Rocks at the control

カテゴリ: 王子ヶ岳

どうも、ノリオです

寒い日が続いておりますね。
みなさん体調崩したりしていませんか?

さて、日曜日の記事を


前もって曇りで湿度高め、
気温も低いのが分かっていたので雪でも降るのではないかと思っておりました。


石ちゃんが最近見付けて登った岩があるというのでエンクラがてら、の感じ。

出発後間もなく雪降り始め、
岩濡れちゃうねーなんてなこと言いながらも向かう。


「こんな天気なのに“アノ人”は来ちゃってると思うんですよねー」

「居るかなー、居るかー。」

てな会話をしながら駐車場着。


・・・居た。


モイストクライミング会長のピカル兄さん!



他にはBonさんで登っているお客さんが居たけど、
聞けば岩が濡れたから帰るという。

「マジ? これからが面白いのに?」


嬉しそうに準備始める我々をキ○ガイでも見るような目をしながら帰っていかれました。

むむむ これしきの雪で諦めるなんて。


雪は止む気配もない。


上等。


IMG_1807

IMG_1808

IMG_1810

石ちゃんが見付けたという岩数カ所めぐり、
ぜひ触ってもらいたいプロジェクトがあるという岩でまず荷物を降ろす。


IMG_1812
プロジェクトだというラインを見てみたけど、
どうやらこれは乾いていても僕には無理そう・・・

なので既に登っているというラインをトライすることに。
右カンテ6級、左カンテ4級。

もちろんビショ。


へへへ 

27398727_698455860360963_276214072_o
まずはMCA会長?のピカル兄さんが右カンテをトライ。
早いねー、濡れたの大好物なんだからー

27484417_698456053694277_843889805_o

27485392_698456103694272_883581452_o
危なげなゴキマン(ゴキブリマントル)で見事OS。
ひゃー、悪そー(濡れてて。)

僕も慎重に濡れた結晶に体重預けて一撃。

27604076_698456233694259_1294739243_o
イェーイ!


落ちるかと思ったぜぃ


っと、そこにザッザッザッと急に足音近付いてきて、
現れたのはコージー。

よくこんな天気のなか来たなー


さてと、

ではお次は左カンテ。


IMG_1813
ピカル兄さん、数トライするもシューズを脱いでしまう。
気が付けば僕だけがトライ。


小粒だった雪も大きくなって。
岩は一段とウエッティー
トライごとに使用する結晶選別し、
ムーブが固まったので、

「これラストねー」と告げトライ。


モイストクライミング時に頭を過ぎるあのフレーズ。

「滑る方向に踏むから滑るんや!」


この無限ループ。

27484881_698456557027560_807957837_o

27535418_698456743694208_760082938_o

27398919_698456797027536_1247436783_o
慎重にこなしトップアウト。


27604409_698456923694190_861787352_o
イェイ、完登


嗚呼、すげー面白かった。
いい課題。


体感2〜3級。
でも、モイストクライミングでたとえ体感初段とかに感じても、
いくら頑張ったとしても4級は4級というこの切なさ。

モイスト、おもろい。

雪も岩の濡れ具合も好転しないので、
じゃあ、さっき見た濡れてない岩にでもいきますかー


IMG_1815
お次は小降りな傾斜の岩。


左下から右上へのライン。


痛い。ガッビガビで刺さる。
おまけに脆くて持ったところがボロボロと崩れてしまう。

27479823_698456993694183_82420271_o
ムーブを起こしている端から手の中でホールド崩れていき、
ダイナミックなパートでホールド吹っ飛んでフォール。

ちょー痛い。

・・・あ、指の腹が縦にエグられた(T_T)

血ー出てますやん。


僕、これ、もう辞める。


27484390_698457037027512_1527545840_o

27604926_698457420360807_1186415531_o
そこへコージー登場。
サラリと初登を持っていきやがったー!

年長者に散々ムーブやらせておいて、
美味しいところを持っていく。


ヤな奴だよ、まったくよー


指、痛いよー


IMG_1821

IMG_1822
マントル後のなんだか恥ずかしい画像上げてやる!



初登者も出たし、次どうする?



「僕、もう帰って岡山店行きます。」
とコージー。


では、我々はもう少しブラブラしますか。


とりあえず雪も止んだことだし、
濡れたグリコか。


ここは風が強く、少し乾き始めてる!
さすが王子が岳。

IMG_1824
兄さんプチはまるも完登。

僕は2撃。

なんだかみるみる状態が良くなってきた!


