どうも、ノリオです

ついに3月になってしまいました。

毎年この時期になると焦ってきてしまいます。
天気予報いままで以上に見返して、気温が気になって気になって...。

暑かったり雨だったりの休日。

季節の変わり目というものは、こうも急だったかと思う。

ほとんどの人は春の訪れを待ち侘びていたのだろうけど、僕はちっともそうではない。
大好きな花崗岩のシーズンは冬なのである。

もう少し冬が続けばいいのに。


さて、日曜日。

そう恒例になりつつあるお客さんを岩場にご案内。恒例といいつつも、そろそろ花崗岩シーズンも終わる。


この日は陽射しポカポカ。風が強いのが唯一の助け。
リップ以外はフリクション良好。


FullSizeRender
とりあえず向かったのは秘境エリア。再び。
居心地一番良いので、まずは向かっちゃいますよね。


FullSizeRender
憎っくき(個人的に)『文旦の香り』でアップしてからの〜

FullSizeRender
各々散り散りに。

FullSizeRender
Jんさんが気になるという『木枯らし』のセッションに混ぜてもらう。

FullSizeRender
んー、なんだかやっぱりリップのフリクションが・・・。
得意な課題なはずなのに、なぜかハマっちゃう。
奥叩いたのに、足上げ出来ないお粗末さ。

だって両手が滑って抜けちゃいそうだったんだもの。



FullSizeRender
Yりさんは、いきなり『イナズマカンテ』にトライ開始!
初っ端から指皮に悪いのやるね〜

『木枯らし』を滑り敗退した僕とNMBくんも混じってセッション。
そういえば、僕これ登れてない。苦手意識しかない。痛いし。


FullSizeRender
Yりさんはなかなかいいトライ続けているけど、右手リップ押さえてから苦戦してます。

しかし、もう1級を落とせそうな勢い。
上達甚だしい。羨ましすぎる。

惜しいトライをしていたYりさんとNMBくん。
残念ながらこの日は敗退。
まあ、もう少し状態がいいときなら登れてたんじゃないかな。



FullSizeRender
まだ外岩経験あまりないNMBくんも果敢にトライ。
ジムでもけっこう強いから、岩に慣れてしまえば成果出しまくりでしょうね。

まだまだ丸っこいリップが苦手なご様子。

僕は、登り方さえ固まってしまえば、なぜ登れなかったのか謎ってくらい楽に登れた。
苦手意識からまともにトライしてなかったのが原因か。


さて、少し長居し過ぎたのでエリア替え。

前回は強風で寒さ敗退したイベントエリア南へ。
ポカポカ気持ち良いぜ。


僕も公開前に案内されてちょこちょこっと登った記憶が。
ここには低い課題ばかりなので、初心者にもオススメのエリア。

とりあえず痛そうだけど気になる形状をした『ボロボロ』。
やさしそうなのでアプローチシューズで登ってみたけどズルズル。


FullSizeRender
まあ、これはみんな楽勝。
 
おっと、画像は今月いっぱいで岡山を離れる、僕の少ない花崗岩(悪ふざけにも付き合ってくれる)クライマーSN海くん。
もしかすると、岡山で一緒に登るのはこれが最後になってしまうのかなぁ。
寂しいな・・・、と思っていたら、直後に彼に不幸?が襲いかかります。


FullSizeRender
これくらいYりさんも楽勝だよね。

FullSizeRender
で、男性陣は『カピカピ』でセッション開始したので、
僕はYりさんとSM田さんと『必死のパッチ』へ。

地面に転がるトポとノーマットのYりさん。


あの、間違っても僕はノーマットでの岩登りを強要したりしていませんからね。
ちゃんとマット敷いたほうがいいですよとみなさんには云ってあります。

僕は面倒くさいって理由からあまり使わないだけで、ノーマットに拘りがあるわけでもありません。
マットが敷いてあればホイホイ使わせてもらってます。

ただ、スポットはしません。できません。やりかた知らないし、やって欲しいとも思ってません。
一人で登ること多いしね。なんとかします。

なので、僕と一緒に岩場に行ってもスポットのやり方は教えることができません。
ごめんなさい。


話が逸れちゃった。



FullSizeRender
YりさんもSM田さんも4級くらいはサラッと登っちゃう。
『必死のパッチ』よき課題でした。

と、そのころ『カピカピ』では事故発生!?


