Rocks at the control

どうも、ノリオです
・・・と書き始めないと後が続かないことに気付いたので、この導入で引き続きやっていきます。


さて、天気予報見ると驚きの一週間くらいの雨マーク。
がっつり次の週末は雨。

まだ一週間あるから変わるかもしれないけど、
気分的にはもう今月の岩遊びは終了ってテンションです。

2月も頑張るぞー!


日曜日は、スケさんと深山の開拓エリアでP触ったり他の課題触ったりして遊びました。
で、翌日。


指皮無いし穴が開きかかってるし、身体も疲れちゃってるけど、
上記の天気予報の件で焦りというかなんなのか、
とりあえず岩が触りたい。


少し前にSNS上に、ピカル兄さんが初登?したラインが上がっていたのを思い出し、
スゲー久々にMt.GC(某所って書かないといけないのかしら?)に行ってきましたー



7年ぶりってか?



天気いいのかなーと思ったけど、なんだか嫌な雲が出てきました。
少し道に迷って某所の某エリアに到着。

IMG_6260
あっ、たぶんこの岩だ!

IMG_6256
これも最近?登られたみたいだけど(昔、ガッキーさんが登ってるって話も聞いたり聞かなかったり...)、
7年前に、登れそうなラインだなーと見上げていた記憶があるなぁ。


IMG_6257
てか、あー?! ヤツが居る???!!!
この嫌な雲は、このことを暗示してたのかー マジかー


IMG_6259
ヤツは可愛くないけど、ヤツの飼っている「ぶんぶん」はカワイイ。
可哀想に、飼い主に恵まれてないな 泣

しばらくヤツの相手をしながらダラダラ準備。



ちょっとダラダラし過ぎたので、そろそろピカル兄さんのV6やりますかー!



・・・?

スタートどうやんの?



スタートホールドと思われる左手のカチがパツパツの高さ。

ヤツは昨日登ったというので、どうやってスタートしたのか聞いてみると、
左手カチで右手アンダー持ってプッシュで離陸。
で、右足を上げたとのこと。

FullSizeRender-26
あっ、浮けた!・・・けど、

FullSizeRender-22
右足が上がりきらない 汗


マジかー このスタートやばくねー? ホントにV6なの?
僕の身体が固いだけなんでしょうけどー

嗚呼、無理かも。


IMG_6261
そのころヤツは、なんだかウホウホいいながら色々登ってました。
変なヤツ。

FullSizeRender-25
だー!? 足拭きマットが付いてきちゃったぜー
ノーマットあるあるの一つですよね、これ。

その後も、微調整しながらこのムーブを何度も繰り返すが、後2〜3cmが上がらない。
やっぱり無理。

ピカル兄さんに聞いたら、他の人はいま僕が右足を乗せようとしているフットに、
右足スタートしているらしい。

てか、そんなの僕上がらないし。マット敷けば上がるのかな。
でも、底上げしたくないなー スタートホールドには地面からギリギリ手が届いてるしなー


考えた挙句、左手はスタートホールドのカチを使い、
右手はアンダー使わず結晶に引っ掛けて離陸する方法を選択することに。

ジムならインチキだけど、岩場ならOKだよね? ダメですか?


FullSizeRender-20
こうやって浮いて、

FullSizeRender-24
ほらー! 足が上がった!

IMG_6268
右手、鋭利な結晶に人差し指と薬指の2本だけ引っ掛けてる感じ。
これはこれで悪いからいいよね?

FullSizeRender-23
てか、次の一手も遠い・・・

けど、問題解決してしまったので、気合いいれてトライしてみると、
遠い一手も止まりその後のムーブもこなして後はリップを止めるだけー!って体勢になりリップを見上げた瞬間、
パーン?! ???!!! フォール???


なんと踏んでいた結晶が飛んで消失。 マジか。 あと一手だったのに。

メチャ気合い入れたトライだったからか、
昨日の深山で穴が開きかかっていた指がメリッと裂けちゃった。


なんだか悔しいから、たっぷり休憩してラストトライ!
もう日が沈んじゃう。

FullSizeRender-21
ここが遠くて、カチ保持ったまま肩入れてプッシュしきらないと届かない。

FullSizeRender-19
よし、止まったー! で、この左手止めたら終わるぜー!
その後は冷静にこなせば登れる。

だはー、、、体幹がヨレて止められずフォール。


情けない。体力無さ過ぎ。


スタートの解決に指皮と体力を使い過ぎちゃった・・・
後半は好き系だったのに。

ホント、情けない。


次回は、指皮治してフレッシュなときにトライしよう。
必ずサク撃出来る!



