Rocks at the control

カテゴリ: 王子が岳

どうも、ノリオです
・・・ホントはこんな気分ですが


週間天気予報や仕事の関係で今シーズンはもう終わったっぽい。
気温の下がる最後のチャンスの次の日曜日は仕事になってしまい、
それだけでもうモチベーションがダウン。

翌週は雨っぽいし、降らないにしても気温が20℃近くまで上がっちゃうみたい。
終わっちまったよ、シーズン。


例年は4月頃からナイトに遊びの場を変更するか広島某所に行くか。
寒波がくれば日中もいけなくはないけど、もうベストな状態ではなくなっちゃう。

花崗岩シーズン、短すぎる。


毎年この時期はとても寂しくなっちゃう訳です。



さて、雨上がりの日曜日の翌日のお話。


この日は、以前からガッキーさんと約束していた"もはや"のサーキット。
駐車場から15分位?歩いてエリアの入り口に到着。

IMG_7430

このアプローチも一年前に少し整備したものの、また木々の枝や荊が伸びて荒れてました。
昔は綺麗な遊歩道だったんだろうなーって雰囲気は残ってる。


とりあえず案内するのは、記録を辿るとちょうど6年前、
この辺りを開拓し始めて最初に手を付けた岩。

IMG_7431

この岩には2級・初段・5級があり、周りにも簡単だけど数本の課題があります。

まずは違う岩の登ったであろうけど記憶に無いラインでアップ。
5級くらい。

ガッキーさんは右カンテ?クラック?の『オビワンカンテ 5級』を登り、
4級でいいんじゃないかとのことです。
確かに抜けも気持ち悪かった記憶が・・・


IMG_7432
それからコージー初登の『野良犬 2級』をトライ。
僕はこれに苦戦した記憶が。

ガッキーさん、数便でムーブ組み立てて完登。
2級、、、悪目ってことです。

IMG_7434
それから中央の僕が初登した1級か初段のラインをトライ。
リップ取り前のマントルが怖かったやつ。

IMG_7436
嗚呼、このリップ取りが怖いのよ・・・

ガッキーさん、これまた数便でムーブ組み立てて完登。
やっぱりスゲーな。

「ギリギリやったわ。いろんなところが抜けそうで。初段でええんちゃう?」
とのことです。
IMG_7455
僕も6年ぶりにトライするも滑り敗退。
よくこんな状態で登ったな・・・てか、やっぱり今日は暑い。


IMG_7454

で、次は『野良犬』の別スタートができそうなのでやってみる。
これはこれで悪いぜ!

IMG_7437
けっきょくガッキーさんがサラッと初登。
2級か1級かってところらしいです。

てか、昨日のモイストのせいで指皮が無さ過ぎて痛い。
泣き言です。

さあ、移動移動!



