Rocks at the control

カテゴリ: ボルダリング

どもども、ノリオです


めちゃめちゃ久しぶり。


岩登り、続けていますよ、もちろん。



ただ、Facebookに画像上げたりしてたらブログが疎かになってしまって


・・・そこで考えた。


「そうだ、Facebookの記事をそのまま添付すれば楽じゃん



てことで、以下コピペです



土曜日。従来なら仕事。


観たいライブがあったのでお休みをいただいていたのだが、
どうにも金欠で断念せざるを得ず、
誘われて岩場へ。


H部さんT野くんに行ってみたいといわれ、
この日はMt.HG-S。
件のプロジェクトのあるエリア。

f538c5dd

寒過ぎず花崗岩にいい気温。
エリア入り口のプロジェクトから奥は実に久しぶり。
踏み跡残っているか心配していたが案外大丈夫で、すぐに一つ目の岩に到着。


スラブ。
4級、3級、初二段のある岩。
初二段はおいといて、
実は4級が悪かった記憶。

IMG_1556


ここの花崗岩は非常に目が細く、
王子や矢掛の感じで足を置くと滑るので注意。


4級のカンテスラブから取り付くも、
お二人さん、さっそく洗礼を受けている。
まっ、僕も御多分に洩れず。
ハマる。

IMG_1558


IMG_1559


IMG_1560

IMG_1565

みんな登れたので3級のスラブ。
中間部にいいポケットがあるのでそれが取れれば終わりと思いきや・・・な課題。
ふふ、やはりフットが乏しい。
ハマる。

IMG_1562

IMG_1569

IMG_1570

目が慣れてくればポイント見えてきて、
みな完登。


面白い。


さて、お次は2級と3級(4級?)の岩に。
こちらはホールドもあって登りやすそうに見えて・・・


まずは3級?から。
見た目よりも持てる場所少なく、上部も気持ち悪い。
でもまあ、これはサク撃。

IMG_1571

IMG_1576

で、隣の2級。
以前の記憶では一撃したはず。
スタート下の大きな崩落見受けられるが、
少しスタートが悪くなった程度でグレードに影響は無い感じ。

IMG_1577

バランシーな中間部から何も無い系のマントルの好課題。
ランディングもちょっとだけ悪くていいスパイス。

IMG_1578

とりあえずリップまでは到達するも、
感じを掴めずハマる。
苦戦の末、H部さんが持ち前の柔軟性でマントルこなして完登!

IMG_1582

IMG_1583

IMG_1586



「何か出た。」とのこと。


だって上、苔ってるものねー



僕も気合入れて突っ込むもマントルの体勢寸前で敗退。


ビビった。 なさけない・・・


「これが住宅ローンの重圧か。」



守りに入ったな。


てか、絶対に2級じゃない(T_T)



さて、そこから二段のスラブ「馬酔木」や初段「目眩し」など案内してから、
僕も登れていない初段のマントル課題でセッションすることに。

これは"悪い"って記憶だけが・・・


小さい岩で、カンテやカチやフットもしっかりしているのだけどヤレば分かる"悪さ"。

一手目のカチが痛い。
身体上げるのキツい。
上、何も無い。

IMG_1587

ああだこうだ、手を変え品を変え、
それでもマントルの体勢にもなれない。


IMG_1590

しかしふと目についた小さな小さなフットに変更するとググッと進展!
H部さんはこれまた持ち前の柔軟性で変態ムーブ。
僕はそれ出来ないので別ムーブで、
もう少しって感じだったのだけどケツかっちん。

IMG_1592

辺りも暗くなってきたので終了。


Mt.HG-S、


ここにはプロジェクトもあるし馬酔木もあるし、
このマントルも登らないと。
また来る。


てか明日くる予定だけど。



・・・


ってことで日曜日。


午前からアノ方とMt.HG-S。



が、近くにつれ様子がおかしい。
狼煙上がってるし。


駐車場に到着すると満車?!


