Rocks at the control

2020年01月

どうも、ノリオです

やっとここまで辿り着きました、豊田2日目にして年末年始岩三昧の日々最終日。
ざーっとやっつけちゃいましょう!


さて、名古屋まで移動して風呂入って寝て、疲れのせいかまたまたのんびりの出発。

IMG_5909
平日なので車も少ない。
この日も天気が良くてポカポカ。

ひとまず向かったのは、数年前401の北京プレッシャーに負けて敗退した『ポール d』。

IMG_5910
少し道に迷ってやっと発見したけど、燦々と降り注ぐ太陽に温められて温い。
んー、夕方がベストなのかなー
どうしよー ダラダラ。


じゃあ、ちょっと辺りの散策しようってことで色々岩を見てまわる。
苔むした面白そうな岩を発見したけど、
まあ、また今度触ってみようってことになり今回は見送り。

あの岩、誰か登ってるのかしら・・・


で、向かった先は本日のお目当、

IMG_5913
『あすなろ f』。

IMG_5928
これも数年ぶり。 いつみてもかっこいいラインです。
個人的ベストファイブに入る。

まっ、ここに辿り着くにもまた迷いましたけどね。
ちょっと足がガクガク。 老い、かな。


IMG_5915
さあ、始めるかー

IMG_5942
ああ、惚れ惚れ。

IMG_5937
わー、フレークに指入んないぜー

IMG_5919
下部から少しずつムーブを組み立てていく。

IMG_5925 2
手の送り、フットの位置、一つずつ組み立てていく。
このプロセスが面白い。

IMG_5930
まっ、結果、ぎゅーって持つやつなんですけど。

IMG_5935
岩と岩の間の空間にあるこのライン。

IMG_5936
隔離された静かな空間。
四畳半の茶室のような落ち着きと、広がりを感じたり。※個人の感想です。

ああだこうだとやっているうちに、前回の高度を超えられたのだけど、
そこからが核心みたい。

どうしてもそこから抜けられない。


次第に体幹と保持力が低下して、2人とも高度が下がり始める。
この時間がきてしまったか・・・


それでもトライ重ねる。


IMG_5944
カメラに向かって精一杯の笑顔でパシャリ。
いまの人、パシャリっていうのかしら。

笑顔だけど、実はかなり気張ってます。


ああ、帰りの時間が近付いてきちゃった。



遠征先で、この時間が一番切ない。
帰りたくないよー


無駄なトライ重ねる悪足搔きやってるうちに終了の時間。


結果、豊田に来て3課題しか触っていない。
そして、今年入って完登0か。


ん? このブログ、完登報告ほとんど無いんじゃないのか?
まっ、仕方が無いね。

今年もこんな感じでやっていきますRocks at the conrtol。
よろしくーね!


IMG_5931

豊田、また来るぜ!


それでは、また

どうも、ノリオです
今頃になって、年末年始の遊び疲れが出てきております。
寝起き悪く身体がガタガタ。
全開で中年男性しております。

さて、スラビスタと楽しいセッションに明け暮れた2日間の翌日は仕事初め。
で、仕事終わったその足で、スケさんと豊田まで行ってきました。

真夜中に到着して、車中でダラダラ仮眠などとったりしてのんびり支度。

IMG_5878
そろそろ出発しますかー


昨夜、雨が降ったようですが、岩の状態はいいですね。

個人的には昨年のGW以来。


FullSizeRender
アプローチを進むと、人気の『俊トラ?』には人だかり。

その横をすり抜けて、向かった先はー


FullSizeRender-5
『赤い天狗 g?』

こちらには人集りも無く、遠くからワイワイ楽しそうな声が聞こえるくらい。


以前、スケさんは触ったことがあり、僕は初触り。
gか・・・ 悪いんだろうな。


FullSizeRender-2-1
のんびり、

FullSizeRender-1-1
のんびり準備して、

IMG_5887
さてと、トライ開始しますかー!