石ちゃんもプチはまりから完登。



「状態良くなってきたから、さっきの4級やってみよっかなー」
と兄さん。

会長〜どうしちゃったんですかー???


乾いた岩でいいんですかー???


MCA末端の下っ端の僕がいうのもあれですが、
らしくないっすよー

やはりさっきより乾いてる。濡れてるけど。


IMG_1826

IMG_1828

IMG_1829

IMG_1830
こうなってしまえば兄さんもサクッと登ってしまう。
やはり4級。

IMG_1832

ちゃちゃっと終わってしまったので、
ミヤゾノリッジ登りたいっていう兄さんに付いて移動。


とりあえずセイタカアワダチソウ触ってみると、
やはり乾いてきていて登れる。
濡れてるけど。

IMG_1836
ここで満を持してサッちゃん登場!


以前使っていたという結晶消失したので、
それでも苦戦しながらも完登。

お見事です。


IMG_1834
兄さんはミヤゾノ、サクッと。
ついでに僕もサクッと。
・・・ちょっと危なかった。

「久々にヤスイスラブやろー」

と、足拭きマットも持たず、
もちろんボルダーマットも敷かずトライ開始。

右手プッシュでー、
右足上げてー、

IMG_1840
むむ 足が決まらん!



・・・そりゃそうですよ、だってシューズがドロドロなんだもん。

あはは そうかー


「そうかー」といいつつもそのままトライ再開。

・・・この人、大丈夫か?


MCA会長に不安を感じ始めた瞬間であります。


けっきょくスタート敗退。

・・・でしょうね。



IMG_1841
「なんだか身体も冷えたから温かいもの飲みに行きましょう。」


IMG_1842
パークセンターにオープンしたコーヒー屋さん。
温かい珈琲にありつく。

IMG_1843
幸せ。



IMG_1844

IMG_1846
しかし、最近は身体の調子優れず岩登りを楽しめていなかったけど、
モイストクライミングして遊んだのでなんとなく気分的にはリフレッシュできました。

体調戻して、次週辺りからは岩登り頑張ります!


よく遊んだ。

それでは、また

どもども、ノリオです

とってもヌルい休日から明けてみれば
東の方では大変なことになっておりますね。

この寒さ、次のお休みまで続いてくれるかしら・・・


さて、そんなヌルい休日のお話





お休みだから岩登り行かないと!な強迫観念から単身岩場へ
すでになんとなく気分が重い。

行きの車中で音楽でもと置いてあった嫁様のCD、
『KEITH JARRETT / CHARLIE HADEN JASMINE』
IMG_1762

キース・ジャレットに耳がいきがちだけど、
ヘイデンの重低音ヤバイ

・・・でも、さすがECM。
テンションが上がる内容ではない。 まったりしちゃう


予報で知ってはいたが、深山に付いてみると気温高め
そして驚くほどの車の台数。 人、人、人。


やや滅入る (この時、すでに気持ちが負けていたのかもしれない・・・)

IMG_1763

さてと、荷物背負ってアプローチを進む
汗がじんわりと。
先週の嫌な感じ再び。

お目当の『アレジィ』到着。
岩の状態は・・・先週よりは・・・な具合。

IMG_1768
とりあえず登る準備して休憩

岩を眺めながらイメトレ。
ムーブを頭の中で何度も確認。

IMG_1770
さー、やってやるかー!
・・・いまいち気の無いヤル気モードに無理にもっていく


一便目。

全てのパートが不安だらけのままリップへの立ち込みパートの手前、
左足結晶踏んで右足ヒール、
右手一つ送って、 送って、送っ、おく、、、

え? あれっ? どこ?

目でも手でも発見できず辺りは探りまくる
僕の記憶していた持て感がどこにも見当たらない

え? エ? 江?

ぱーーーん

ずでん ごろん ざーーー

うひゃ、いきなり土まみれ。

動揺してたら左足の結晶踏み外し吹っ飛んで。

IMG_1772
・・・いきなり掌から血が。

・・・

その後も数トライするも全てのパートの不安感払拭できず、
どうにもならない

こうなると岩の状態云々より気持ちの問題な気がする。

「よし、こんな状態でトライしても怪我するだけだ。
 『ハヌマーン』触っとこ。」

ちゃちゃっとその場を片付けて移動。

IMG_1775
暖かい。 見渡す玉野〜瀬戸内海の景色ガスってる。
・・・今日じゃない感。

IMG_1774
ハヌマーン到着し、荷物を置く。


そういえば最近この近くの岩を初登したってガッキーさんが言ってたの思い出し
聞いた場所までお散歩。

・・・この岩か。 2級って言ってたっけ?