やっぱり2日連続で登るといい結果は出ませんね。疲れちゃってる。
あの頃(どの頃?)の体力が欲しいぜー

とかなんとかいいながら、なんだかんだで存分に岩遊びを楽しんだ日月。


来週、雨なのかな・・・ 晴れて欲しいな・・・




嗚呼、某所、また来ます

どうも、ノリオです

お出掛け日和のポカポカ陽気に誘われて、日曜日にスケさんと深山公園に行ってきました。

メインエリアに向かうであろうクライマーの姿をポロポロと駐車場で見掛けましたが、
僕たちは反対側の開拓中のエリアへ。


IMG_6204-1
そう、正月に触ったスラブのPがお目当て。

意気揚々と岩の前まで来ましたが、お日様に照らされて岩はホカホカ。
もうTシャツになりたいくらい暖かい。

一月ですよ、まだ・・・




IMG_6209
でもまっ、そんなこといっても始まらないので、さっそくトライ開始!

FullSizeRender
もうホッカホカ。

IMG_6237
けっきょく前回の高度までは行くが、その先に進めず。


で、気分転換にと、近くの「2級」とガッキーさんが言っていた課題をやってみることに。

IMG_6217-1
眺めのいい場所にある、この一見易しそうなラインが・・・

IMG_6221
以外に悪くてハマる。

IMG_6240-1
次第に雲行きが悪くなり、雨もパラパラと。
さっきまでの陽気はどこへ?

急にフリクション無くなってきちゃったー


ああだこうだムーブ組み立てて、

FullSizeRender-5
まずはスケさんが一抜け。 さすが
けっこうシビアな内容ですよー

IMG_6245
続いて僕も完登。
やっとかー 上部もチリッとします。

・・・これが2級か。尾道のテットータットーくらい悪い気がするけど。
弱くなっちゃったのかなー


でも、この課題はメチャクチャいいラインですよー!
面白かった。



IMG_6247
やっと気分転換をやっつけられたのでPに戻ってみたけど、
さっきの課題に指皮捧げ過ぎて痛い。

けっきょく高度も同じのまま。


嗚呼、ダメだー もう、今日じゃない。



まだ日没までには少し時間があるので、帰り道の岩を触ってみようってことで移動。
ここも登られてるっぽいなーと取り付いてみる。

げっ、これもカチ保持のやつだったー 痛いよー

IMG_6228
後で聞いたら、左下の縦ホールドからスタートで初段。
立ちで1級ってことですが、ここから右に抜けるラインらしいです。

IMG_6249
そうとも知らず、立ちで直登を目指す僕たち。
あー、パツパツだー

指に穴も開きそうそうだぜー


IMG_6235
と、なんだかんだで、スケさんが一人抜け出て高度を上げる!
けっこういいところまで行ったけど、スケさん曰く、
ここからもう一癖二癖ありそうな気配みたいです。

僕は同じムーブだとパツパツで動けないので、解体して再構築すればなんとかなるかな。

指皮的にも体力的にも、時間的にも終了って感じになったので、この日はここまで。




宿題ばかり増えていっちゃうけど、Pの他にも面白いライン登れたし、
まずまずの休日でした。

もう、指に穴が開く寸前だけどね・・・




さて、こんな指で明日の休みはどうしようか。


月曜日の記事に続く。




それでは、また



どーも、ノリオです
パッリパリに乾燥した最高の花崗岩日和の月曜日を仕事で過ごし、
雨予報の火曜日に行ってきました"もはや王子ではないエリア"。

相方に愛想つかされフリーになったK太くん。
いや、ホントは仕事が理由だそうですが、完全リードモードだったけど久々に花崗岩ボルダーでもといった風の吹き回しで同行することに。

まっ、いつ雨が降り始めてもおかしくない天気なんですけどね。
せっかくのお休みを、しかも花崗岩ハイシーズンのこの時期の休日を1日でも無駄にしたくない!
そんな訳で、勢いだけで突っ込んできました。


K太くんは初"もはや"。

到着して簡単に課題を紹介して周り、

IMG_6068
とりあえずスラブのPのところへ。
湿度高いけど、そこまで岩の状態は悪くないのかな。


FullSizeRender-7
久々の花崗岩なので、アップがてらPの岩の右カンテ4級を触るK太くん。

あれれ? なんだか悪そうに登ってるけど、これ4級ですよ?
危なっかしく一撃。まっ、当然でしょう。


FullSizeRender-9
僕はP。やっぱりここから先がこなせない。
なんだか少し結晶の掛かりが悪い気がして、いろいろ不安。

FullSizeRender-17
K太くんも触ってみるが、序盤で苦戦。
あまり感触がよくないし、雨も降りそうで残された時間が気になりエンクラに変更。

FullSizeRender-11
とりあえず僕もカンテの4級の再登でもと取り付く。
が、凄く滑る。マジ?