ん? なにやら出だしから悪いですよ?!
何通りかのスタート出来そうだけど、どれがいいのかあれこれ試し、
右手親指プッシュがいいのではないか。

ああだこうだやっていると、関西弁っぽい喋り方の方々が一緒にいいですかってことでセッション開始。

あっ・・・、この人、見覚えがある。
名前を聞くのもあれなんで、聞かないけど間違いない。

お名前は伏せておきますが、某強強クライマー。
そういえば、数年前に北山公園のアドスラを一緒にセッションした記憶が。

またスラブの前でお会いしてセッション。
オモロイ縁ですね。


IMG_5890
スケさんは、以前到達していた高度まで辿り着かずヤキモキ。

IMG_5973
僕は、みんなと同じスタート出来ないから、左右親指プッシュからの左手結晶摘むやり方で足上げ。
むぎぎ、親指やっちまいそうだぜー

IMG_5974
この体勢から、左手伸ばして結晶引っ掛けて立ちたいのだけど、
僕だけ届かない 泣

ならばとアレコレやってみたけど解決出来ず。

強強さんも、徐々に高度を上げていい感じになってきていたけど、
僕たちはエリアを移動することにしました。

赤い天狗、敗退。 でも、次回はもう少し戦えると思う。


スタートが遅かったからか、そこそこいい時間だったので、
気になっていた『文明開化 e?』を触りに移動。


IMG_5892
この課題も、いつも人が多いイメージ。
この日も2〜3人の方がトライしてました。

お邪魔しまーす。


IMG_5893
気になっていたとは言いつつ、実は此処がそうかと今確認。

カチ課題か・・・


IMG_5968
とりあえずセッションに混ぜてもらってトライ開始。
あっ、そんなに悪い感触じゃない。 好き系ぽい。


IMG_5895
スケさんもトライ。
そろそろ疲労が溜まってしんどそうです。


IMG_5969
みんなが使ってそうな色が変わっている箇所を使うとなんだかバランスが・・・

よくよく観察してみると、コケの合間に使えそうな結晶が見える!
これ、使えるんじゃね?

おっ、すっげー鋭利だけど保持感いい。
で、左足上げて、右足も・・・ あっ?!


IMG_5970
めっちゃ持てる左手の結晶で指皮めくれちゃった
登り過ぎで薄くなちゃってたもんな・・・

てか、右足上げずに一気に立っちゃえばよかっただけかも。

これ以上指皮捲れると明日に影響がでそうなので、
指にテーピング巻いてトライしてみると保持感が悪い。

うむ。深追いせずに敗退しよう。
これは次回必ず登れるでしょう。 次回次回。


IMG_5967
帰り際に、完登欲しさで同じ岩の左端を登ってみた。
aくらい? てか、トポ無いからライン間違えてる恐れもあるなー

まっ、いいけどー


と、そんな感じで、久々の豊田の初日は2課題だけ触って終了。
全体的に感触は悪くなかったから、また頑張りたいな。


明日もあるのでチャチャっと片付けて晩飯へ。

豊田の夜といえば・・・


FullSizeRender-3
そう、北京の餃子。
うむ、美味い。

FullSizeRender-4
気になっていた焼売も美味しゅうございました。


まっ、登れなくても餃子が食べられれば満足満足。



さて、明日は『あすなろ』かなー


ゆっくり温泉浸かって、英気を養います。 そして、おやすみなさい。



それでは、また

どもども、ノリオです

登りに登った年末年始。
書かなきゃいけない記事(別に強制されてはいないのだけど...)が山積み。

休み明けの仕事も山積みでバタバタですが、登り初め2日目もいっちゃいましょう!



この日は、深山公園でもまた少し離れた場所にある開拓中のエリアへ。
メンバーは、スラビスタにスケさん、コージーと僕。

IMG_5840
こちら側は海が見えないけど、なかなかの見晴らし。
入り口を間違えて少し遠回りしたものの、

IMG_5841
じゃーん! 辿り着きました。
ガッキーさんのスラブプロジェクト。

めちゃくちゃカッコイイ岩です。


天気が良すぎて岩が温かいのが気になりますが、
今日はこいつでセッションだぜぃ! テンション上がるー



IMG_5955
ひとまず入念に岩を観察。 
ある程度の目星はつけられるけど、スラブは突っ込んでみないとわからない。
中間部から上は、下からみただけだと何も見当たりませんね・・・


さあ、セッション開始!


IMG_5842
スタートも嫌な感じだったけど、各々、

IMG_5845
各々、、
IMG_5848
各々、
IMG_5957
各々、徐々に高度を上げていくが同じようなところで躓く。
シビアな感覚がずっと続いて、気を抜けるパートが無い。


IMG_5958
そう、めちゃくちゃ面白い

これは絶対に登りたいやつ!
・・・けど、粗い結晶に指皮激しくもっていかれてしまい、
今回は残念ながら敗退。

見せてもらったガッキーさんが登っている画像の高度までいけていない。
あそこから「???」って感じ。

やっぱりガッキーさん凄いな。




さて、では指皮にソフトなものはないかと考える。



「あっ、"もはや”のスラブのPは?」

「いいじゃない、そうしよう!」



IMG_5850
ってことで、久々の"もはや"。

この開拓中のエリアは、スラビスタは3年ぶり。
違うスラブのPでセッションしたよねー



IMG_5854
日没まで時間も無いので、急いでトライ開始!