IMG_7438
じゃーん

これモザイク岩。

あっ、アメリカ人(Johnさん)に「じゃーん」って言ったら自分が呼ばれたのかと思っちゃうと注意されたことがあります。余談ですが。

この岩には左抜けの3級しかありません。
中央突破はP、右カンテにPがありますが・・・


IMG_7439
で、そんな話をしていたらガッキーさんが行ってみるわーとトライ開始。
嗚呼、やっぱり行っちゃうのね。

画像からは分かり難いですが、そこそこ高さあります。
上のスラブもちょっと長いです。

ランディングには岩、すぐ後ろは斜面。

行っちゃうのね・・・


何度か上を探り、行きつ戻りつ。
「直登はヤバイかもしれんなー。」と。

正直、岩肌が脆くてパラパラ結晶が飛びまくる状態なので、
突っ込むのは得策じゃない。

と、中央の縦筋を取ると、どうしても自然に左に流れるムーブになるようなので、
とりあえずそれで登ってみると言い残し再び上部へ。

IMG_7445
だー、なんだか怖いムーブこなして左に移動していったー
で、そのまま初登。 うーん、怖い。

1級くらいとのこと。


まあ、みなさんはマット敷いてトライしてくださいね。



さてさて、お次はー

IMG_7447
ピカル兄さん初登のカンテスラブ1級くらい?
バッチバチのスメアリングの好課題。
そこそこ高さあります。


IMG_7449
さすがはガッキーさん、これもサクッと登っちゃいます。
2級くらいとのことです。得手不得手がはっきりしそうな課題ですね。

じゃあ、次いきますかー

超兄貴ロック周辺の課題案内〜スラブのP周辺の課題案内、DK初登の『次男 初段』は二段なんじゃないかとか話し合いながら〜UKロックまで一通り案内。

まあ、王子が岳のサブエリアとしてはそこそこの課題数。
二段や初段、1〜2級もあるしね。


そこからアプローチ戻って駐車場へ。
ガッキーさんが、そこの直ぐ下にある岩の課題が案外悪いっていうのでトライしに行きました。


IMG_7451
この岩です。面白い形してる。
この角度から見るとアオリイカみたい。

某初登者は4級って言ってたらしいけど、ガッキーさんやドリさんは2級ってことで。


IMG_7453
それこそ6年前から気にはなっていた岩。
早速トライ開始。

ん? どうやって抜けよう・・・

てか、めちゃ滑るんですけどー なにこの体質。
右足上げれば終わりらしいけど、右手の滑り半端なく足上げの最中にすっぽ抜ける。
ひゃーアブネー


IMG_7450
苦戦している横で、ガッキーさんが別のラインを見出しトライ開始。
いろいろ調整しながら、気迫の登りで初登。
こんな生温かい状態でようやるわ。

1級くらいってことだけど、ホントかしら。
僕もやってみたけど、手も足もでません。


で、さらに左にもラインを見出し、そちらも初登。
ダイナミックな一手の2級。

これは僕も登れました。


いや、ダメだ。また宿題作っちゃった。
近々回収にきたいけど、どうなるだろう・・・


フリクション頼みのクライミングばかりしているから、
滑り気温湿度は天敵ですね・・・今日はまるでダメ。

ナサケナイ



今シーズンは「ナサケナイ」が多いなぁ。ホント、情けない。




しかし、今シーズン最後の冷え込みになりそうな日曜日に登りに行けないのは痛い。
なんで仕事になっちゃったんだろ。仕方ないけど。けど。


頼みます、4月にも寒波きてください。
もう少しだけ花崗岩触らせてーーーーーーーー


今シーズンのRocks at the controlも後僅かな感じがしてきましたが、
もう少し続きます。


それでは、また

どうも、ノリオです


3月に入って気温もグッと高くなり、雨の日も増えてきました。
昨年のこの時期は、なんだかんだ云ってもまだスラブのプロジェクトに打ち込んだり出来る気候で、
十分楽しめていたんですけどね。

今年の暑さは異常じゃないですか?
日によっては、もう4月なの?GW前なの?ってくらい暖かい。 

そして雨。


先週の日曜日も雨の影響でMt.HGSのプロジェクト触れず。
でもって、お話はこの日曜日のことです。


天気予報では前々から土日に雨が降ることは知っていて、
雨の降りようで日曜日は王子なら登れるかな・・・といったザックリした予定を立てていました。


予報通り土曜日の夕方から雨。
しかし、日曜日の朝方には止むとのことだったので、予定していた通りKEITAくんやミミハムさん達と王子に行くことにしてました。


で、日曜日。
目覚めてみるとまだ雨が降っている。それも普通に。
まあ、止むでしょうと準備をし車で出掛ける。
・・・と、雨が強くなる。


・・・


こんな状況にもかかわらず誰からも連絡がない。
みんな、雨降ってるから中止だと思って来ないだろうなー
でもまあ、家出ちゃったし、僕一人でもモイストクライミングして帰るかなーと、
そのまま王子へ。

集合時間の30分前に到着。依然雨は降っている・・・


IMG_7353
程なくして霧雨に変わったので外に出てみると、

FullSizeRender
モイストクライマーの車がこんなにも?!

IMG_7355
グリコの岩に着いてみると日が差しはじめました!
雨上がる。

IMG_7356
まっ、岩はたっぷり水分を纏ってキラキラ輝いていますがね・・・

IMG_7357
とりあえず用意しておいたパンとコーヒーと目的の無いエナジーでランチ。
この直後、手前のオニオンとチキンのサンドはトンビに持ってかれちゃいました 泣

と、そこにまずDHちゃんが登場。
それからKEITAくんMam、ミミハムさんが集結。

おいおい、正気なの?
まあ、来ちゃったからには登りましょうかー

と、モイストクライミングの登竜門、『濡れたグリコ』でセッション開始!


