こんにちは!

401です。


今回は、「王子が岳清掃活動」&「JFAによる、ボルダリングを安全に行うための実演会」が日曜日に行われましたが、
その裏で勝手に行われた裏実演会の様子を
勝手にお届けします

なので真面目な内容は、OFCCのブログにまかせます。

今回の企画に合わせて瑞牆ボルダー等の開拓者である「室井登喜男さん」が来王子するということで、おっさん達のテンションは

401のようなローカルクライマーにとっては紙面でしか会えない偉大なクライマー
しかも、その登りを肉眼で確認出来ることなどそうそうありません

というわけで清掃前日の土曜日から勝手に密着取材(皆さんの画像を勝手に使いますが許してね

こんな機会めったにないぜと、
興味深々の401・ノリオ・元気で一路王子へ
室井さん・ヤナセ君と合流し午前中はエリアの案内

軽く談笑しながら案内を進める中で、
あらためて王子が岳の景観の素晴らしさを確認する

画像1


昼食をはさんでいよいよクライミングタイム

まずは、ニコニコ岩周辺をお触り

室井さんは当たり前の様に「スプーンカットフェイス」は一撃祭り

画像5


401の物差しでは測れない強さに驚愕

モチロンそれに続けと、
401とノリオのガヤに遭いながらヤナセ君も数撃祭り
遠慮のないガヤに打ち勝つ


他の課題も触った後に「ファイブトエルブ岩崎」へ移動

このあたりで、レジェンドJoeさん・スケさん・SENOOさん・マチコ・太陽・ノムさん・ノンちゃんも合流し、みんなで密着

ワイワイガヤガヤしている中、
室井さんは「ファイブトエブル岩崎」を一撃

画像1


我々にはあり得ない直登マントルを普通にこなす
モチロンその場にいた全員驚愕
401の物差しが折れる音を聞いた

その後、
室井さんは「カエルフェース」「リトルチエ」を登った後に、
その両方の課題真ん中にあるプロジェクトラインに興味をもたれる

ノリオとスケさんが以前から伺っていたライン。
二人ともスタートには立てるがその後なにも出来なかったらしい

室井さんは「なにもないですね〜」と言いながら、
ホールドとスタンスを確認

そして当然のごとく初登
課題名「スイートチエ」初段が誕生

画像1



その後おっさんハイエナ達が群がるが第二登はでず

スイートノム
画像1



お次に行きますかということで「ミラースタンド」へ

レジェンドJoeさんと室井さんは共にレジェンドな登り

画像1


画像4


お二方ともクラックさばきが素晴らしい

室井さんはここでもあるプロジェクトに興味をもたれる
「モリワキカンテ」の左面にあるフェースのプロジェクト課題
スケさんとノリオが取り組むこのプロジェクトは、
スタートが強烈に悪いうえ
さらにリップ周辺も悪い

スケさんとノリオから説明を受ける。
画像3

その後とりつく
画像6


見事にスタートを切り上部に行きつくが、
リップ周辺が悪いみたい

何度かトライされるがこの日は時間もあり断念し、
翌日に持ち越し
推定3段はあるらしい

前日の下見はこれくらいにして、
今夜は401家に宿泊されるので帰宅

最近よく開店する401ラーメンと手作り餃子等を食べて翌日の打合せ
その後はもちろん総勢15名でダべリング
明日に備え駆けつけた
尾崎さんと横山さんも合流しさらにダべリングは加速

最近めっきり見ることがなかったテンションMaxM富様の
執拗な質問攻めにも、室井さんは流すことなく真摯に答えられる

401的には開拓について色々お話が聞けたのがとてもよかった

翌日は清掃&実演会本番
滞りなく無事に終了
とても大盛況でした

ただ、おっさん達は昨日の推定三段の行く末が気になってしょうがない


そろそろ室井さんのトライが始まるということでたくさんの方が集合

何度かのトライの後に

画像4


画像1


画像6


観ているこちらが勝手に手に汁握るなかで
見事に初登
この日一番の盛り上がり

課題名はわかりませんが「ヘリテージ」三段が誕生
普段なかなか見れない三段課題初登に、
その場にいた全員がもちろん驚愕
401の物差しが砕け散った

その後、ハイエナ達が三段課題に噛みつくがアゴをはずす

アゴをはずした後、おまけに爪をはがした委員長
画像5



前日誕生した「スイートチエ」にもハイエナが押し寄せ大盛況だったが、
第二登はなかなかでず

そんな中、尾崎さんがきっちり仕留め第二登

頑張れローカルと思うが、
401は一切触らず

その後は皆さんそれぞれのクライミングをエンジョイ


401とノリオはとあるプロジェクトを撃つ
画像8


一手進んだので満足

いい時間になったのでやめて駐車場へ向かう

駐車場で室井さんと尾崎さんと横山さんにお別れの挨拶をして土日にわたった裏実演会は終了

401の物差しが砕け散ったので、
何がどう強いのかも上手く認識出来なかったが、
とにかく凄かった


表イベントを行うにあたって尽力された、
OFCCの皆さんとJFA関係者の皆様には深く御礼申し上げます。
また、失礼なことが多々あったとは思いますが我々の期待に応えて下さった室井さんに感謝いたします。


おっさん達の勝手な裏実演会は、
後世まで自分達によって語られるでしょう


最後に、
未来の偉大なクライマーと6段クライマーのドラエモン共演

画像1



これにて終了!
それではまた