ぱっと見、簡単そうなんだけど登れない・・・



IMG_5857
僕とコージーは先シーズン触っているけど、スケさんは今日が初めて。


くー、なかなかシビアだぜ。

ああだこうだああだと、ムーブが固まってくればスラビスタは安定して最高高度をキープ。
僕、その高度までけっこう撃って辿り着いたんだけどな・・・さすが。

でも、そこからが核心だよねー


IMG_5865
わずかなホールドめがけ手を出すも、掛かりがあまい。


IMG_5959
ああぁ、日が沈んじゃったー

それでも果敢にトライを続けます。



IMG_5961
僕も負けじとトライを重ねるも、次第に高度が下がってくる。
そう、魔の時間。


スラビスタの岡山滞在も今日まで。
すごく惜しいトライもあったのだけど、今回はここで終わりに。


無念。


遠路遥々岡山までお越しいただき、僕らのアテンドで楽しんでもらえたか少し不安だけど、
個人的にはめちゃくちゃ楽しい時間を過ごせました。

もっとセッション続けたかったなー



この時間に発つと道が混んでそうだしってことで、
最後の晩餐。


IMG_5868
あれ?! デジャビュ???

IMG_5870
またカレーとナンかよー
岡山はカレー屋しかないんです。嘘 あっ、きびだんごも有り〼。

てか、こっちのお店のナンは熱々過ぎたー


名残り惜しげにみんなで馬鹿話繰り広げ、
スラビスタを足止め。
もう帰っちゃうんだなー 寂しいなー


ホント、スラビスタが来てくれたおかげで楽しい登り初めでした。

今度は小川山か瑞牆でセッションしたいねー
と別れ際に約束してお開き。


スラビスタを見送って我々も帰路に。


やっぱりね、気の合う連中との岩遊びは最高に楽しいですね。
最高。



さあ、一日間に仕事を挟んで、お次は豊田へ遠征だー!



それでは、また

どうも、ノリオです
新年を迎え、正月休みもあっという間に終わり。
また慌ただしい日常が始まりましたねー。

まっ、世の中がって話で、個人的には慌ただしかったことなど一度もありませんが。


さて、昨年の登り納めの記事の次は、やっぱり登り初めですよねー



当初は、スケさんと豊田に出掛ける予定でしたが、
関東から、以前某スラブの前で出会い意気投合し仲良くしてもらっている、
スラブ好きでスラブ狂のスラビスタが岡山に遊びに来るというので、
公開されたばかりの深山をご案内することになりました。


遥々7〜800kmの道のりを車での移動で来岡。
実は、3年前にも遊びに来てくれています。


朝、深山公園の駐車場に集合。

どもども、お久しぶりですー


瑞牆のスラブでセッションしたのは何年前か。


天気も良く、エリアに到着するころには汗ばむ陽気。





IMG_5757
ざーっと課題を紹介し、とりあえず辺りの低グレードでアップ開始。
さすが花崗岩クライマー。サックサク。



IMG_5760
深山特有のリップ触って「???」を味わえる代表作、『トレックくん 1級』もサクッと。
いやー、やっぱり強くなってんなー


じゃあ、アレヂィかなーっと思ったけど、
今回のメインイベントは明日のプロジェクトセッションだし、
指皮温存しなきゃってんで隣の『オウマ 三段』。

かといって、指皮に優しいかといえばそうじゃないいのだけど・・・
アレヂィよりはまし。



IMG_5764
みんなでセッション開始です!

IMG_5786
あっ?! コージーマット3枚重ねてのスタートは卑怯じゃね?
証拠、ばっちり押さえました。


IMG_5791
スラビスタもあれこれムーブを探ってます。
悪いよねー


IMG_5792
そうこうしていると、石ちゃんサッちゃんが登場。
KWTさんやSNKくんも合流し、今日の深山は大賑わいです!


IMG_5793
ホント、天気にも恵まれて絶好の岩遊び日和。


IMG_5794
『オウマ』セッションも先が見えないので程々に、
スラビスタに他の課題も登ってもらうことにしました。

いきなり指皮やってしまってもいけないしねー



IMG_5799
で、ご案内した先は、スケさん初登の『クララが立った 4級』。
高いけど気持ち良く(?)登れるスラブ。

スラビスタにとっては、こんなの鼻歌で登れちゃいますよねー



IMG_5804
で、次に目をつけた課題が悪かった。

『花崗岩マジック 2級』。


これ、7年前に僕は登った記憶があるのですが、
そのときは1級と紹介されたはずが、トポでは2級になってる。

2級かー。まっ、楽勝でしょーって取り付いたものの・・・


全員どはまり。 マジか?! 悪くね???