僕は慣れているせいか、しっとりしているはずの岩肌にフリクションを感じ一撃。
あら、乾いてる?もう?

FullSizeRender-2
KEITAくんもサクッと、ミミハムさんもザクっと。

IMG_7361
乾いた?!っていっても、やはり状態悪くMamやDHちゃんは苦戦し敗退・・・
まっ、仕方ないよね。

DHちゃんが「ナテハ触りたい!」っていうので移動。
さてさて、濡れてんのかなー

うん、ビチョビチョ。

カチ、縦カチが輝いてる。
まっ、いっちょやったりますかー!


で、僕が先陣を切る。

スタートして右手送って、そこから左手送ると右手がスパーンと切れちゃう。
だはー、滑ってチョーク持ってかれてるーってビッチャビチャの指先見ながら言ってみた。

ちょっとブラッシングするかー


ブラッシングすると溜まっていた水が飛んでなんとかなりそう。

で無事に『濡れたナテハ』完登。
  
IMG_7362
苦戦していたKEITAくんも、

IMG_7364
感じ掴んで(なんの?)完登。

IMG_7367
ミミハムさんやDHちゃんはやっぱり敗退。
まっ、仕方がないよね。


IMG_7368
天気は晴れたり曇ったり・・・

お次はエイトマンの岩かなーと移動。
グリコの岩と一緒でここの岩も乾きやすい。

到着してみるとやっぱり乾いてる。
・・・といっても、他のメンバーには「これ、乾いてんの?」って言われちゃうくらいの状態ですが。

モイスト愛好家としては、これはもうモイストじゃない。


で、セッション開始。


とりあえず僕とKEITAくんはエイトマン安藤くんサクッと終わらせて応援にまわる。

あっ、案外サクッとミミハムさんも完登。


そこからMamとDHちゃんの熾烈なエイトマン完登争いは始まるのですが・・・

IMG_7369
ああだこうだこうだああだこうだ


FullSizeRender-1
おや? この頭は・・・


なんとMamが先に完登決めちゃった! マジか?! スゲー


IMG_7373
奥歯ギリギリ鳴らしながらそれをみていたDHちゃんも無事完登。
初エイトマン、おめでとさん。あっ、Mamもね!


FullSizeRender-3
それからしばらく安藤くんセッション。

で、そこからミミハムさんのメインディシュ『リタイアメント』に移動。
嗚呼、なんだかもう乾いちゃってんじゃん。


IMG_7413
KEITAくんがレイバックで登ったことがないからやってみよーっとサクッと一撃。
本気トライのミミハムさんの眼の前で。

じゃあ、僕もレイバックで登ったことがないからやってみよーっとサクッと一撃。
本気トライのミミハムさんの眼の前で。


ミミハムさん、そんなに奥歯ギリギリ鳴らさないで。


IMG_7415
DHちゃんは頑張って『セイタカアワダチソウ』トライして見事完登。
僕も触ってみたけど、上部が滑って悪かったー

IMG_7416
ミミハムさんのトライは続く・・・

その間にゴードンカンテ触ってみたけど、これも滑りが酷くて敗退しちゃった。
一瞬のゴールデンタイムにリタイアメント登れたって感じか。

IMG_7418
急激にフリクションが低下してきて日も沈む。
終わりのときがきちゃいました・・・

こんな天気のときに王子に来るクライマーはさすがに居らず(あっ、一家族だけいたけど 笑)、
逆にこんな天気で足元グズグズなのに来ちゃう映え狙いの人々は大勢。
そして、高確率でニコニコ岩に辿り着けず道を聞かれる。

まあ、なんだかんだいいながら雨上がりでも半日岩で遊べちゃうのが王子が岳。
速乾性半端ない。


本気トライしなきゃいけない岩はあちこちに無数に残っているけど、
天候に恵まれないときはエンクラに限る。


嗚呼、僕のシーズンは終わりなのかな・・・



来シーズンまでどうやってモチベーションを維持しようか考える。
無理かもしれない・・・ どないしょ。


それでは、また

どうも、ノリオです


みなさん、三連休は満喫できましたか?
土曜日は雨の影響もあったみたいですが、日月とは天候に恵まれたので岩場に繰り出した方も多いのではないのでしょうか。

僕は土日と仕事になってしまい、Mt.HGSのプロジェクトを触りに行くチャンスを逃してしまいましたが、月曜日はガッキーさんと王子が岳その他周辺をぐるり一回りしてきました。

