どうも、ノリオです
ホント、待てど暮らせど一向に涼しくなってくれませんね
気温が20℃切ってくれれば、かなりシーズンが近付いてくるのですが・・・

台風の影響で、10月なのに日中の最高気温30℃とか。
嫌になっちゃう。


このまま涼しくなるのを待っていたら、岩を触れるのはいつのことやらとなっちゃうので、
天気も良さそうだから、土晩に王子が岳にナイトボルダリングしに行ってきました
※多くのエリアがナイト禁止になっているので、そういうエリアでのナイトは絶対ダメですよ。


さて、この日はSNSで「ナイト行くので、お暇な方はぜひ!」と餌を撒いて日中は仕事。
ジムで声掛けたお客さんにもフラれ、SNSの反応も1人で今夜は寂しい夜になりそうだなーと、
仕事場から王子へ直行


しかし、駐車場に到着してみるとたくさんの車。
あれ、ナイトに来てる人多いのかな? おやおや? 見覚えのある車もあるぞー?!
まだエンジンが掛かったままのその車に近付いてみると、
やっぱりー! 石ちゃんとサッちゃんでした。 おひさしぶりー


もう一台は、なんとMat burn あんたも好きねー



SNSで反応してくれた唯一のSHRくんに連絡してみると、
どうやらBonさんやLismさんのお客さん達も来ているみたいで、
そちらに合流しているとのこと。


じゃあ、とりあえず恒例のグリコ参りからかなーと移動。


 
IMG_2328
さっそく開始です。

やっぱり岩が温い
気温も湿度高めで緩い


IMG_2329
やる気をみせるMat burn先生。
どうやら少し前にも王子に来たみたいですね。

今シーズンのMB先生は何かが違うぜ!


グリコ登れないけど。



僕は、本気シューズだったMaverinkが製造中止となるようなので、
新しい相棒に選んだUP-MOCCが花崗岩でどうなのか、
そのテストも兼ねてのグリコ参り。

んー、やっぱりいつもの踏み感と違う。
これで踏めてんのかなーと半信半疑で立ち込み、グリコ参り完了。
ついでに買ったものの、硬くて信用ならないので履いてなかったVOLTAGEでも登ってみた。
まあ、確かに踏める。 けど好かん。

どちらも踏めているから、シーズンまでに慣れなきゃいけませんね


一方、他のメンバーは・・・


IMG_2332
みなさん大苦戦。 確かに滑ってほとんど掛かりがないものなー


IMG_2333
そうこうしていると、別チームに合流していたSHRくんが登場。
2週後?に瑞牆・小川山ツアーに行くみたいで、
指皮作る目的だったみたい。 いいなー、僕も行きたいなー


そんなSHRくんは流石にスルッとグリコ完登。 後は、いろいろお遊び



"登り"じたいが超久々の石ちゃんは、体が鈍って足が上がらないーと嘆きぎみ。
そこに颯爽と現れたのは・・・







IMG_2335
MB先生

「ユー、ちょっとそこに横になっちゃいなよ。」


A○に出てくる変態マッサージ師顔負けの施術を星空の下で施す姿は、
まるでA○に出てくる変態マッサージ師のよう


IMG_2336
ナイスですねぇ


僕も少し弄ばれてみましたが、確かにスッキリするかもー
・・・と天井のシミを数えているうちに、

施術効果覿面に現れた石ちゃんがグリコ完登


嗚呼、MB先生ー! あなたは本物だー!
グリコ登れないけど。


自分の完登を犠牲にしてまで他人を登らせる姿に感動を覚えながら、
次はナテハでも触りますかーと移動


案外苦手な人多いみたい、な課題。



さっそくSHRくんがトライするも、やはりしっくりこないみたい。


IMG_2339
「痛ぇー


FullSizeRender-2
MB先生と石ちゃんも苦戦。


IMG_2341
痛さに凹んでいる面々。

僕は、鈍感なのか不感症なのか痛くもなく、
サラッと完登。
たぶん、みんな持ち過ぎなのでは?

その後も少しセッション続けるも、ダメそうなので移動することに。


じゃあ、いつものセイタカアワダチソウ行く?



IMG_2346
個人的には、滑ってたらグリコより悪い課題。

IMG_2345
と思ったら、リタイアメントを始めるSHRくん。
でも、やっぱり滑って悪そー

僕もトライしてみたけど、滑るから保持る→めちゃ結晶が食い込んで痛い→早々に諦める。
この流れ。無理。

でも、自分が不感症ではないってことには気付けたのでよし。



で、セイタカアワダチソウ。

思った通り滑り半端ない

SHRくんは案外サクッと登っていったけど、
僕は数便かかっちゃった


でも、これくらいの状態の方が面白いよねー

他のメンバーは撃沈。
なんなら、スイッチの切れたMB先生はお触りもしない?!


ここでSHRくんは打ち止め。終了。
また一緒に遊んでねー ありがとー


さて、続いては個人的ないつもの流れでゴードンカンテ。
この頃には他のメンバーのスイッチはオフ。

僕だけキャッキャ


43のオッサンだけ・・・

FullSizeRender-3
これがサクッと登れたらシーズンインな課題(個人的に)

でも、やっぱりリップの滑り半端なくで何度もフォール
あっぶねー


それでも気合いれてー 

IMG_2349
ここからが滑り地獄だぜーな上部に突っ込んで、
全力で押さえ込みー

IMG_2350
なんとか完登できました。
まだシーズンインは先のようです。


この時点で午前様。
でもまあ、ここまできたらいつもの流れでエイトマンの岩触って終了だよねーってことになり、
ぐるっと回って移動。


あれ? 思ったよりは状態いいじゃない。



なぜか、ここで再びスイッチオンのMB先生が先陣切ってトライ開始。



IMG_2352
あっ、一撃ー???

IMG_2353
・・・って、落ちんのかーい


気を取り直してー

IMG_2354
行くぜー!

IMG_2355
今度こそー

IMG_2356
あれ? 石ちゃん?

IMG_2357
あれあれ? MB先生、いつの間に?

IMG_2358
不甲斐ないMB先生を横目に、患者の石ちゃんがサラッと一撃


IMG_2359
それを見てイラっとしたのか、勇気付けられたのかは分からないが、

IMG_2360
MB先生も無事完登。 やったね。


僕は、エイトマン安藤くん登って、UP-MOCCの感じ確認して終了。
まだまだ慣れないけど、いいシューズっぽい。
もう少しシビアな課題で試したいけど、まだ時期がなー

まあ、何はともあれ、久々の花崗岩、久々のナイトを存分に楽しめました。
やっぱり岩場でのクライミングが一番!

ホント、面白い。
みんなと登れる時間も楽しいし。

そろそろジムでの登りを控えめにして、身体を整えていかなきゃね。



こんな感じで、Rocks at the controlはダラダラな岩場での時間をダラダラと綴るブログです。
今シーズンもなんとなくやっていきますので、

みなさま、よろしくお願いしまーす。


それでは、また次の岩までー