ムキになって怒涛の波状攻撃するも誰も登れない。
あの頃の僕、強すぎじゃね?


気付けば指先ボロボロ。明日が本番なのに。
しかも敗退。


スラビスタ、こんな課題薦めてしまってゴメンよー


打ち拉がれてみんなの所に戻ると、『木枯らし 1級?初段?』のセッション中でした。

IMG_5805
みんな、ガンバー!


スラビスタに気になる課題ある?って聞いてみると、
『ひそみね 初段』やりたいってことなので移動することに。

きっとサクッと終わらせちゃうんだろーなーと期待しつつ。




IMG_5806
やっぱりマット敷けないよねー

IMG_5809
スタートで「?」ってなってたけど、離陸してしまえばそのまま的確にフット捉えて、
楽々とそのまま登っちゃいました。
やっぱり上手いよねー さすが。

僕も隣のプロジェクトにトライしたものの、前回のムーブ忘れちゃって進まない。
こんなに痛かったかしら?

『花崗岩マジック』のせいで指皮が・・・


ここは大人しく敗退することに。



IMG_5812
既成課題なのに藪漕ぎしながら戻ります。
不人気だから仕方がない?


IMG_5814
少し陽が西に傾いてきたので、気になるという『ハヌマーン 2段』を見に移動。
側面にある2級のスラブをまずは味見することに。

このスラブ、下は受けてるしホールドもフットも乏しいから、
日頃スラブをやっていない人には嫌な感じのやつです。


IMG_5813
触られていないからなのか、黄色い苔が凄いですね。
さあ、トライ開始。


IMG_5818
慎重に岩の感触確かめながら、ゆっくりと確実に登りきる。
「しびれたー」って、スラブやってても嫌な感じみたいです。

いいスラブなので、みなさんトライしてみてくださいね。
因みにガバは限定。


せっかくここまで来たのだから、僕も『ハヌマーン』触ってみると、
ムギギー、痛いー!?!? 我慢しきれず飛び降りる。
今日、無理です。



IMG_5822
スラビスタもトライしてみたけど、出だしのパワフルなパートと、
ガビガビのホールドに負けて仲良く敗退。

もう既に指はボロボロぽい。




IMG_5825
すぐ上にある『筋斗雲』と焼けた木。
この木の姿がかっこよくて昔から好き。


IMG_5828
「上に乗りたい!」ってことで、やっぱり登っちゃいますよねー

IMG_5830
はーい、記念撮影。
いつもは高グレードなスラブに打ち込んでいるけど、
今日はエンクラで楽しんでますねー


さて、そろそろ陽が沈みそうなので、
やっぱり帰り道に立ち寄るのは『無我夢中 二段』。

純粋にマントルだけが核心のやつ。


IMG_5832
スラビスタも苦戦。

IMG_5833
初触りのコージー。

ああだこうだセッションしていると、
コージーが何かを掴んだようでいい感じになってきたー


で、夕暮れのトライで、

IMG_5837
うはぁ、マジか?! 登りやがったー
やりよるね、マジで。

てか、やられたー


僕は安定の敗退。無念。 次は登ってやるぜぃ!!!




陽が沈んでしまったので、登り始め初日は終了。

どうせならみんなで晩飯でもと、
岡山の花崗岩クライマー(※の中のごく一部)のお決まり、
すり減った指先で熱々のナンを千切って食べよう!ってんでインド料理屋さんへ。

IMG_5839
ん? 美味いけど、ここのナンは熱くなかった・・・

しばし談笑し、この日は解散。


スラビスタには家に泊まってもらい、
明日の大本命、深山のPに向けぐっすり眠ってもらいました。

長旅ご苦労様。


明日は思いっきり登りましょー!




それでは、続きはまた



あけましておめでとうございます
どうも、ノリオです


短かった令和元年が終わり、迎えた令和二年。
西暦で2020年。
オリンピックイヤー、それも東京での開催ということで盛り上がりが加速しそうです。

正式種目として加わったスポーツクライミング。
以前よりも日本国内での認知度も上がり、競技人口も増えてきているのだとは思いますが、
個人的には岩場でのクライミング(といってもいいものか程度の岩遊び。)がメインで、
競技にはまったく興味が無い。

