



あのプロジェクト触れなかったのは残念だったけど、
久々に岩尽くしな2日間でした



最近ちょっと身体が重いので体調管理しなきゃシーズンを楽しめませんね


まだまだこれから。


IMG_1597

楽しもう

どもども、ノリオです


12月上旬に行った遠征の記事。
2日目となりますが無事に書き終えられるか・・・


ではいってみよー



初日の晩は甲府まで移動しお泊まり



IMG_0521
この晴天

・・・でも昨日よりグッと冷え込んでる




IMG_0522
富士山もばっちり見えたー




林道に車を止め、エリアに向け出発

いや、かなり冷える




IMG_0523
昨日見たつららが更に凄いことに



IMG_0524
うひゃ




IMG_0525
がったがたに崩壊している歩道を歩き、


IMG_0526
冬枯れの瑞牆をのんびり眺めながら・・・



IMG_0529
管理棟からのいつもの景色まで辿り着き、


IMG_0530
あっ、またガッ◯ーさん忘れてる



IMG_0528
誰も居ないキャンプ場・・・


IMG_0531
あー、この眺め! 瑞牆に来てるんだなーってなこと思いながら、


IMG_0532
またこの岩まで来ちゃった。



IMG_0536
はい、『裂けた青空』。


アプローチで身体も少し暖まったのですぐさまトライ開始

しかし、昨日にも増して岩が氷のように冷たい。


てか、氷。



どんどん手の感覚無くなる



フリクションはまだなんとか。
しかし、寒さで身体が強張るわ、感覚無いわで・・・



IMG_0533
霜柱タワー

溶ける気配無し。


そりゃそうだ、ずっと氷点下だもん






IMG_0546
結局決定打も出せず、寒さ敗退という名のビビリ敗退

自分のクライミングに自信無し



『裂けた青空』後にしてトボトボと歩いていると目に入ったのは・・・

IMG_0548
『ガリガリくん』

ちょっとだけ、

ちょっとだけですよ、気になったので触ってみることに



しかし、


IMG_0550
散々オブザベした結果、失敗。

ていうか、何便か出したのにまるでダメ。



自暴自棄。


IMG_0555
珍しくスケさんもお触り


まっ、仲良く敗退した訳で・・・




ああ、なんだか陽が傾くのが早い



明日は更に寒くなるとのことで、
豊田に転戦することに決めているので瑞牆も残り時間無い



で、向かった先は、


おいおい、またかよ!な『十六夜』。




IMG_0560

IMG_0561
陽が落ちちゃう



IMG_0563
スケさんは隣の『十五夜』


IMG_0564
僕は呪われし『十六夜』を。


IMG_0565
かつての本気シューズテスタロッサ(4~5年物)持ち出しトライ

おいおい、昨日とは打って変わってめちゃくちゃ立てる



テスタロッサちゃん、放ったらかしでゴメンね。。。
こんなに良いシューズだったんだね。

知ってたよ。


浮気してゴメンね


許して。



IMG_0567
Twilight...

あのスタンスにめちゃ立てるのだけれど、
やっぱりポケットに届かないから10cmほど下にある結晶摘んで右足上げてスメアリング。

が上への推進力が出ない、出せない



IMG_0571
撃てども、立てども、、、


IMG_0578
その繰り返し。


ああ、、、駄目だ



永遠に登れないのではないかという焦燥感と絶望。

と同時に湧き上がる恍惚感。



なんなんでしょうか。



無念。




寒さ異常になってきたので敗退宣言。

今回も駄目だった。



また来るよ、瑞牆。


IMG_0604


ザ・グッバイ



こんな感じで1年7ヶ月ぶりの瑞牆は終了。


さて、3日目からの豊田のことは書けるのか?


年末、怒涛の一週間が始まるのに・・・



それでは、また

どうもノリオです

師走ということもあり、
こんな僕でも慌ただしい年末に突入しブログの更新がままならない


少し前のことになりますが、
お休みをいただいて1年7ヶ月ぶりに瑞牆まで遠征に行ってきました


ダイジェストになるか、
はたまたいつものダラダラになるか・・・


では1日目から行ってみましょう




木曜日。

仕事を終えたその足で出発



とっても久し振りの瑞牆。


前の晩は眠れなかったぜー
メンバーはスケさんと僕。


IMG_0427
ダーって車を走らせ、麓で仮眠をとってから瑞牆到着


IMG_0425
ゲートが閉まっているので林道に車を止めて徒歩でエリアに向かいます


よし! 決めた!

