どうも、ノリオです




今回は重大な問題が起きてしまったので、その報告を。

本日、Facebookにて情報が拡散されましたが、
岩屋でのボルダリングが自粛になりました。

以下、開拓者様の記事を転載します。



『本日、情報をいただきましたが、岩屋の岩切観音、無明岩の入り口に土地所有者により立ち入り禁止の看板が立てられたようです。
また、確認に行きたいとは思いますが、とりあえずは岩屋でのボルダリングは自粛ということでお願いします。
できれば拡散お願いいたします。』

944390_203481263132209_1177830379_n


このまま岩屋でのボルダリングが全面禁止になってしまうことは、
とても悲しいことです。

僕がクライミングを始めた頃から足繁く通い、
岩登りの技術と楽しさを学ばさせてもらった場所。


非公開エリア(と云っても、当ブログなどで地名は度々載せさせていただいておりましたが...)ではあったものの、
知名度も上がりはじめ近年は県内外から多くのクライマーが集まるようになっていました。



良質な課題も多く、深い自然、また古くは平安時代からの歴史を有する石像や祠、
信仰の対象であった岩々が点在する山全体の荘厳な雰囲気が素晴らしい場所でありました。

この素晴らしいエリアがずっと存続出来るよう、
クライマーの一人一人がゴミを出さぬよう、他のハイカーなどに迷惑にならぬよう気を付けながら登っていたはずです。


しかし、確かに此処での岩登りは地権者や行政に許可を得ていた訳ではありませんでした。



ですから、いつ此の様な状況になってもおかしくなかったのですが、
やはり現実として眼前に突きつけられてしまうとショックを隠しきれません。

『オーガ』『百鬼夜行』『ライカ』『鬼火』・・・
このまま、あれらの素晴らしい課題に、岩に登ることは出来なくなってしまうのでしょうか。



もうしばらく状況を見守り、今後の動向によっては何か働き掛けることが必要になってくるはずです。
何か出来ることがあるようならば、クライマーのみんなで協力していきましょう。




また何か情報が入りましたらブログにアップします。

それまでは、岩屋での岩登りは自粛ということでお願いします。


開拓者様の記事にもあったように、この情報を拡散していただけると有り難いです。
みなさま、よろしくお願いします。