どうやら地域住民の方々が掃除に集まっているみたい。
怪訝な、訝しげな表情でジロジロ見られたので撤退。


ああ、なんてこった。

あのプロジェクト楽しみにしてたのに。


仕方がないので矢掛に移動。
西のエリアのプロジェクトをやることに。


IMG_0368

スイッチがOFFになってしまい身体が動かない。
久々に触ったけど以前の高度には至らない。
アノ方は新たなムーブ発見して少し進展。


スゲー。



そうこうしているところにコージー登場。
この保持れる男ならなんとかしてくれるんじゃないか!

IMG_1369

プロジェクトの左側も登れそうじゃね?って一緒に触ってみたけど無理そうだったので、
やっぱりプロジェクトに。



コージー早速最高到達点叩き出し場が沸く。

・・・が、使っていたフットが消し飛んでいる。


マジか。




気がつくと昼回っていたので、
昼飯を買いに降りて到着しているはずのトモチンとご子息と合流するために鉄塔エリア。


テツさん家族も来ていて、
午後はのんびりセッションやおしゃべりや昼寝。


ビンゴライトビンゴ登って雨が降り始めたので撤収。



あのプロジェクト触れなかったのは残念だったけど、
久々に岩尽くしな2日間でした



最近ちょっと身体が重いので体調管理しなきゃシーズンを楽しめませんね


まだまだこれから。


IMG_1597

楽しもう

どーも、ノリオです




エンクラばかりですが、
そろそろ花崗岩の感覚も戻ってきました


一週間後?に行く瑞牆(はたして登れる環境なのか?)に向けて目下調整中なのですが、
この前の月曜日(もう一週間前か...)に王子が岳に行ってきましたよ 


前回、岩場デビューを果たしたISHさんに今度は王子の洗礼を受けていただこうと、
K太氏と3人で。



前日の長雨もなんのその。
やっぱり王子は雨に強い。


もう乾いちゃってますね〜



IMG_0377
いい天気だ

IMG_0378
眺めも最高。



IMG_0379
色付いた木々の影を投影されたグリコの岩

嗚呼、いい感じ



岩のコンディションもまずまず。




IMG_0380
そう、王子の登竜門とも云われるグリコで王子デビューをしていただこうと


これで“王子嫌い”になる人、多いですよねー




ふふふ


やっぱり苦戦してる

IMG_0382
実は王子経験少ないK太氏もトライ開始

前回は左足上げ(窪みにヒールっていうね。)のムーブで登ったので、
今回はちゃんと右足ハイステップで登ろうとしております


苦手なんだって

IMG_0385
おっと、本日はeyeCandy率100%


いいチョークバッグです


おっ? 