やっぱり自然の岩が一番の遊び場です。※個人の意見です。


そんな感じなのでRocks at the control、
今年も今まで通りのダラダラな具合保っていきますので、
みなさんお付き合いください。


今年一年が皆様にとって素晴らしい年になりますようお祈りいたします


さてさて、新年を迎えたのですが、
恒例の登り納めの記事を書けていなかったのでやっつけます。



登り納めといえば、そう王子が岳。

まっ、正月休みの指皮を残さないといけないので、
エンクラするにはちょうどいいしってなチョイスかなー



IMG_5687
朝目覚めると曇り空で、やや期待していなかったのですが、
到着してみると快晴。

誰とも連絡取らず、来れば誰かいるだろうって感じで来てみると、
やっぱり見慣れた車数台居て、しかもちょうど久々のピカル兄さんの姿も。

もっぱら紐の人となったピカル兄さんと登るの久々。
どもども、お久しぶりです。


知った顔探して兄さんとブラブラしていると、コージーがゴードンカンテ登ってた。
荷物置いてダラダラしていたら、スケさん家族やYSZWさんが登場。

だんだん年末、登り納め感出てきましたねー


とりあえずみんなでセイタカアワダチソウ登ったり、周りの課題でワキャワキャ。

IMG_5680
兄さんの海馬マントルは一級品!

IMG_5688
ポカポカ陽気で、のんびりまたーり


IMG_5685
ピカル兄さんにノセられて、下地が下がり取り付き困難になった『馬乗りカンテ 5級』を触る羽目になったコージー。
かなり悪いみたい。


IMG_5690
クライミング復帰のトモチンは、ホカホカなセイタカアワダチソウにどはまり。

IMG_5696
リップから手を差し伸べるご子息と髭旦那。
その甲斐あって、みごと完登できました。 家族愛。 やりとりはまるで漫才。


IMG_5697
兄さんはハシャギ気味にリタイアメントを登ったりしてます。

ここで石ちゃんサッちゃんとMat Burn先生が登場。
もう、完璧な年末感。



兄さんがスプーンカットに行くというので、僕も同行することに。
よく考えてみたら、2年ぐらい触ってないかも。

ここ数年、インスタ映えするってことでニコニコ岩周辺に人が多くて、
なんだか近寄りがたくて足が遠退いていました。


ただ、今年(去年)の僕は違う。
勇気を出して映え画像撮ることに挑戦してみました!



IMG_5698
・・・が、結局何が"映える"のか分かっていない僕は、
見事に失敗しちゃう訳です。

"映え"むずい。



IMG_5702
まあ、しかし、やっぱり王子が岳のロケーションは最高過ぎる。

IMG_5703
"映え"名人たちがウジャウジャ。
の中にクライマーが潜んでいます。どーれだ?



ひとしきりハシャいだ後は、ちゃちゃっとスプーンカットやっつけることに。

IMG_5710
ちゃちゃっとのはずが、この後ピカル兄さんは左腕が攣って飛び降りてきます。

僕は久々だったけど、サクッと再登完了。
やっぱり面白いです。スプーンカット。

IMG_5711
実は、まだ登れていないというMB先生が参戦。

IMG_5712
本気のMB先生が見られると思っていたのに、なぜか一足目のところでモジモジ。
そして諦める。 おいおい。

ひとしきり遊んで、ちょっと寒かったので急ぎ足でみんなのところに避難。
いつものエリアは、やっぱりポカポカして居心地がいいですね。
冬でもポカポカな瀬戸内海。

スケさんの姿が見えないので探してみると、
『オリジン 初段』をトライ中のところを発見。

かなりいい感じのところまでいってるし!


IMG_5716
隠れた名作『オリジン』。
まだトポにも載ってないし、あまり知られていないライン。
バランシーでかなりいいラインなんで、ぜひ皆さんトライしてみてください。

かなり惜しいトライをしていたけど、残念ながら今回は敗退。
でも、次回は登れるんじゃないかな。

日が傾きかけたころにJoeさん登場し、
そろそろ例のアレやりにいきますかとグリコへ移動。

そう、まだまだ実現には時間が掛かりそうな「除夜のグリコ」の少数バージョン。
いつか108人で実現させたい!無理だろうけど。

すでにトライしている方々に寄せてもらって各々トライ。
もちろんこの方々も勝手にカウントさせてもらいます。


IMG_5719

失敗する者もいれば、何度でも登って上から目線の者もいて、
涙あり笑いありの除夜のグリコ少数バージョン。


IMG_5722
やっぱりトリはこの方、Joeさんの登りをみんなで拝んで令和元年の登り納めは終了。


みんなのおかげで、ワイワイガヤガヤと楽しい登り納めができました。




来年(今年)も、こんな感じで岩登りを楽しんでいきましょう!




Rocks at the control
今年もなんとなく続けていきますので、どうぞよろしくお願いいたします 

このページのトップヘ