IMG_1776
IMG_1777
確かにホールドっぽいの結構確認できるけど・・・
高さは6〜7mってとこか。

リスキー

うむ。今日じゃない。これこそ。

見なかったことにしてハヌマーンに戻る

IMG_1778
IMG_1779
IMG_1781



IMG_1782
よし。一便目。

以前の最高到達点まで到達するものの、
スゲー身体がキツい

ぬはー どすん ずざささー

土まみれ。


あかん 重い。 身体も気分も



・・・もう今日はやめとこ。

どうやら接触不良みたいです。

僕のやる気スイッチ

散々。



・・・帰る


帰りの車中。
気晴らしに王子でも行って登るかと思い直し、
のんびりと向かう

到着してみると、
・・・駐車場、いっぱい。

・・・?

まさかクライマーじゃないよね?

冬に王子にクライマー以外の人たちってほとんど居ないはずだけど?

暖かいから



まあいいや、とグリコのところに行ってみると世界のF谷さんと遭遇
あら、珍しい

聞けばついさっき来たみたいで。
他にクライマーの影無し。


誰か居るだろうと人気課題を何箇所か覗いてみるも人影無し
※ただしチョーク跡はある。土曜日の?



(・・・あかん、長くなりそうなので、ここからはダッシュするぜぃ)


とりあえずセイタカアワダチソウするも岩ぬるく、敗退寸前で登る。

IMG_1785
ゴードンは完敗。

IMG_1789
そこへスケさん家族とテツさん家族登場。
ベイビーベイビー。

IMG_1790
IMG_1793
ご婦人方もセイタカ〜触る。


僕はミヤゾノも敗退。 あらやだ、なにこれ。

不調。 スランプ。 メンタルの。


IMG_1796
日が沈み始めたのでご家族方は家路。
僕は世界のF谷くんとエイトマンへ。

ここの岩は冷えてる。
状態はあまりだけど冷たい。

IMG_1798
IMG_1799
エイトマン、安藤くんカンテはサクッと。
せめてもの、な感。

世界のF谷くんもそろそろ帰るというので、
別れて僕はグリコでも登ってから帰宅をと。

IMG_1800
IMG_1801
少しボーッと放心して、

そうだ有名エリアの有名課題みたいに動画撮ってみようとカメラを設置。

慣れないせいかカメラ気になる。
ハズい。

そしてなんの感情も無い淡々とした動画に。

てか、カメラ古過ぎてビスタサイズじゃないし。



まっ・・・本日はこんな感じ。

散々。 2週連続でね

気持ちが入ってない



来週の日曜辺りに照準合わせて修理しなきゃね、

やる気スイッチの接触不良。



身体、しんど・・・

どうも・・・ノリオです

ちょっと気合入れて挑もうとスイッチ入れていたのに、
トライすら叶わずしょげてます


さて、とりあえずー



先日の手法で(やっつけ?)ブログ更新しちゃいます



昨日一日はレストに費やし、
今日は久々に本気トライ目的で深山に行く予定が・・・


まっ、深山には行ったのだけど、
イノシシ多発という理由で遊歩道完全封鎖され、
入ろうと思えば柵越えて入れる(自己責任。)のだが後から来るメンバーのこと考えて断念。



アレジィ・・・ 触りたかった(T_T)



で、予定変更の連絡入れて王子へ。




瀬戸内海キラキラ輝く快晴。
風は冷たいが陽の光暖かく、


余計に深山残念に思いながら他のメンバーの到着を待つ。



しばらくすると皆到着。



久々花崗岩ボルダーのK太くんISH井さん、
それと外ボルダー初のH岡さん。



本気トライ諦めエンクラモードに切り替え、
お初のH岡さんを接待せったい。



とりあえず王子の洗礼を受けていただきましょうか。

IMG_1598

の、グリコ岩。

IMG_1599


IMG_1600

IMG_1602

左右のスラブ、ムーンライトエプロンをサクッと登ったので、
まさか・・・と思いつつグリコをやってもらう。

IMG_1603


ふふふ やっぱり登れないよねー

花崗岩、ナメンナヨ!