先程合流したばかりのSN海くんが、着地の際に阿修羅?千手観音?よろしくニョキニョキ枝を伸ばした切り株で右足首をグニャリとやっちまったらしく、見事に腫れてます。

OH!ノー! マット敷かないからー
大丈夫かいな。でも歩いてるから大丈夫なのか?

JんさんやNMBくんは完登し、続いて『ミッドナイトイーグル』。


FullSizeRender
足首プックリさんもトライ!
右足の立ち込み大丈夫?

僕も最近のスタンダードなスタート位置からトライ。
うむ、やっぱりここからだと楽ですね。

FullSizeRender
男性陣が苦戦しているなか、Yりさんはサラッと一撃。
楽勝って感じに見えましたけど?

こういうの得意なのね。すごい。


FullSizeRender
続いて隣の『ズルズル』でセッション。

こいつのマントルは苦手なご様子のYりさん。
惜しい!惜しいぞー!もうちょい!

僕もやってみました。
こいつも公開前に登ったけど、当時はどこもかしこもチャリってて、
ホント、名前の通りズルズルだった覚えがあるけど、
久々にやってみると岩肌も安定していてすんなり登れました。

NMBくんも見事完登。


FullSizeRender
『ミッドナイトイーグル』のプックリくん。
やっぱり右足気になってしまい敗退か。痛そー

男性陣、頑張りも虚しくそろって敗退 涙



さて、天気予報みると3月になると気温がどんどん上がるようす。
本気トライできる日も限られてきちゃいそう。

なのでわがまま云って少し本気トライさせてもらおうと計画していたのですが・・・。
はしゃぎ過ぎて指皮が無くなっちゃった。

でも、まあとりあえずトライしてみようとエリア移動。


目指すは猿鼻エリアの『ハヌマーン』。身体に漂う"今日じゃない感"。



まわりにあまり課題ないけど一通りご案内。

FullSizeRender
FullSizeRender
僕以外のメンバーは『羅刹女』。
何も無い系のスラブだけど、ガバクラックが早々に出現するのでトライしやすい。

それでも慣れてないと怖いようで、みんな慎重に登ってトップアウト。
花崗岩登るなら、こういうのにも慣れなきゃね〜


FullSizeRender
土まみれのシューズでトライしようとするもにだから、慌ててブラッシングの図。
足拭きマットは必須ですよ!


ところで『ハヌマーン』。岩の状態は思ったよりいい。てかカピカピ。

まずは一便出して本気トライするか決めようと離陸。
痛い。痛いほどフリクションがある。つまり状態はいい。
けど、状態がよくない。僕の身体が。痛い。


FullSizeRender
左に回り込む体勢になり、このまま一気に左のスラブ面に入りたいのだけど・・・

「と〜う!」


痛さに耐えかねて飛び降りちゃいました。まあ、情けない。
でも痛いんだもの。

登り自体はいい感触だったけど、今日は無理っぽい。
スイッチ入らなかったよ。


みんなに勧めていた『牛魔王』。
こいつはリップ手前のガバまで何も無い系。

慎重にこなせば落ちないけど、やっぱり慣れてないと嫌なスラブで、
みんな突っ込めずにいる。

なのでデモンストレーションで僕が登ってみる。


が、やっぱり老眼が進行しているんでしょうか。
フットを見つけるのに手間取り、なかなか高度をかせげない。

見えないよー、どこだー!


岩に近づいては離れて見て、手で触って探したりしながらのトップアウト。
落ちなかったものの、そんな姿見せてしまったものだから余計に悪い印象を与えてしまいました。

ならばと回り込んで『如意棒』でセッションして締め。
んー、やっぱり悪く感じるんですけどこれ。

誰か3級っぽく登れる方法教えてください。



FullSizeRender
今日はエリアを転々としながら色々触って回った一日。
みなさんお疲れ様でした。


FullSizeRender
まだこんなに天気が良くて明るいけど、みなさんお疲れになったようなのでお開きとしますか。


FullSizeRender
花崗岩シーズンはもうすぐ終わってしまいますが、今月もご案内できると思うので、
またその時はよろしくお願いします。

てか、SN海くん、足大丈夫かな?


もう一回くらい岩場で遊びたいけど・・・。



それでは、また