どうも、ノリオです


ボーっとしていたら2月。
しかし、今月に入ってからも寒暖差激しい冬が続いてますね。
ただ、やっぱりベースは暖かい日が多いような気がします。

ヌメリ手の僕としては、キンっと冷えて乾燥した日が岩登りに最適なんですが、
そんな天気の日と休日が重なる確率も下がってしまいます。こんな気候だと。

Mt.HGSの『流鏑馬』が登れてしまい、少々気が抜けてしまっている節がありますが、
もう少しだけ寒い季節が続いて欲しい・・・。

深山や"もはや"のPとかも触りたいんです。時間が足りない。


嗚呼、一年の半分が花崗岩シーズンならいいのに。



さて、放置していたらアップが遅れてしまったけど、
先の日曜日はまたまたお客さんを岩場に案内してきました。

王子、深山とくれば、瀬戸内海から離れ、内陸の矢掛!


玉野ボルダーよりもホールド感のある花崗岩ボルダーも経験していただきます。


少しのんびりの時間に集合。(これ、個人的に早起きしたくないという僕のわがまま。)
この日は日差し強くポカポカ陽気過ぎました。

とりあえずセンターエリアからかなと向かってみると、
県内外のクライマーで賑わってる。

ん〜、空いてる方がいろいろ案内しやすいな。
鉄塔エリアは空いてそうなので、急遽そちらへ移動。

IMG_5522
伐採され、恥ずかしさすら感じるほど見晴らしが良くなったセンターエリア〜鉄塔エリア。
でも、植林された松たちも少しずつ大きくなってきてますね。
そのうちに、中途半端な大きさまで成長すると邪魔(ゴメン)になりそう。


エリアに到着してみるとやっぱり空いてる。てか誰も居ない。
だって、日当たり良すぎて暑いんだもの。半袖で大丈夫なくらい。


さてさて、準備も早々にトライ始めちゃいましょう!


IMG_5523
まずは『おねだり上手』から。
もうこんなのは楽勝ですよねー


IMG_5525
続いて『小春日和』。まさに今日のような天気。
6級なれど侮るなかれ。やはり顕著ではない系のスラブはみなさん苦手なようで、
少しだけ苦戦してました。


IMG_5528
『おねだり上手』勢と『小春日和』勢が岩の上に集結。
なんだかポーズ決めてるっぽく見えるのは僕だけかしら。


IMG_5529
ここからは各々様々な課題に散り散り。

IMG_5530
高いのが苦手だと思っていたYリさん、『テントウムシ』にトライ。
心配を他所に、サラッと一撃。

IMG_5534
Kミさんも、苦戦していた『小春日和』を完登。

IMG_5535
そのまま『テントウムシ』もサラッと。

IMG_5537
あまり岩場では登らないJンさんもトライ!
いい感じです。

何人かが『苦虫君』にトライしようと岩を眺めてる。
まあ、これもあまり顕著じゃないスラブなので、岩場に慣れてない人はなかなかイメージ出来ないみたいです。

それではと、こう暖かい日にはあまり触りたくない課題だけど、
デモンストレーションで登ってみる。

嗚呼、やっぱり思った通りヌメヌメ。
腰チョー付けていったのに滑る。

なんとか這い上がり岩の上に。

無様なデモンストレーションとなりました。。。



IMG_5539
はじめの思い切った立ち込みのところで苦戦していたSM田さんも次第に感じつかみ、
いいところまでいっていたんですが、身体を上げきれずこの体勢からズリ落ちフォール。

ひゃー、、、コェ〜


IMG_5540
一方、フラっと現れたYS澤さんと、宿題になっているという『ビンゴ』をトライ中のIW崎くん。
本日もちょっと苦戦中。

僕も触ってみましたが、これは苦手ではない部類の課題なのでサラッと再登。
でも、やっぱりリップが温くて滑って嫌な感じでした。

この後、IW崎くんもしっかり宿題回収。おめでとうございます。
ジムでは僕なんかよりずっと強いから、もう少し花崗岩に慣れればもっともっと登れるでしょうね。


IMG_5541
なんだか以前より悪くなっている『ないものねだり』にみんな仲良く敗退(僕も 涙)し、
易しい課題がある少し下の岩に移動。

ここでは『本の虫』や『ホウズキ』を。

IMG_5543
まあ、みなさんサラッと登っていっちゃいました。

そういえば、まだまだ外岩初心者の方々はマントルらしいマントルをやったことがないだろうからと『マントルくん』を触ってもらいました。

少し高い岩のリップでこれくらいのマントルが出てくる課題はざらなので、
こういう課題で練習しておかなきゃ!