へへへ



・・・とかやってたらISH井さんもなぜか登れない。

IMG_1606



そこから近くのナテハ。


まだ危ないかなーと思いつつも、
お触りしていただく。

IMG_1610

IMG_1611



やっぱり落ちかた危なっかしく、
捻挫すんなよー 人の話聞けよー あーだこーだ。


で、H岡さんは仕方ないとして、
これまたISH井さんも登れない。



どしちゃったの?



お次は完登してもらいたいセイタカアワダチソウへ。

IMG_1613



まぁ、左に少し逃げるのもありだよと
これは見事完登。



でちょっと特殊な課題?やさしいカンテ。

IMG_1615

IMG_1617

合間にゴードンカンテで遊んで、

そこからエイトマン、安藤くんカンテへ。



H岡さん、エイトマン登れるかなー

IMG_1619


あーだこーだあーだといろんなやり方提案したり見せてみたり、
そしたら見事完登。


安藤くんもやってもらったけど、
さすがにこちらは無理。

IMG_1621

IMG_1622

初花崗岩で指皮無くなっちゃって、

指が痛い痛い。


へへ ざまぁ見ろ へへほ



しかし終始喜々として登りっぱなし。
・・・恐ろしい。




なんなら一番食いついた課題がヤスイスラブ。

「頼むから、まだトライしないで!」となだめ、

なんとかやめさせる。


危ない・・・



辺り暗くなってきたのでH岡さんわっしょいボルダリングも終了。

IMG_1623



今年も残すところ僅か。



アレジ触りたい。



とりあえず明日から仕事頑張ります

 

どーも、ノリオです




エンクラばかりですが、
そろそろ花崗岩の感覚も戻ってきました


一週間後?に行く瑞牆(はたして登れる環境なのか?)に向けて目下調整中なのですが、
この前の月曜日(もう一週間前か...)に王子が岳に行ってきましたよ 


前回、岩場デビューを果たしたISHさんに今度は王子の洗礼を受けていただこうと、
K太氏と3人で。



前日の長雨もなんのその。
やっぱり王子は雨に強い。


もう乾いちゃってますね〜



IMG_0377
いい天気だ

IMG_0378
眺めも最高。



IMG_0379
色付いた木々の影を投影されたグリコの岩

嗚呼、いい感じ



岩のコンディションもまずまず。




IMG_0380
そう、王子の登竜門とも云われるグリコで王子デビューをしていただこうと


これで“王子嫌い”になる人、多いですよねー




ふふふ


やっぱり苦戦してる

IMG_0382
実は王子経験少ないK太氏もトライ開始

前回は左足上げ(窪みにヒールっていうね。)のムーブで登ったので、
今回はちゃんと右足ハイステップで登ろうとしております


苦手なんだって

IMG_0385
おっと、本日はeyeCandy率100%


いいチョークバッグです


おっ? 

