どうも、ノリオです

外岩付いてきました
昨日の『親指くん』に引き続き、
個人的に大好きな街、尾道にあるボルダーに行ってきましたよ


先シーズン、ピカル兄さんから
「尾道のボルダーに行ってみたいです
と云われ、
じゃあ行きましょうよと約束していたのですが先のLocaRise!!の準備などに追われ実現せず

一年越しになってしまいました


今回のメンバーはスケさんトモちん、初尾道のノムさん・ピカル兄さん・石浦くん・トモちん。

・・・トモちんが二人居るじゃないとお気付きでしょうが、
理由は後ほど


さてさて、
今シーズンからは簡潔な読みやすい記事を目指そうと決めたのですが、
早速の長い前置き


はい、尾道到着。

01
相変わらずの素晴らしい景色

鉄塔周りの課題をぐるり一通り案内して、
皆さん『ファーストアンサー』『ファイナルアンサー』でアップ開始

僕も久しぶりだし触ってみようかと思いましたが、
まだ眠いので観戦



02
昨日から一緒のノムさん、
サクサクっとどちらもGET
03
石浦くんも余裕の登り

メンズトモちんは苦戦していましたが、
後に無事どちらもGETしてました

もう3級なら確実に登れるね〜



04
『テットウタットウ』でアップをしていたピカル兄さんのところにみんな参戦

僕も再登してみようと取り付きます


05
今日こそは完登するぜ!、とレディーストモちん

少々苦戦していましたがピカル兄さん石浦くんノムさんと、
早くも完登続出

僕もコツを思いだし無事に再登
最近現場復帰したスケさんも余裕の再登



06
続いて隣の1級課題

07
僕はこの無駄な“手に足クロス”を繰り出し再登完了

『テットウタットウ』をサクッと終わらせたメンバーはこちらにはどハマリ



08
『テットウタットウ』と隣の1級を波状攻撃

09
そんなメンバーを残し、
僕は感じを思い出す目的で『遊山 三段』へ

もう上のカチまでは行けるなってことを確認して終了
前に痛めた右肩が最近悪化しているので深追いしません


そろそろエリアを変えますか




10
昼飯時・・・
とりあえず『アンカー』のところで昼飯

こちらのエリアは更に眺めがいい
尾道の街を真横から眺められます

11
何故かオンナ座りの筆者

12
メンズトモちん、どうしたの

13
そしてオンナ座りで遠くを眺め・・・


落ち着いたところで、
実は『水軍』の岩が何処にあるか知らないので皆で手分けして散策

少ない情報をたよりに彷徨うも発見出来ず


メンズ・レディーストモちんはやっぱり『テットウタットウ』を触りたいってことでスケさんと石浦くんとで戻って行きました

やっと『水軍』を見付けたころには疲労感が・・・


まっ、水軍は今度にしといて『トシコ』でも触って戻りますか


始め僕がムーブを探ってモゾモゾと
そこへ休憩済ませ参戦したピカル兄さんが・・・

14
なんと二撃でGET

続いてノムさんもサクッとGETしていきました


・・・おいおい


そんなに悪くないのに何故かどハマりの僕

15
あらら、綺麗な夕日が

何だか上手くいかねぇなと悩んでいると、

ふと「もうちょっと本気で保持ればいいんじゃね?」
そういつもの癖でホールドに指を引っ掛ける程度でトライしていることに気付き、

次のトライで失敗続きのパートをクリア

やっぱり


が、その後すっぽ抜けフォールが続き滑りとヨレで敗退してしまいました

なんだかムカつく


絶対サク撃出来てたはずの課題なのに


・・・まっ、僕が弱いだけですけど


日が沈み始めたので『テットウタットウ』のエリアに急いで戻ってみると

「トモちんはオレだ! いや、ワタシよ!」本当のトモちんは誰だ!トモちん争奪『テットウタットウ』トモちんカップ
が繰り広げられていました


なんだかトモちんもトモちんもイイ感じ

合間に僕達も再登してみたり

隣の1級にハマっていたノムさんと石浦くんはトライを再開

ノムさん、スラブ面での足の置き換えで苦戦していましたが、
見事完登しました


燃えるメンズトモちん、ついには上裸にまでなって・・・まっ、寒いので当然直ぐに服を着てしまう訳で

面白フォールを繰り出すもあと一歩のところまで高度を上げてきました


・・・まっ、弱いので当然直ぐにいつものトモちんに戻ってしまう訳で


けっきょくトモちんもトモちんも完登ならず、
勝負は持ち越されてしまいました


二人トモ、次には登れることでしょう
どちらが本物のトモちんになるのか楽しみですね〜



22
嗚呼、月明り眩い夜が訪れ本日も終了

楽しい一日でした


画像1
帰りにお好み焼

冷えた身体に染み渡る温かさ



また近々尾道に来ないといけませんね。
『水軍』気になるし。

みなさん、お疲れ様でした




それでは、また