デモンストレーションでマントル返して、みんなでトライ。
Jンさんは楽勝って感じ。Yリさんも苦戦していたけど気合いで見事マントル成功!

やっぱりジムだけで登っているとマントルは苦手になっちゃいますよね。
・・・僕、苦手だけど。


さて、そろそろいい時間になってきたし、センターエリアも空いてきたのでは。
移動しますかー



IMG_5544
下る途中、あの名作『激怒プンプン丸』(もはや死語)に人影が。

あっ、YS澤さんだ! 頑張ってくださいねー


IMG_5545
センターエリアに戻ってみるとやはり空いている。

ここからは画像がありません。忘れてた。


ここではみなさん散り散りに、IW崎くんは『エイプリルフール』、JンさんSK谷さんSM田さんは『矢掛レイバック』、Yリさんは『三月兎』。

僕は『三月兎』や『矢掛レイバック』のデモンストレーション。
その後、新しく出来た(出てきた?)スラブのラインをトライ。

『破壊神』の岩の上に綺麗なスラブ。

年末だったか年始だったか、スケさん達が登って『3級』ってことだけど・・・


見てみると登る箇所でグレードはまちまちっぽい。
どこでも登れそう。
できるだけ顕著なホールドのない右寄りスタートでやってみる。

一番右や左寄りは優しそう(ホールドがあったり傾斜がゆるかったり) 。


3歩目のスメアのハイステップで一度失敗して、その次で完登。
・・・3級より悪く感じる。ライン取り失敗か?

もう一度登ってみる。やっぱり悪く感じる。

3級といわれれば3級だし、2級といわれれば2級だし、微妙なライン。
ただ、リップ取りでは落ちたくない、いい内容のスラブでしたよ。
スラブ練習にぜひ。

その頃、宿題回収を頑張っている人、『篤姫』触っている人たちに合流。


篤姫は左足スタートで登ったけど、いまはその時に使っていた左手の結晶が消失してしまったので出来ない。
現在主流の右足スタートは身体が固すぎてできない。

つまり再登できない。かといってマット重ねたくないしね。スタート確信のスラブだもの。
上のスラブはどのラインで登っても4級くらいじゃないのかな・・・。どうだろう。  


じゃあ、最後に一本『エイプリルフール』でも再登決めっかな〜と取り付く。
痛い。上部、右手のクラックを取る。あれ?指二本?しかも先の先っぽでしか引っ掛けられてない。
あわわ、そのまま左上の薄いフレーク取っちゃった。痛い。

ん〜、このまま左足上げてリップ取るだけだけど、このまま突っ込んでも大丈夫?
右手ほとんど掛かってないよ?

ん〜、ん〜、んん〜、、、


いや、これは後ろに吹っ飛ぶやつだ! やめとこ。
体勢作って飛び降りる。

アタタ、、、地面硬くなってない?
ノーマットでやっていたものだから、昔の地面が柔らかかった頃の感覚で飛び降りたら痛かった。  


うむ、再登失敗。終わり。


日も沈みはじめてきていたので、気付けばみなさんお片付け。
こんな感じで矢掛の案内も終了となりました。

玉野ボルダーは玉野ボルダーの悪さがあるし、内陸の花崗岩ボルダーはボルダーで違う悪さがあるし。
これからいろんな岩で経験を積んでいってくださいね。

まっ、とりあえず言えることは、



外岩、オモロイ。最高!ってこと。←コレ。




お次はどのエリアで登りますかねー。
またお誘いするのでよろしくお願いします。



センターエリアの部分が駆け足となってしまったけど、
みなさん岩を楽しんでくれていたように思えます。よかったよかった。



それでは、また