ノリオです、どうも


では日曜日のお話を。



前日のまったりとしたエンクラから一変して、
この日は件のスラブのPを片付けるべくスケさんとHGMSへ

天気予報では寒くなるということですが・・・
駐車場に車を止めて外へ出てみると多少暖かい



「でも、ダマされませんよ」と防寒対策万全で出発


案の定アプローチを進むとどんどん気温が下がっていき、
風もどんどん強くなる


さっ、寒い

あの悪夢が蘇りますが、今日こそはサクッと終わらせてみせるぜ


目的の岩に到着。
前回より岩が乾いていていい感じ

・・・しかし急峻な谷間から吹き上がってくる風がここに集まるみたいで、
本当に寒い

僅かばかりの風防を設置し、冷えきった身体のままトライ開始



01

02
身体が冷えてるわ、岩が冷たいわで感覚が・・・
少しずつ前回のムーブを思い出しながらアップ兼本気トライ


03
前回のトライから今日までいろいろとイメトレしていたのですがイメトレ通りにはいかないもので、
前回の最高高度までは到達も行き詰まり感


寒いのでトライしては風を避けてレストを繰り返す

04
このクラックの走る綺麗なスラブ

傾斜を計ってみたのですが、裾は約75度。中央は約86度。
上部は恐らく90度以上。

もうほぼ垂壁ですね


05
こんなゴミスタンスや・・・

06
こんなシンクラックを使いながら登る。・・・登りたい

07
いやぁ、美しい

既成課題は山ほどありますが、
いま一番登ってみたい岩がこれなんですよ


・・・ということで、過ぎて代わり映えしない画像の連続ですが大量投入で続きます



08
今日はなかなか調子の上がらないスケさん

09
あの手この手でラビリンス


10
僕はあんなにイメトレしてきたムーブを早々に捨てて、
閃いたムーブを採用

でもバランスが凄くシビアで体幹にビンビンくる


11
しかもこの右足のスメアが超絶悪い

・・・がここから左足上げて遂に左上のガバカチへの一手を出すことに成功

しかし途中で身体が詰まってガバカチの30cm程下で空を切る左手
マジかぁ


一瞬、もらったぁって思ったのに
一つクリアしたらまた絶望が待ってたなんて


後30cm・・・



なんとかしなければ・・・



気付けばかなりの時間撃ち続け高度も上がらなくなってきて、
今日のところは帰りますかと敗退宣言

身体ボロボロ



嗚呼、、、登れなかったなぁ、、、ホント、激悪だぁ、、、などと
落胆しながら片付けしていると突然足音が


なんとこんなバッドタイミングにピカル兄さんが登場



12
まあ、せっかくなんでこのP触って下さいよ〜

13

15
この時間帯になると西日が差し込み木々の姿が岩肌に投影され、とても美しい
辺りに神々しさが漂う刻。

程なく逢魔が時・・・



16
ピカル兄さんのトライを見ていたら、
「あっ、いまならイケるかも」と勘違いして泣きの1トライ


結果は・・・




17
やはり勘違いだったようで


異常な寒さでベストパフォーマンスが出来ないってのを差し引いても、
このプロジェクトは本当に登らせてくれないなぁ

でも、せめてもの救いはガバ取りのムーブをおこせたってこと


後は微調整すれば登れるはず。



次回、必ず登ってみせるぜぃ





それでは、また