どうも、ノリオですー


IMG_2049
・・・と、明け方の瀬戸大橋の画像から始まります今回の記事。
お客さんに誘われて、数年振りに四国の河ボルダーに行くことになりました


平生より五時間も早起き・・・ 眠いぜ




もう本当に99%花崗岩しか触らない感じになってきちゃってますが、
たまには河ボルダーのツルツルした岩にも挑戦しておかないとねー


今回誘ってくれたのはS広くん2BOっちS.H美ちゃん。
そこにK太くんを引っ張り込んでの5人で向かった先は・・・

愛媛県は仁淀川ボルダー


まったくノーマークだったもので、
ぜんぜん課題を知らなかったので急いでトポを借りてお勉強しましたよ



IMG_2052
松山から南下し久万高原に入った途端に道べり田畑家屋の屋根に積雪。
数日前に降ったみたいで、まだ屋根の上に20cmほど積もったまま・・・


まっ、大丈夫でしょうと駐車スペースに車を止め、
準備してアプローチへ



IMG_2054
ふふふ 階段がドリフみたいに滑るぜ


IMG_2055
何見てんだこのヤロー



IMG_2056
斜面は雪や湿った土が凍っていてツルッツル


IMG_2059
古代エリアは白銀の世界?!

IMG_8489
妙にはしゃぐ中年男性


IMG_2061
とりあえず増水も無く無事に向こう岸へ


IMG_2087
ところどころ岩の上に雪が残っていますが、
ここは日当たりもよく暖か



IMG_2064
準備して各々アップを開始


IMG_7985


IMG_2065
僕がまずお触りしたのは「溶けかけ 5級」。
直上は2級ってことで、とりあえず5級の左抜けから。

ツルツルの河ボルダーに慣れていないので恐る恐る・・・


まあ、これくらいなら登れるか




IMG_2068
アップがてら〜って感じでみんなで登っておいてから、


IMG_2070
直上の2級も。
プチはまりしちゃってからK太くんの完登を皮切りにみんな揃って

慣れていないから花崗岩の2級よりも悪く感じちゃう
S.H美ちゃんも苦戦していたけど、一人残って打ち込んで見事完登

ストイックですねー



IMG_2077
で、僕はそこからトポの写真で気になっていた「月下 1級」を。
綺麗な岩肌が


・・・ここへ来てまでスラブです。



IMG_2084
入念なオブザベしてトライ開始
ツルツルなスタンスにちょっとずつ慣らしながら高度を上げていきます。

花崗岩と違って、脚力だけじゃなく保持力もいる
なかなか自信を持って立ち込めない。



IMG_7989
その横では他のメンズが「ダブルカンテ 4級」の
なんだか悪そうです。

・・・ってよく見たら裸足だし



IMG_8502
2BOっちやS広くんも「月下」に合流してセッション開始。

ああだこうだとしている内に2BOっちが最高高度
・・・で、みんなでそのムーブでトライ続けるもなかなか完登者が出ない。



IMG_7992
うむむ もう少し簡単だと思っていたのに・・・
恐るべし河ボルダー。

しかし、先程まで右手で取っていたホールドを"左手なんじゃね?"との意見が。
途中参加のK太くんがそのムーブであわや完登か?!ってところからフォール

マジかー?! 勿体無い


で、お次の僕がリップ取りのスタンス間違えて動けなくなっちゃってからのー
決死の右手送りデッドかまして完登一抜け


おおー、ヤバかった。


IMG_2089
続いて安定の登りでS広くん。

IMG_2092
からのK太くん。


IMG_8506
みんなより先をいっていた2BOっち・・・
ムーブ修正が馴染まずどはまり


この画はプレッシャーですねー


結局宿題になってしまいました。
次は驚くほど簡単に登ったえますね、たぶん。


ちょっと月下に時間を掛けすぎたのでエリア移動。


古代の上流



他のメンバーが夏にきて登れなかったという「二人の鯉 2級」ってのを触ってみようと、
K太くんとS.H美ちゃんとトライ
※この辺りから手元にトポが無いので課題名グレード曖昧です


ムーブ解析にちょっと時間かかりましたが、
分かってしまえば簡単で3人ともサクッと完登。


IMG_2095
S.H美ちゃん、サクッとゲット


すぐ隣の「コバヤンのマントル 2級」も気になったけど、
ランディングが踏み固められたカッチカチの雪で滑るのでまた今度。



ちょうどそのころS広くんと2BOっちが、
対岸の「primitive culture 1級」の辺りで面白そうな岩に取り付いているのが見え、
あれやってみようぜー!って急いで合流


到着してみれば2人ともサクッと登ってしまったようで、
慌てて取り付く。


「よそもの原住民 2級」

さっそくK太くんは上部に突入。
 
IMG_2097
面白い形状の岩です。
ここのマントルで乗ってからのトップアウト。

サクッと登っちゃった


・・・僕はというと、痛めている左肩のせいで腕が上がりきらず寄せのパートがこなせない


なんどやっても駄目なので最終手段に出る。



通常なら左手寄せてから右手を送るスローパーに、
左手寄せる前に横っ飛びランジして止めるっていう作戦

振られ落ちしたら岩の上だけど、たぶん大丈夫。


試しに飛んでみる。
おっ、案外振られないじゃん


何度か距離を測って飛んで、よしって感じで止めて完登
シングルで止めるのに力使い過ぎて上部で若干ヒヤッとしたけどね。

面白かったー


それから「primitive culture 1級」にトライしてみたけど、
スタート位置も曖昧で、とりあえず左下辺りのガバから取り付く。

下部が難解で、なかなか解決できない。
なんなら僕、川ポチャしてしまうし。

これが月下と同じ1級かー 難しいなー

とかなんとか云ってる間に辺り薄暗くなってきたので終了。


あれ? 段の課題触ってない。
河ボルっぽい被った岩も触ってない



「ガイナ」気になってたけどなー あと「白イルカ」
また今度ですね。



IMG_2098
そんな感じで個人的に久々の河ボルダーとなった訳ですが、
やはり花崗岩とは違いツルツルしたフットに悩まされる1日となりました。

こういうのも頑張らないと。


今回誘ってくれたメンバーさん、ありがとうございました


また誘ってくださいねー



それでは、またー