画像奥ではムーンライトエプロンにトライするISHさんが無事に完登



で、グリコにもどって・・・


IMG_0386
安定のどハマり

どうも右足に乗り切れていない様子



IMG_0387
悪戦苦闘しているところに、
別の場所で登っていたというNCHKさんとITさんが登場


グリコ得意だというITさんに模範登攀いただき、
ISHさんも見事に完登。


おおー! 初日にグリコ完登とはやるな



僕なんて2年掛かったし



IMG_0388
いやしかし、ホント天気いいなー


さてと、
それでは『ナテハ』にでも移動しますか

NBCHKさんITさんはここでお別れ



『グリコ』とは違い、しっかりホールド有る系だからサクッと終わるっしょ

IMG_0390
・・・K太氏、

IMG_0391
『ナテハ』初めてだったの


落ちちゃった



IMG_0395
岩場2回目にして、
もはや足元にはSPOTしか用意されていない不運なISHさんもトライ開始。


陽が当たり、木々の陰影が場を演出しております


岩の状態は・・・少々滑るものの良好



2人共苦戦していたので、僕もお触りしてサクッと任務完了

コツをつかめばサク撃のK太氏。
・・・が腹痛のため便所に行っている間に無事に完登できたISHさん。


やっぱりまだのっこしに恐怖心があるみたいですが、
いい登りでした



『グリコ』『ナテハ』とくれば、お次は・・・



みなさん各々意見はございましょうが、





『エイトマン』『安藤くんカンテ』でしょう






まずジムでは味わえない課題。





岩に到着して課題案内するやいなやトライ開始

むむむ



と、苦戦中のISHさんを覗きにきた黒猫先生

IMG_0398
・・・を撮影するK太氏と撮られる黒猫先生との間で登るISHさんを撮影


IMG_0399
「なにやってんだオマエら...」



IMG_0401
トライごとに感じを掴んでサクッと完登


IMG_0402
すぐさま『安藤くん〜』にトライするISHさん

貪欲です



IMG_0403
おっと、こんなところに街でも岩場でも便利なBulbsさんのトートが
eyeCandyのポーチもね


・・・って宣伝か



IMG_0406
さすがに2級の、しかもカンテ課題ともなると苦戦の度合いが違う

僕やK太氏はサラッと再登したので応援に徹する。



・・・訳もなく、

合間に以前からトライしている『安藤くんのカンテ』を
左手で岩に触れずに右手と両足だけで登るプロジェクト、

「安藤くんの右手」をトライ



 
こんな感じで


慣れてしまえばリップまではなんてことないんだけど・・・



さすがに右腕一本でのマントルは



15240275_1097035967085976_528249622_n
せめてこのホールドに手が届けば捩じ伏せられそうなんだけど、
もうちょっとって感じ


最高高度叩き出し、
余裕でホールドに届く高さまで到達するも、

夕暮れ時の薄暗さに阻まれ目視出来ず、
文字通り闇雲にデッドかますも的外れ


うん、明るければ登れる



IMG_0407
尚もISHさんのトライは続く


あっ、奥の方々は・・・徳島・・・の・・・だったかな?



IMG_0408
むははははー

妖怪『岩甜め』が現れる時間帯になってしまった


ペロペロ、ペロペロ、


いい結晶ないかなー



両手の指から流血するも更に激化するトライ

IMG_0410
ISHさん、ガッツあるなー


惜しいトライも多々あったのだけど決定打出ず。


ヘトヘトになって本日は終了


王子嫌いになってませんよね




嗚呼、12月にも入ったし、
もう少し気温下がれば自分のお目当に挑まなければね


今シーズンは気温低めでお天気な日が多ければいいなー



ISHさん、また岩場行きましょうね


お疲れ様でした



それでは、また

どもども、ノリオです


なんだか突然冬がやってまいりましたね。
関東では雪ですか?

あわわ、、、


12月の頭に瑞牆に行こうかと計画しているのですが、
大丈夫なのでしょうか・・・



さて、岩登りには嬉しい寒気がやってくる前のお話。


先の日・月と登りに行ってまいりました(もう一週間くらい前か...)




二日連続岩場って、めっちゃ久しぶり



オフシーズンはチャリンコ遊びに興じていたのですが、
ここにきて岩モード突入か?!