とある計画の関係でねー


今回の目的は、昔のトポには載っているが最新版には掲載されていない岩や、
曖昧な課題の確認、新しく増えたラインを巡り、
それから僕たちが開拓している"裏王子”や”もはや王子ではないエリア"の案内でもといった流れ。


早起きが苦手なので、少し遅めの午前集合。
近頃満車になっちゃう駐車場も空いていてラッキー。
僕が到着して程なく到着のガッキー。

・・・いや、これ以上韻を踏めない。


まっ、そんなことより、とりあえずエイトマン辺りに向かい歩き始めます。


数年前、石ちゃんが整備してコージーが初登した岩が反対側の斜面にあるので、
それを案内する目的。
途中、パークセンター?周辺の昔の岩を見に立ち寄ったけど、
残念ながら震災後に固められてしまい使い物になりそうにありませんでした。

件の岩の撮影をして、ひよこスラブの奥にも昔の課題があるというので触ってみることに。


IMG_6950
低い岩だけど、なかなか面白い課題でしたよ。
右隣のスラブはメチャクチャ簡単だったけど、そんまま上の岩をマントルすると案外気持ち悪い感じで、
2ピッチの課題と考えるとなかなか面白いかも。


その後も海側の古い課題を見て回る。


IMG_6951
天気良すぎて暑い。4月なの?って感じ。
当然、岩も温い。

いい天気だなーと海を眺めていると、いままで気付かなかった良さそうな岩を発見!
昔のトポにも載っていないけど・・・



IMG_6952
足元は固められているけど、岩登りに干渉するところは無傷だ!
いい高さの見栄えのするライン発見!

てか、こんな岩、昔の人が放っておく訳ない。
すでに登られているのだろうけど、とりあえず登ってグレード確認しましょうか。

ランディングは狭いけど、まあ、いい方でしょう。
スリップフォールはしたくないな。

カンテもクラックもポジティブに見えるけど・・・


IMG_6953
さっそくガッキーさんがトライ開始。
一手一足確認しながら安定した登り。やっぱり上手いなー足。


IMG_6955
で、一撃。
「もしかしたら4級くらいの強度かもしれへんけど、高さもあるし3級かな。」らしい。


続いて僕も触ってみる。

確かに、見た目通り比較的ポジティブなカンテとクラックで上部までは易しい。
・・・が、フットはそこまで明確ではない。

リップ前まで来たところで、あれ、ちょっと気持ち悪いぞ。
岩も温い。
岩の立地のせいで、そんなに高い岩じゃないのに高度感がある。

下を見る。
ランディング狭い。もちろんノーマット。


んー、腰チョー付けて出直します。つって一度仕切り直し。
またこれ。


どうしたんだろ。ホント、今シーズンはこれが多すぎる。
負け癖がついちゃってるな・・・
嗚呼、怖い・・・

IMG_6968
でも、3級じゃあ落ちないだろうし、行ってみますかー
腰チョーも付けたし!

やっぱり上部でメンタルがグラついたけど、無事完登。
いい課題でした。
まあ、マット敷くなら大した高さでもないしランディングも気にならないだろうから、
3級なんでしょうね。

見栄え、ロケーション、内容的にオススメ課題です。

さて、僕のせいで少し滞在時間が長引いてしまったので移動しましょうかー


次は、像岩。
『像岩ダイテクト』の正確なラインが分からないってことで。

とりあえず手始めに凹面を登り、それから左カンテスラブ登り、はて?
やはりダイレクトラインが分からない。
王子あるあるの下地が下がって取り付きが変わった感じなのかな・・・

凹面は5級。左カンテスラブは2級って感じ。

IMG_6957
けっきょくダイレクトが分からないので、一番左端を登ってこの岩は終了。

ミヤゾノリッジにトライ中のYOSSYさんやご家族で来ていたTETSUさんと遭遇。
温かいからか、今日はあまりクライマーが居ないですね。



「そういえば、馬乗りカンテが超ムズイんですよー。」って話の流れで行ってみることに。

IMG_6958
少し前にコージーが必死で登た馬乗りカンテ。5級だっけ?

