どうもどうも、ノリオです


このところ触る課題がかなり偏ってきておりますが、
みなさん付いてきていただけてるでしょうか・・・



比較的ポップな課題やエリアは401に任せるとして、
今回も画像イッパイ、裏街道まっしぐらでいきますよ〜

しかも今回は非公開エリアということで、広島県の某エリアとだけ記載しておきます




ガッキー先生より兼ねてから『つるべ落とし』なる素晴らしい二段のスラブ課題があると聞いていおり、
急遽時間が出来たから一緒に行かないかとのお誘い

・・・ということは、やはりこの人を誘わない手はないだろうとスケさんに声をかけたら



「行きましょう。」




少々時間が掛かるので早朝に岡山を出発
途中、ガッキー先生を拾ってそのまま目的地まで一直線




・・・ですが、ガッキー先生の住む地域から西はどうやら雪が降ったみたい

01
高速に乗ると辺りは雪景色

西に進めば進むほど残雪が増していきます
スタッドレスを履いていない車で恐る恐る走り無事到着。



02
なんならまだ少し降ってるし

03
車を停め、エリアのある山頂までは700mの道のり

04
途中何度もスリップしそうになりながら、汗だくで歩き…

05
到着したころにはズボンの裾は雪でびしょ濡れ

ストーブで強制的に乾燥させました



持ってきていて良かった



一通り課題を紹介してもらい、
「アップにいい課題がある



とのことで、どうやら曲者らしい2級の課題にトライすることに
雪が溶けて岩が少し湿っていますね


06
早速スケさんがトライ開始

見た目は簡単そうなんですけど・・・

07
ハイステップしてみたり、プッシュしてみたり・・・

08
僕もトライ

09
が、股関節問題が発生してクロス気味のスタンスに左足が上がらないので手で持って強引に乗せ、、、

しかし、そこからも悪かった



けっきょく見兼ねたガッキー先生が正解ムーブを見せてくれ


10
スケさんはサクッと完登

・・・しかし、僕はプチ嵌り



11
その後、何とかリップを取り

12
やっとの思いで完登成功

いや、なかなか面白い課題でしたよ




13
アップも終了ということで、
お次ぎはすぐ裏にある初段の綺麗なスラブ課題にトライすることに

やはり湿っているので入念にブラッシング



14
こんくらいの角度のスラブ

15
なかなかスタンスが悪くて苦戦


16
うーーーむ

17
めっちゃスメア



18
雪が降っては止んで、陽が照っては曇っての繰り返し

寒い

19
ガッキー先生もムーブを思い出しながら再登狙い



20
スケさんも独自の足運びを模索・・・

21
ムーブを思い出したガッキー先生は湿ってフリクションのあまいリップのマントルに苦戦しつつも、

22
見事、再登

やっぱり強いなぁ


・・・しかし、リップがチャリチャリとしていて悪そう



23
コツを掴んだスケさんは何度もマントルの態勢まではいくも、
チャリチャリに阻まれフォール

本当に惜しい



24
僕はリップ取りのハイステップで立込み途中でのフォールが最高到達点

駄目だ、弱過ぎる



おニューのOasiくんを本日デビューさせたのですが、
いきなりごっそりソールを持っていかれてしまいました


二人とも敗退を認め、時間がもったいないのでお目当ての『つるべ落とし』へ移動することに

25
さあ、これが『つるべ落とし』

最近少し感覚が麻痺しはじめているのか、これってハイボールなんでしょうね



ちょうど山頂にあって、岩の上に立てられればこの山の一番高い場所ということになります




初見では中間地点には何も無いように思えますが・・・

26
上からみるとこの高さ



27
とりあえず突っ込んでみますが、

28
ここからが悪い

29
ガッキー先生はまだ再登出来ていないということで、
これまたムーブを思い出しながらのトライ

なかなか大変そうです





30
スケさんはこれまた独自のムーブで下部をこなし高度を上げてきました

31
僕は核心入口までのコツを掴んだ矢先に、
摘んでいた結晶が指に刺さりパックリ

大事な指なのに 途端に結晶を摘めなくなる


その後も手を替え品を替えトライを重ねるも、けっか核心入口でフォール




何度かムーブを探りながらトライしていたガッキー先生は、
上部に突入すれば

32
気合いの登りでリップに到達

33
見事な登りで再登成功させてしまいました

すごい




34
スケさんも着実に高度を上げていき、
最終的には何度か核心も越え、もう少しでリップ。

二段、ONEデイ目前のところからフォーーーーーーーール







35
本当に後少しってところからフォーーーーーーーール




僕はこれ以上撃っても粒が摘めないなら高度は上がらないことを悟り、
僕らのトライの最中にガッキー先生が掃除して初登した1級か初段のラインをお触りすることにしました

スタートからちょっとパワフルなカンテ課題




下部を解決したころには辺りも薄暗くなってきてしまいました
おまけにさっきまで持てていたホールドがやけに滑るなと思っていたら、
どうやら指先の傷口が広がって血が



どうりで・・・


これも次回だな





『つるべ落とし』を撃ち続けていたスケさん。
最終便も核心を越えたところでまたしてもフォール

スゴイな・・・




けっきょく僕はほとんど太刀打ち出来ませんでした
悔しいけど、、、


次回は必ず登ってやる

36
片付けを終えた頃には真っ暗

今日もよく遊んだ



それにしても『つるべ落とし』
めちゃくちゃ面白くて素晴らしい課題です

ずっと絶妙で繊細なバランスと我慢の連続




近々リベンジに来ることになるでしょう





一緒に来る人居る





・・・居ないか





ガッキー先生、今日は誘ってくれてありがとうございました
またよろしくお願いします



37
早く指皮治さなくちゃ


長々とすみませんでした。




それでは、また