画像過多、文章少なめでやっつける



天気予報では僕らの地元とは比べものにならないくらい冷え込むと・・・



最低気温−7℃とか−10℃とか考えられない




IMG_0428
あわわわ、、、すでに凍ってる


IMG_0430
なんじゃこりゃー

画像はありませんが、霜柱の高さが5cm以上なんて見たことない



IMG_0431
あっ、こんなところにガッ◯ーさんの忘れ物が


ん? あっ?

遠くに見覚えのある人物が佇んでいるではありませんか


えー?!



おーーーーーーー! やっぱり、

 
15416838_1777755995818474_570132489_n
eyeCandyのイバァァァン

たまたま撮影に来ていたみたいで、
ほんと偶然だねー



はい、記念撮影




年末はよろしくねーって感じで別れて、目指した先は・・・


IMG_0432
もはや因縁の課題『十六夜』。


ほんと久々だなー




IMG_0434
あっ、せっかくなんで宣伝しちゃう、eyeCandyのチョークバッグ



IMG_0436
さっそく準備して取り掛かります。

ずいぶん前に完登しちゃっているスケさんは僕に付き合ってくれて



IMG_0438
寒い。 

気温はいいのだけど、
なんだか湿った寒気みたいでフリクションはイマイチ。



IMG_0442
久々なんで、クロスに備えてストレッチ


IMG_0446
ノーマットからのスタートは、
超久々の僕には感じを掴むまで困難で・・・

ようやく感じを取り戻して久々のスタンスを確認。
こいつに立ってからが悪いんだよな〜


てか、こいつにすら立てぬ



IMG_0445
あらら、スケさんはサラッと再登しちゃった・・・
もう完全にモノにしちゃってるなぁ



IMG_0448
一方、僕は以前は余裕だったこいつに立てずヤキモキ
目下、絶不調。

最低野郎。



IMG_0461
あまりにもダメなので気分転換に『十五夜』をお触り


IMG_0463
このスタンスに立つの悪いですねー

ダメだこりゃ




IMG_0464
ええい! 腹癒せにこいつを登ってやるぜー


IMG_0466
調子にのってたらプスって指に穴が

ぐはぁ



IMG_0468
ああ、

IMG_0469
静かだ・・・

IMG_0470
やっぱり瑞牆は素晴らしい。


人気の無いエリアは素敵だなぁ



IMG_0471
凹んできたので次のお目当ての岩に向かう途中、
そういえば触ったことないぞと『穴契約社員』を

サクッとオンサイト?
なかなか面白かったよー




IMG_0473
途中アプローチを変なところトラバースして向かったのは、

IMG_0478
これ、『裂けた青空』

寒い。


さっそく取り掛かるもいろいろ忘れちゃってる。

なんとか組み立ててトライ続けるも、
上部に進むにつれ寒さで手の感覚が無くなっていく。



IMG_0487
持ててるの?

いま、持ててるの僕?


突っ込んで大丈夫?


な状態からリップ付近に一手出したところですっぽ抜けフォール



ひゃっほー



って着地点見事マット越え幅30cmほどの隙間


いぇいー


無事だったぜー



右足少しグネったけど



1年7ヶ月前と同じ、初日で足首やっちまった
今回は軽いけど。


その後もトライ続けるも、氷みたいに冷たい岩は持ててる感が分からなくなり、
また怪我しそうなので勇気ある敗退。

ようはビビってるだけ・・・



腰抜け野郎。




IMG_0488
そして帰り道にまたまた腹癒せに色々登ってやろうと課題すら知らぬ岩を、
登れそうなところ片っ端から登って・・・



IMG_0489
なんだか・・・



IMG_0496
寂しい・・・




IMG_0504
それでも僕、挫けない!