上部のマッチの箇所がしっとり苔々で保持出来ず飛び降りる。
K太くん、よくこんなの保持ったな・・・

てか、飛び降りた拍子に危うく左足が木と激突しそうになり、
軽く痛みが走ったけどセーフ。

ラッキー。


気を取り直して再度上部マッチの箇所へ。
フリクション無いしヌメヌメ苔々だけど、なんとかマッチを試みる。

左手から右手に持ち替えてみたものの、
ほとんど保持出来ていないのだけど次のデッドしないといけない。
すっぽ抜けそう。いや、すっぽ抜ける。

ああ、絶対。

失敗すれば、今度こそ木に激突か・・・



よし、行ってみよー!ってデッド。これ、4級でしょ?

まっ、すっぽ抜けることなくデッドが止まったのでそのまま再登。


前に登ったときは4級に感じたけど、今日は2級くらいに感じた。
てことは、これ3級でもいいのかも。

グレードの見直しが必要かも。



で、なんとなーくポツリポツリき始めたけど次の岩へ。


IMG_6081
この垂壁の課題は3級。
リップへの少しだけダイナミックな一手が確信です。

FullSizeRender-18
何回かリップにタッチするも止まらない。
2人で波状攻撃。フリクションあまいしカチが痛い。

IMG_6087
そんななか、K太くんが感じを掴んでなんとかー

FullSizeRender-8
リップをキャッチ! で、完登。

僕は、けっきょくリップ止められず敗退。再登ならず。
ああ、何だか悔しいな。

てか、これも3級じゃなくて2級はあるのかも。


フリクション頼みで登っている僕には、今日は止められないな。 無念。




で、その流れで同じ岩にある、これもリップへの一手が核心の4級。
そろそろこの辺りのグレード感が怪しくなってきましたね。

嫌な予感しかしない。


FullSizeRender-12
最初はなかなかリップに手を出せず、出せても止められず落ちる。
何度も。


そうこうしていると、


「ノリオさん、破けてますよ。背中。」

FullSizeRender-10
ハッ、まじか?! K太くんがニコニコしながらパシャり。

大きな穴。


FullSizeRender-13
どうやら先シーズンに僕が枝打ちした箇所が鋭利な形状をしていて、
フォールの際に引っ掛けてしまったみたい。

あの頃の僕のクソ野郎めー!


てか、おいおい、いよいよ雨脚強くなってきちゃったよ。



FullSizeRender-16
それでもトライ続けていたら、K太くんがリップを止めた!!!
・・・けど動けない。

「ビショビショだー!」つって落ちてきた。



そりゃそうでしょうね。知ってた。




ああー、くそー! 登りてー!



って、おや?


「K太くん。K太くんのも破けてるよ。」ぐへへ


うわぁ、マジかー?!



ひゃひゃひゃー あははー げらげら



MCで変なテンションになってしまって何でもオモロイ。


が、さすがに荷物もなにもかもびしょ濡れになってきたので、
この日はここで終了。

FullSizeRender-14
まっ、思ってたより降り始めが早かったけど、
なんだかんだ盛り上がってオモロイ岩遊びができました。

服、引き裂かれたけど。



FullSizeRender-15
道路まで下りると、ちゃんとした雨。


来週は天気大丈夫そうなので、どのP触るか悩むところです。


"もはや"のスラブかカンテ挟み込み系か、それとも深山のスラブか。



次の週末が待ち遠しい。



本日のMC、怪我も無く無事に終了。


それでは、また

どうも、ノリオです
世の中は、成人式ということで三連休。
しかし、いつもはお休みの月曜日が連休の関係でお仕事になってしまいました。

天気予報みると月曜日が最高ぽい。

長期の天気予報みれば、25~26の辺りが雨。


嗚呼、短い短い花崗岩シーズンなのに、今月は岩場に行ける日が少ないかも。
これも年末年始、登りまくったツケか・・・ むぐぐ


そんな訳で、天気が微妙な日曜日に、ソロで"もはや"のスラブのプロジェクトを触りに出掛けてきました。


IMG_6017
どんより曇り空。時折パラパラと雨粒を感じるなか、
Pの前に到着。

予想よりは岩の状態は悪くないかも。



IMG_6018-1
今日はソロなので、ホントのんびりって感じ。
見晴らしのいい岩の上でコーヒー飲んでまたり。


IMG_6033
遠くが霞んでみえるので、湿度は高めでしょうね。


しばらく休憩して、そろそろ始めるかと準備。



FullSizeRender-2
やってやるぜー!