・・・で、この二日間を一緒にやっちゃう。



画像多い。 文章長い。



先に謝っておきます。



ゴメンなさい





さてさて、

前日の雨の影響が残るであろう王子が岳。
この日の天気予報では午後から降水確率上がるって



気温も高く湿度も高い。



こんな日に王子が岳なんかにクライマー来てないよねーって感じで行ってまいりました日曜日。
メンバーはスケさんと僕。



IMG_0311
到着してみると駐車場には県外ナンバーの車がずらり
エリアに入ってみると大勢のクライマーさんが集結していました


僕たちはフラフラとお散歩

やっぱり気温高くて・・・


しばらく岩の上でのんびりくつろいでいると、
備中濡れ濡れ撤退のピカル兄さんがテンション高めで登場


ホント、好きねぇ



まったりモードの僕たちとは対照的に、
着くなりファイブトゥエルブ触りはじめるし



IMG_0312
なのでリップに葉っぱ並べて妨害しておきました


IMG_0318
が、そんな妨害にも嬉々としてファイブトゥエルブに打ち込む兄さん


IMG_0320
しまいには上裸になって、


IMG_0321
カエルフェース登り始める始末。


サービスショット




そうそうもう一人。


久々に誘ってみようかーってことで電話掛けたら、



「・・・誰ですか?」




なんてヌカしやがったHIDE某がやってきたんですよ。


テメェ、、、登録してないだと




IMG_0322
そんなヤツには葉っぱ攻撃だぁ



IMG_0325
某さん、どうやらまだコレは登れていないらしく、
なんだか本気モード



IMG_0326
もう僕なんて眠過ぎてゴロゴロしちゃってる

ガンバリや〜



まっ、あまりゴロゴロしててもなんなので、
カエルフェースとか登って場所移動


IMG_0333
女子の声が聞こえたリタイアメントの岩まで行ってみた


・・・ら、僕たちの顔みてどこかに行っちゃった。



グスン


なんとな〜くセイタカアワダチソウ登って、
リタイアメントの初登ムーブ?のレイバック登りセッションを


IMG_0338
身体ダルくて力入らなくなったので僕は早々に戦線離脱


張り切る日出棒さん



IMG_0341
しつこく打ち込んで最後には登ってた

やるねぇ


この日は辺り暗くなるころには終了。



スケさん宅にピカル兄さんともどもお招きいただき、
ともちんの料理に舌鼓を打ってお開きに


ごちそうさまでした


でもって翌日。


この日はジムのお客さんで、
まだ岩場体験が無いというISIさんとSMDさんをK太くんと一緒に矢掛のご案内


とりあえずー

まずはセンターエリアってことで、


アップで『リップで逢いましょう』を触ってもらうことに




IMG_0342
初めての岩体験


・・・にしてはスタートが気持ち悪い4級を進めちゃった

2人とも苦戦しております。


しばらく登りを眺めていたのですが、
なかなかコツをつかめないようなのでK太くんが模範登攀



IMG_0345
・・・なんでしょう、この表情。


IMG_0349
まだクライミング歴の浅いSMDさんはかなり苦戦

ジムとはぜんぜん違うでしょー、岩場って


そうこうしているとコツを掴んだISIさんが完登

初めて岩の上に立って、
とっても気持ち良さそうでした



右側の6級はみんな揃って完登


アップは完了だぜ



IMG_0351
紅葉も綺麗

僕は本日もまったりモード



岩を変えてー 『紅仙人』だったか4級へ



ここではグラビ◯ィーのスタッフの方々とセッションに



IMG_0352
久々にこの岩に触るなぁ・・・


IMG_0353
テンション上がってきたISIさんはサク撃


IMG_0354
初めて触るというK太くんもサクッと?


IMG_0355
SMDさん、ここでも花崗岩クライミングの絶妙な感覚に苛まれ・・・
惜しくも完登逃す


なかなか難しいですよね



気分転換にエリアを移動して、
今度は西のエリアの入り口で遊ぶことに


あー!?

名前忘れちゃった・・・な4級を2本




IMG_0356
こっちの4級は微妙にイヤラシイ好課題


岩慣れしていないとなかなか。


IMG_0358
中間部の熟しかたについて考え中。



IMG_0360
やはりここでもISIさんが、解決してみればスルスルと上部まで

何も無い系の上部にこの笑顔。



これ、絶対に岩にハマるね



ここで気合の登りを見せたのはSMDさん
渾身の登りでこのラインを完登


いやぁ、いい登りだたー!



IMG_0361
続いてお隣のほぼ一手モノの4級

これはもうISIさんの手にかかれば瞬殺。


・・・ちょっとマントルが危なかったけど




さあさあ、お次は一つ下の岩へ



『まわりゃんせ』の岩ね〜

ISIさんSMDさんのお二人には『こけらおとし』3級をトライしてもらいまーす



やっぱり岩場といえばマントルでしょう


助言無しでとりあえず2人のトライを観戦



ISIさん、悪そうな箇所でマントル返そうとして何度か危なフォール

ひゃっほー 気をつけてねー


SMDさんは疲れが出たのか高度上がらず



「もう少し右で返すと楽ですよー」ってことで、



IMG_0368
ISIさん、見事完登




IMG_0372
陽も傾きかけ、辺りいい雰囲気に


右端の名もなき3級登ったりしてからー



IMG_0373
やっぱり最後は『まわりゃんせ』祭り

これ苦手なんですよねー



この日も再登に時間掛かっちゃった



IMG_0374
ISIさんやSMDさんも巻き込んで飛びつく飛びつく


・・・正直、リーチがあれば飛び付かなくても届くのですが、
やっぱり飛びついて止めてなんぼでしょーって祭り


いやー、状態悪くてフリクション無くても取り損じると手の皮もってかれちゃう


15134401_1087515338038039_1260082291_n
なんとかねじ伏せて再登完了


暗くなるまでお祭りは続いちゃって・・・



岩場初体験のメンバーを案内するってのが大義名分。

・・・が、結局自分が一番楽しんじゃうってオチ。


いつも通り





IMG_0376
あっ、この季節でもヒル出るんですねー

みなさん、気を付けましょうねー




よーし、次は王子に案内しちゃおっかな〜



来月の頭には瑞牆 雪・・・大丈夫か?


テンション上げていくぜー


それでは、また

このページのトップヘ