どうも、ノリオです

先週に引き続き、天気のいい週末がやってきました。
シーズン中はこの調子で、悪天知らずでいきたいものです。

本気トライも始め、少しずつ花崗岩モードに心身ともに切り替わってきました。
この日曜日はスケさんと花崗岩遊び。SHRくんと合流して深山へ。


FullSizeRender
岡山のボルダーエリアにしては長いアプローチを進んで、

FullSizeRender-6
とりあえず到着したのは『アレヂィ 二段』の前。
と、到着してみたものの、SHRくんも狙っていたはずが指皮問題で本日は無しという。

あれ? 触るの僕だけ?!

FullSizeRender-36
本当にいい天気。空気も乾燥しています。


一瞬どうしようか迷ったけど、岩の状態もいいし、少しだけトライします。

FullSizeRender-54
ああ、なんだかいい感じ。もう少し身体が温まれば戦えるかもー
って思ったけど、他のメンバーを待たせるのもあれなんで早々に敗退宣言。
まっ、また次の機会にね。

んでもって、スケさんが触ってみたいということで向かったのはー

FullSizeRender-12
この岩。3月に僕が初登させてもらった『ひそみね 暫定初段』。
この大きな岩のど真ん中のスラブ。

ちょっと分かりにくい場所にあるし、スラブだしで、公開時の整備からも忘れられていたのか、
獣道程度(若干の藪漕ぎあり)のアプローチになってます 泣


『ひそみね』・・・

FullSizeRender-8
おまけにランディングはこんな感じ。奥行き5〜60cm?二段落ち&斜面
スラブ、そしてランディング悪めという、昨今のシーンでは敬遠されちゃうかもな内容ですが、
お好きな方はぜひ触ってみてくださいね。

ちなみにグレードは暫定です。もう少しやさしい気がします。


FullSizeRender-4
さっそくスケさんとSHRくんがトライ開始。

FullSizeRender-13
少しずつ感覚を岩にフィットさせていきます。

FullSizeRender-16
そして一抜けしたのはSHRくん。

一度上部に突っ込む前に降り、仕切り直してスムーズに完登していきました。
慎重だけど大胆に。いいクライマーだなーと思います。さすが。

スケさんは一度、中間部からスリップして二段落ち決めたけど奇跡の無傷。
今日一盛り上がった瞬間かもしれません!

そんなところにガサガサと足音が聞こえ、現れたのはSNKくん?!
来るって聞いてたけど、深山初めてでよくここが分かったね
さすが、ヘ・ン・タ・イ・さん


入れ替わりで、ケツカッチンのSHRくんはここでサヨウナラ。
また遊ぼうねー 今度はアレヂィでー

FullSizeRender-19
到着早々、初深山のSNKくんには、掃除もしていない未登ラインにトライしてもらっちゃったり。
直上するはずが、右に流れてしまった『逃げちゃった 6級』の出来上がり。

FullSizeRender-51
僕は『ひそみね』の再登しようかと思ったけど、すぐ右に魅力的なラインがあったのでそちらをトライすることに。
ちょっと限定クサイけど、縦ホールド?フレーク?から右は使わず直上するっていうプロジェクト。
なかなか面白いかもー


FullSizeRender-26
そうこうしていると、隣でスケさんが『ひそみね』を見事完登!
さすがー

FullSizeRender-30
『逃げちゃった』初登の次に、SNKくんは僕のプロジェクトの右の未登スラブにトライ!
チャリチャリと欠けるスタンスに、精神的ダメージ。

心が折れる。

FullSizeRender-60
僕の方も、この一足に立てば終わる!ってところで、なぜか足がミシン踏みはじめ、
何度か足を置き直したりしてみたものの治らず、
『ひそみね』よりも狭いランディング、脆い岩肌というストレスに負けて降りる。
ああ、情けない。

次こそは!とトライ再開するも、初手の鋭利な結晶に指皮パックリいきかけたので本日は敗退宣言。
たぶん1級くらいだから、次回はすぐに登れるでしょう。


さて、そろそろエリアを移動しましょー





 
FullSizeRender-42
あらら、流血しちゃった。
この眼下の藪漕ぎ急斜面ですってんころりんしちゃって枝やらなんやらの攻撃受けちゃいました。

ここを訪れるときはお気をつけください。


FullSizeRender-45
『アレヂィ』などのエリアに戻り、やっと既成課題に触るSNKくん。

FullSizeRender-37
僕とスケさんはアレヂィの隣の『オウマ 三段』を。

アレヂィも触ってみたけど、さっきのプロジェクトでかなり指皮やられて痛かったし、
ちょっとオウマ触ってみたらこっちの方が痛くなかったってことで。
 
FullSizeRender-35
昔、少しだけトライしてみたものの、どうにもならなかったから放置していたけど、
三人寄れば文殊の知恵とばかりに、ああだこうだやってるうちに下部の解決策が判明。
場が盛り上がる。

まったく可能性を感じていなかったこのラインに、少しだけ光が見えた気がする。
これはもしかしたらもしかするかもしれない!


・・・が、今日じゃない。



おっと、かなり陽が傾いてきたので、急いで本日の〆、


IMG_5211
『無我夢中 二段』へ移動。ちなみにこれDKが初登。

日没まで後わずか。急いでトライ。

FullSizeRender-34
リップまでは楽々。でもそこから一気に二段の課題に。


FullSizeRender-43
前回よりも岩の状態が良かったし、その場のノリでマントルの態勢に入る!

FullSizeRender-59
手もヒールも、いつでもすっぽ抜ける自信満々。
でも突っ込むぜー!!!


FullSizeRender-53
だはー   と次の瞬間、地面に座り込んでる自分に気付く。

あれ? さっきまで彼処に居たはずなのに?!



ひゃー、なに? 怖くない? 瞬間移動。


オモロイじゃないのー


・・・でも、今日じゃない。



だって日没だもの。


みんなで仲良く敗退宣言。今日のところは、ね。



さてと、気付けば長々とこのブログらしいダラダラ感。
Rocks at the controlも調子を取り戻してきました。

いつも地味な岩登りばかりしていて、付き合ってくれるクライマーも少ないけど、
気の知れたメンバーとワイワイガヤガヤしながらも本気モード、みたいなのが楽しいですね。

FullSizeRender-63
帰りは、久々の花崗岩で磨り減った指皮で千切る熱々のナン。
うむ、ばかうま。


よーし、なんだかいい感じになってきたー


花崗岩ボルダー楽しむぜぃ!


それでは、また