FullSizeRender-1
この足に立てる確率は格段にアップ。
ちょっと角度誤ると足が抜けちゃいます。

FullSizeRender
そして、ここからが核心部。
左足が滅法悪い上に、保持出来る箇所が無い。

無いなりにも、先シーズンは左手のいい箇所見付けて保持って、
右足を上げ、結晶にハイステップしている最中にスリップフォール。
これが現時点での最高高度。

その記憶があるから、画像の態勢で左手を必死に探す。


左手以外の三点もギリギリの状態なので、いつ切れてもおかしくない。
焦って左手を探し、焦りすぎて見付けられない。

ほぼ毎トライこんな感じ。


見付けられないなら、他のムーブを探ってみればよかったのだけど、
やっている最中には、そんな発想になれずに左手を探す探す。

で、ダメ。


徐々に高度が下がり始める。
またこの時がきてしまった・・・

打ち止め。



なんだかモヤモヤするので、王子が岳で何か登って帰ろうと移動。

駐車場に到着すると、ちょうどピカル兄さんが車に荷物を積み終えたところ。


「もう帰るんですか? これからナイトですか?」

冗談まじりに言ってみると、


「じゃあ、行きますか!」って。



なんだか引き止めちゃってゴメンなさい。



聞けば、今日は『オリジン 初段』を触っていたみたいで、
じゃあ、それやりましょうってことで移動。


ちょうど1年前に僕は登れていて、その後も何回か再登しています。
もうコツは掴んでるぜ!って思ってたのですが・・・


IMG_6035
兄さんは、毎トライいい感じのところまでいけるのだけど、
そこから苦戦。

僕もトライするも、全然カンテが効かなくて登れない。
僕は、かなりカンテのフリクションに頼って登るので、
状態が悪いと何もさせてもらえない。

弱いなー


IMG_6038
次第に日が沈んで・・・

IMG_6042
辺り真っ暗になった頃には、カンテのフリクションいよいよ無くなって、
ホント、もうダメ。

モヤモヤ解消に来たはずが、モヤモヤがモヤモヤを呼んでしまった感じになってしまいました。


でも、兄さんはこの状況でも惜しいトライしてたから、
次回は登れるんじゃないかな。


『オリジン 初段』とてもいい課題なので、
みなさんぜひトライしてみてくださいね。


さあ、次の休みは火曜日。
これまた天気が微妙だけど、貴重なお休みを無駄にしないように頑張らなきゃ!


それでは、また

どうも、ノリオです

やっとここまで辿り着きました、豊田2日目にして年末年始岩三昧の日々最終日。
ざーっとやっつけちゃいましょう!


さて、名古屋まで移動して風呂入って寝て、疲れのせいかまたまたのんびりの出発。

IMG_5909
平日なので車も少ない。
この日も天気が良くてポカポカ。

ひとまず向かったのは、数年前401の北京プレッシャーに負けて敗退した『ポール d』。

IMG_5910
少し道に迷ってやっと発見したけど、燦々と降り注ぐ太陽に温められて温い。
んー、夕方がベストなのかなー
どうしよー ダラダラ。


じゃあ、ちょっと辺りの散策しようってことで色々岩を見てまわる。
苔むした面白そうな岩を発見したけど、
まあ、また今度触ってみようってことになり今回は見送り。

あの岩、誰か登ってるのかしら・・・


で、向かった先は本日のお目当、

IMG_5913
『あすなろ f』。

IMG_5928
これも数年ぶり。 いつみてもかっこいいラインです。
個人的ベストファイブに入る。

まっ、ここに辿り着くにもまた迷いましたけどね。
ちょっと足がガクガク。 老い、かな。


IMG_5915
さあ、始めるかー

IMG_5942
ああ、惚れ惚れ。

IMG_5937
わー、フレークに指入んないぜー

IMG_5919
下部から少しずつムーブを組み立てていく。

IMG_5925 2
手の送り、フットの位置、一つずつ組み立てていく。
このプロセスが面白い。

IMG_5930
まっ、結果、ぎゅーって持つやつなんですけど。

IMG_5935
岩と岩の間の空間にあるこのライン。

IMG_5936
隔離された静かな空間。
四畳半の茶室のような落ち着きと、広がりを感じたり。※個人の感想です。

ああだこうだとやっているうちに、前回の高度を超えられたのだけど、
そこからが核心みたい。

どうしてもそこから抜けられない。


次第に体幹と保持力が低下して、2人とも高度が下がり始める。
この時間がきてしまったか・・・


それでもトライ重ねる。


IMG_5944
カメラに向かって精一杯の笑顔でパシャリ。
いまの人、パシャリっていうのかしら。

笑顔だけど、実はかなり気張ってます。


ああ、帰りの時間が近付いてきちゃった。



遠征先で、この時間が一番切ない。
帰りたくないよー


無駄なトライ重ねる悪足搔きやってるうちに終了の時間。


結果、豊田に来て3課題しか触っていない。
そして、今年入って完登0か。


ん? このブログ、完登報告ほとんど無いんじゃないのか?
まっ、仕方が無いね。

今年もこんな感じでやっていきますRocks at the conrtol。
よろしくーね!


IMG_5931

豊田、また来るぜ!


それでは、また

このページのトップヘ