ガッキーさんと触ってみたけど、これはかなりヤバい。
これも下地が下がってしまって課題が成立しなくなってるかもしれませんねー

「あれ? コージー、5級も登れないの?」なんて言ってゴメン。


けっきょく、ガッキーさんが気合のマントルで完登。
もはや馬乗りにならない。


「悪い。初段はあるで!」


・・・僕は敗退。ホント、悪い。



で、そこからヤスイスラブを過ぎたところに、
これまた石ちゃんが発見し整備初登をした岩があるので案内。

右カンテスラブと左カンテスラブ。ど真ん中バージョンもあり。


ササっと登ってグレーディング。
右は6級、左・ど真ん中は4級。
花崗岩の練習にはもってこいの良いラインでした。


さてさて、お次は以前から気になっていたけど触っていない、

IMG_6960
『アップルマッキントッシュ 1級』へ。ちょっとだけ高い。
忘れ去られたエリアにあります。

この機会に僕もトライしてみようと2人でトライ開始。
腰の上あたりまで下部がルーフになっていて、ハイステップがキツイぜ!


IMG_6963
いろいろスタンスを変え、バランスをみながらムーブを構築。
下部だけでもそこそこ強度高めです。ホールドも縦ばかり。
そして、ランディングは・・・岩あり、段差あり。

あっ、これももちろんノーマットでグランドアップ 泣

まあ、上部はガバクラックが見えているのでなんとかなりそうです。



IMG_6966
僕が下部でまごついていると、ガッキーさんは本気シューズに履き替えて下部を攻略しそのまま上部へ。

僕は撮影のためにカメラを構えていたのですが・・・
ガバクラックからリップに突っ込んだガッキーさんの動きが止まる。

「あっ、上部ヤバイ!」

ガッキーさんがいうのだから相当なのか?!



レイバックの体勢から右足をフットジャムし、クロスで左足をクラックに突っ込んでジャム。
僕はクラッククライミングをやったことが無いので、
側からみているとそのジャムが効いているのか、滑るんじゃないのかハラハラドキドキ。

下から見ていても分かるスイッチオン状態のガッキーさんは、
そのまま岩の上に。

マジかースゲー


「一瞬ヤバイかと思ったわー。手、何も無いし、フットジャムだけが頼りやわー。」


・・・じゃあ、僕はやめておきます。そんなスキルありませんし。


でも、最近の方々のようにマット敷き詰めればランディングも高さも気にならないだろうし、
挑戦する価値ありの課題かもしれませんね。


ガッキーさん曰く、初段らしいです。


で、同じ岩の登れそうなライン確認したり、周辺の多分誰か登っているであろうけど、
数年前に僕らが登ったラインを一通り案内。
もうかなり自然に還ってる・・・

ここまででちょっと時間を掛け過ぎてしまい陽も傾いてきちゃいました。
急いで"裏王子"に移動。

ここは以前ガッキーさんにも紹介したエリアですが、
もう一度ザーッと見て回りました。

久しぶりに入ったけど、ところどころ道が切り開かれている気配。
誰か違う人が入って道作ったのかな?

"裏王子"にはあまり課題数が無いのですが、まあ王子のサブエリアって立ち位置でしょうか。



"もはや"も案内する予定だったけど、時間がもうあまりないってことで、
"裏"の入り口のボルダー登ってグレード確認して終了。

 
FullSizeRender

易しいグレードだけど、絶妙に嫌な感覚。


エリアをザーッと見て回り、そんなにトライ回数を出していないけど、
地味に指皮すり減らしちゃった。

しかし、今日はなんというかガッキーさんとのスキルの違いこれでもかというくらい感じた一日でした。
やっぱり経験値の差か。修羅場をくぐり抜けた数が違い過ぎる。
基礎的な部分でも。

今シーズンはメンタルが弱っていて、それが登りにもかなり影響していてスランプ。
いい刺激をいただけました。
シーズン残りわずかだけど、頑張ろっと。



さてさて、次回は"もはや王子ではないエリア"。まっ、3月入ってからだねー



明日も休みだけど、天気が微妙だしどうしようかなーとか思いながら、
この日は終了です。



それでは、また

どーも、ノリオです
パッリパリに乾燥した最高の花崗岩日和の月曜日を仕事で過ごし、
雨予報の火曜日に行ってきました"もはや王子ではないエリア"。

相方に愛想つかされフリーになったK太くん。
いや、ホントは仕事が理由だそうですが、完全リードモードだったけど久々に花崗岩ボルダーでもといった風の吹き回しで同行することに。