IMG_0510
足首挫いたけど・・・


はぁ




IMG_0515
気が付けば辺り日が沈みはじめ、


IMG_0516
人気の無い、静寂に包まれた瑞牆の空は美しく。



寒い。




IMG_0517
帰り道は明かりがないとさすがに危なく、


IMG_0518

IMG_0519
がたがたの道を足首庇いながらトボトボと。


IMG_0520
今朝見た氷も成長する寒さ。


ずっと氷点下。


散々な結果となりましたが、
やっぱり瑞牆楽しい


寒いけど。



こんな感じで遠征初日は終了。



・・・これ、最後まで書けるかしら




つづきはまた

どーも、ノリオです




エンクラばかりですが、
そろそろ花崗岩の感覚も戻ってきました


一週間後?に行く瑞牆(はたして登れる環境なのか?)に向けて目下調整中なのですが、
この前の月曜日(もう一週間前か...)に王子が岳に行ってきましたよ 


前回、岩場デビューを果たしたISHさんに今度は王子の洗礼を受けていただこうと、
K太氏と3人で。



前日の長雨もなんのその。
やっぱり王子は雨に強い。


もう乾いちゃってますね〜



IMG_0377
いい天気だ

IMG_0378
眺めも最高。



IMG_0379
色付いた木々の影を投影されたグリコの岩

嗚呼、いい感じ



岩のコンディションもまずまず。




IMG_0380
そう、王子の登竜門とも云われるグリコで王子デビューをしていただこうと


これで“王子嫌い”になる人、多いですよねー




ふふふ


やっぱり苦戦してる

IMG_0382
実は王子経験少ないK太氏もトライ開始

前回は左足上げ(窪みにヒールっていうね。)のムーブで登ったので、
今回はちゃんと右足ハイステップで登ろうとしております


苦手なんだって

IMG_0385
おっと、本日はeyeCandy率100%


いいチョークバッグです


おっ? 

画像奥ではムーンライトエプロンにトライするISHさんが無事に完登



で、グリコにもどって・・・


IMG_0386
安定のどハマり

どうも右足に乗り切れていない様子



IMG_0387
悪戦苦闘しているところに、
別の場所で登っていたというNCHKさんとITさんが登場


グリコ得意だというITさんに模範登攀いただき、
ISHさんも見事に完登。


おおー! 初日にグリコ完登とはやるな



僕なんて2年掛かったし



IMG_0388
いやしかし、ホント天気いいなー


さてと、
それでは『ナテハ』にでも移動しますか

NBCHKさんITさんはここでお別れ



『グリコ』とは違い、しっかりホールド有る系だからサクッと終わるっしょ

IMG_0390
・・・K太氏、

IMG_0391
『ナテハ』初めてだったの


落ちちゃった



IMG_0395
岩場2回目にして、
もはや足元にはSPOTしか用意されていない不運なISHさんもトライ開始。


陽が当たり、木々の陰影が場を演出しております


岩の状態は・・・少々滑るものの良好



2人共苦戦していたので、僕もお触りしてサクッと任務完了

コツをつかめばサク撃のK太氏。
・・・が腹痛のため便所に行っている間に無事に完登できたISHさん。


やっぱりまだのっこしに恐怖心があるみたいですが、
いい登りでした



『グリコ』『ナテハ』とくれば、お次は・・・



みなさん各々意見はございましょうが、





『エイトマン』『安藤くんカンテ』でしょう






まずジムでは味わえない課題。





岩に到着して課題案内するやいなやトライ開始

むむむ



と、苦戦中のISHさんを覗きにきた黒猫先生

IMG_0398
・・・を撮影するK太氏と撮られる黒猫先生との間で登るISHさんを撮影


IMG_0399
「なにやってんだオマエら...」



IMG_0401
トライごとに感じを掴んでサクッと完登


IMG_0402
すぐさま『安藤くん〜』にトライするISHさん

貪欲です



IMG_0403
おっと、こんなところに街でも岩場でも便利なBulbsさんのトートが
eyeCandyのポーチもね


・・・って宣伝か



IMG_0406
さすがに2級の、しかもカンテ課題ともなると苦戦の度合いが違う

僕やK太氏はサラッと再登したので応援に徹する。



・・・訳もなく、

合間に以前からトライしている『安藤くんのカンテ』を
左手で岩に触れずに右手と両足だけで登るプロジェクト、

「安藤くんの右手」をトライ



 
こんな感じで


慣れてしまえばリップまではなんてことないんだけど・・・



さすがに右腕一本でのマントルは



15240275_1097035967085976_528249622_n
せめてこのホールドに手が届けば捩じ伏せられそうなんだけど、
もうちょっとって感じ


最高高度叩き出し、
余裕でホールドに届く高さまで到達するも、

夕暮れ時の薄暗さに阻まれ目視出来ず、
文字通り闇雲にデッドかますも的外れ


うん、明るければ登れる



IMG_0407
尚もISHさんのトライは続く


あっ、奥の方々は・・・徳島・・・の・・・だったかな?



IMG_0408
むははははー

妖怪『岩甜め』が現れる時間帯になってしまった


ペロペロ、ペロペロ、


いい結晶ないかなー



両手の指から流血するも更に激化するトライ

IMG_0410
ISHさん、ガッツあるなー


惜しいトライも多々あったのだけど決定打出ず。


ヘトヘトになって本日は終了


王子嫌いになってませんよね




嗚呼、12月にも入ったし、
もう少し気温下がれば自分のお目当に挑まなければね


今シーズンは気温低めでお天気な日が多ければいいなー



ISHさん、また岩場行きましょうね


お疲れ様でした



それでは、また

このページのトップヘ