まっ、いつ雨が降り始めてもおかしくない天気なんですけどね。
せっかくのお休みを、しかも花崗岩ハイシーズンのこの時期の休日を1日でも無駄にしたくない!
そんな訳で、勢いだけで突っ込んできました。


K太くんは初"もはや"。

到着して簡単に課題を紹介して周り、

IMG_6068
とりあえずスラブのPのところへ。
湿度高いけど、そこまで岩の状態は悪くないのかな。


FullSizeRender-7
久々の花崗岩なので、アップがてらPの岩の右カンテ4級を触るK太くん。

あれれ? なんだか悪そうに登ってるけど、これ4級ですよ?
危なっかしく一撃。まっ、当然でしょう。


FullSizeRender-9
僕はP。やっぱりここから先がこなせない。
なんだか少し結晶の掛かりが悪い気がして、いろいろ不安。

FullSizeRender-17
K太くんも触ってみるが、序盤で苦戦。
あまり感触がよくないし、雨も降りそうで残された時間が気になりエンクラに変更。

FullSizeRender-11
とりあえず僕もカンテの4級の再登でもと取り付く。
が、凄く滑る。マジ?

上部のマッチの箇所がしっとり苔々で保持出来ず飛び降りる。
K太くん、よくこんなの保持ったな・・・

てか、飛び降りた拍子に危うく左足が木と激突しそうになり、
軽く痛みが走ったけどセーフ。

ラッキー。


気を取り直して再度上部マッチの箇所へ。
フリクション無いしヌメヌメ苔々だけど、なんとかマッチを試みる。

左手から右手に持ち替えてみたものの、
ほとんど保持出来ていないのだけど次のデッドしないといけない。
すっぽ抜けそう。いや、すっぽ抜ける。

ああ、絶対。

失敗すれば、今度こそ木に激突か・・・



よし、行ってみよー!ってデッド。これ、4級でしょ?

まっ、すっぽ抜けることなくデッドが止まったのでそのまま再登。


前に登ったときは4級に感じたけど、今日は2級くらいに感じた。
てことは、これ3級でもいいのかも。

グレードの見直しが必要かも。



で、なんとなーくポツリポツリき始めたけど次の岩へ。


IMG_6081
この垂壁の課題は3級。
リップへの少しだけダイナミックな一手が確信です。

FullSizeRender-18
何回かリップにタッチするも止まらない。
2人で波状攻撃。フリクションあまいしカチが痛い。

IMG_6087
そんななか、K太くんが感じを掴んでなんとかー

FullSizeRender-8
リップをキャッチ! で、完登。

僕は、けっきょくリップ止められず敗退。再登ならず。
ああ、何だか悔しいな。

てか、これも3級じゃなくて2級はあるのかも。


フリクション頼みで登っている僕には、今日は止められないな。 無念。




で、その流れで同じ岩にある、これもリップへの一手が核心の4級。
そろそろこの辺りのグレード感が怪しくなってきましたね。

嫌な予感しかしない。


FullSizeRender-12
最初はなかなかリップに手を出せず、出せても止められず落ちる。
何度も。


そうこうしていると、


「ノリオさん、破けてますよ。背中。」

FullSizeRender-10
ハッ、まじか?! K太くんがニコニコしながらパシャり。

大きな穴。


FullSizeRender-13
どうやら先シーズンに僕が枝打ちした箇所が鋭利な形状をしていて、
フォールの際に引っ掛けてしまったみたい。

あの頃の僕のクソ野郎めー!


てか、おいおい、いよいよ雨脚強くなってきちゃったよ。



FullSizeRender-16
それでもトライ続けていたら、K太くんがリップを止めた!!!
・・・けど動けない。

「ビショビショだー!」つって落ちてきた。



そりゃそうでしょうね。知ってた。




ああー、くそー! 登りてー!



って、おや?


「K太くん。K太くんのも破けてるよ。」ぐへへ


うわぁ、マジかー?!



ひゃひゃひゃー あははー げらげら



MCで変なテンションになってしまって何でもオモロイ。


が、さすがに荷物もなにもかもびしょ濡れになってきたので、
この日はここで終了。

FullSizeRender-14
まっ、思ってたより降り始めが早かったけど、
なんだかんだ盛り上がってオモロイ岩遊びができました。

服、引き裂かれたけど。



FullSizeRender-15
道路まで下りると、ちゃんとした雨。


来週は天気大丈夫そうなので、どのP触るか悩むところです。


"もはや"のスラブかカンテ挟み込み系か、それとも深山のスラブか。



次の週末が待ち遠しい。



本日のMC、怪我も無く無事に終了。


それでは、また

どうも、ノリオです
世の中は、成人式ということで三連休。
しかし、いつもはお休みの月曜日が連休の関係でお仕事になってしまいました。

天気予報みると月曜日が最高ぽい。

長期の天気予報みれば、25~26の辺りが雨。


嗚呼、短い短い花崗岩シーズンなのに、今月は岩場に行ける日が少ないかも。
これも年末年始、登りまくったツケか・・・ むぐぐ


そんな訳で、天気が微妙な日曜日に、ソロで"もはや"のスラブのプロジェクトを触りに出掛けてきました。


IMG_6017
どんより曇り空。時折パラパラと雨粒を感じるなか、
Pの前に到着。

予想よりは岩の状態は悪くないかも。



IMG_6018-1
今日はソロなので、ホントのんびりって感じ。
見晴らしのいい岩の上でコーヒー飲んでまたり。


IMG_6033
遠くが霞んでみえるので、湿度は高めでしょうね。


しばらく休憩して、そろそろ始めるかと準備。



FullSizeRender-2
やってやるぜー!

FullSizeRender-1
この足に立てる確率は格段にアップ。
ちょっと角度誤ると足が抜けちゃいます。

FullSizeRender
そして、ここからが核心部。
左足が滅法悪い上に、保持出来る箇所が無い。

無いなりにも、先シーズンは左手のいい箇所見付けて保持って、
右足を上げ、結晶にハイステップしている最中にスリップフォール。
これが現時点での最高高度。

その記憶があるから、画像の態勢で左手を必死に探す。


左手以外の三点もギリギリの状態なので、いつ切れてもおかしくない。
焦って左手を探し、焦りすぎて見付けられない。

ほぼ毎トライこんな感じ。


見付けられないなら、他のムーブを探ってみればよかったのだけど、
やっている最中には、そんな発想になれずに左手を探す探す。

で、ダメ。


徐々に高度が下がり始める。
またこの時がきてしまった・・・

打ち止め。



なんだかモヤモヤするので、王子が岳で何か登って帰ろうと移動。

駐車場に到着すると、ちょうどピカル兄さんが車に荷物を積み終えたところ。


「もう帰るんですか? これからナイトですか?」

冗談まじりに言ってみると、


「じゃあ、行きますか!」って。



なんだか引き止めちゃってゴメンなさい。



聞けば、今日は『オリジン 初段』を触っていたみたいで、
じゃあ、それやりましょうってことで移動。


ちょうど1年前に僕は登れていて、その後も何回か再登しています。
もうコツは掴んでるぜ!って思ってたのですが・・・


IMG_6035
兄さんは、毎トライいい感じのところまでいけるのだけど、
そこから苦戦。

僕もトライするも、全然カンテが効かなくて登れない。
僕は、かなりカンテのフリクションに頼って登るので、
状態が悪いと何もさせてもらえない。

弱いなー


IMG_6038
次第に日が沈んで・・・

IMG_6042
辺り真っ暗になった頃には、カンテのフリクションいよいよ無くなって、
ホント、もうダメ。

モヤモヤ解消に来たはずが、モヤモヤがモヤモヤを呼んでしまった感じになってしまいました。


でも、兄さんはこの状況でも惜しいトライしてたから、
次回は登れるんじゃないかな。


『オリジン 初段』とてもいい課題なので、
みなさんぜひトライしてみてくださいね。


さあ、次の休みは火曜日。
これまた天気が微妙だけど、貴重なお休みを無駄にしないように頑張らなきゃ!


それでは、また

このページのトップヘ