画像奥ではムーンライトエプロンにトライするISHさんが無事に完登



で、グリコにもどって・・・


IMG_0386
安定のどハマり

どうも右足に乗り切れていない様子



IMG_0387
悪戦苦闘しているところに、
別の場所で登っていたというNCHKさんとITさんが登場


グリコ得意だというITさんに模範登攀いただき、
ISHさんも見事に完登。


おおー! 初日にグリコ完登とはやるな



僕なんて2年掛かったし



IMG_0388
いやしかし、ホント天気いいなー


さてと、
それでは『ナテハ』にでも移動しますか

NBCHKさんITさんはここでお別れ



『グリコ』とは違い、しっかりホールド有る系だからサクッと終わるっしょ

IMG_0390
・・・K太氏、

IMG_0391
『ナテハ』初めてだったの


落ちちゃった



IMG_0395
岩場2回目にして、
もはや足元にはSPOTしか用意されていない不運なISHさんもトライ開始。


陽が当たり、木々の陰影が場を演出しております


岩の状態は・・・少々滑るものの良好



2人共苦戦していたので、僕もお触りしてサクッと任務完了

コツをつかめばサク撃のK太氏。
・・・が腹痛のため便所に行っている間に無事に完登できたISHさん。


やっぱりまだのっこしに恐怖心があるみたいですが、
いい登りでした



『グリコ』『ナテハ』とくれば、お次は・・・



みなさん各々意見はございましょうが、





『エイトマン』『安藤くんカンテ』でしょう






まずジムでは味わえない課題。





岩に到着して課題案内するやいなやトライ開始

むむむ



と、苦戦中のISHさんを覗きにきた黒猫先生

IMG_0398
・・・を撮影するK太氏と撮られる黒猫先生との間で登るISHさんを撮影


IMG_0399
「なにやってんだオマエら...」



IMG_0401
トライごとに感じを掴んでサクッと完登


IMG_0402
すぐさま『安藤くん〜』にトライするISHさん

貪欲です



IMG_0403
おっと、こんなところに街でも岩場でも便利なBulbsさんのトートが
eyeCandyのポーチもね


・・・って宣伝か



IMG_0406
さすがに2級の、しかもカンテ課題ともなると苦戦の度合いが違う

僕やK太氏はサラッと再登したので応援に徹する。



・・・訳もなく、

合間に以前からトライしている『安藤くんのカンテ』を
左手で岩に触れずに右手と両足だけで登るプロジェクト、

「安藤くんの右手」をトライ



 
こんな感じで


慣れてしまえばリップまではなんてことないんだけど・・・



さすがに右腕一本でのマントルは



15240275_1097035967085976_528249622_n
せめてこのホールドに手が届けば捩じ伏せられそうなんだけど、
もうちょっとって感じ


最高高度叩き出し、
余裕でホールドに届く高さまで到達するも、

夕暮れ時の薄暗さに阻まれ目視出来ず、
文字通り闇雲にデッドかますも的外れ


うん、明るければ登れる



IMG_0407
尚もISHさんのトライは続く


あっ、奥の方々は・・・徳島・・・の・・・だったかな?



IMG_0408
むははははー

妖怪『岩甜め』が現れる時間帯になってしまった


ペロペロ、ペロペロ、


いい結晶ないかなー



両手の指から流血するも更に激化するトライ

IMG_0410
ISHさん、ガッツあるなー


惜しいトライも多々あったのだけど決定打出ず。


ヘトヘトになって本日は終了


王子嫌いになってませんよね




嗚呼、12月にも入ったし、
もう少し気温下がれば自分のお目当に挑まなければね


今シーズンは気温低めでお天気な日が多ければいいなー



ISHさん、また岩場行きましょうね


お疲れ様でした



それでは、また

どもども、ノリオです



日に何度も天気予報を眺めながらGWに思いを馳せておりますが、
天気は保つのかもたないのか・・・


瑞牆山は5日に雨マーク



なんなら4日も怪しいなと





まあ、こればっかりはね


まだ日にちもあるし、好転してくれるよう願うばかりです



さてさて、

先日のブログで花崗岩シーズンも終りだな・・・なんて云っておきながら、
祝日の前夜だからといってNBO


瑞牆に向けて指皮も仕上げなきゃならないし、


やっぱり岩にも触りたい





ということでピカル兄さんと『スーパーエン藤くんのP』をやりにやってきました

IMG_01
何だか思ったよりも風もあり肌寒い


「あれ? 寒くないですか?」



「・・・気のせいでしょ




なんてやりとりしながら準備済ませ、さっそくトライ開始

とりあえず『スーパーカンテ』のスタンドから。



僕は一便目から前回苦労したパートをこなせていい感じ


これはイケる



ピカル兄さんもトライ
※どうせお遊びラインなので、ムーブ(ムーブなんて無い。)画像満載で


IMG_02
『スーパーカンテ』から回り込んでクラックへ。
ここ、なかなか面白い。

IMG_03
いったんステミングやらレイバックの状態でレストしたつもりになって・・・

IMG_04
いざ、後半へ

IMG_05
この『エイトマン』から『安藤くん』に回り込むパートがなかなかバランシーでいいですよ

IMG_06
そう、クルッと

しかし、ここを抜けて残すは『安藤くん』のみってところで案外疲れてる

ちょっと気を抜いたらスリップフォールしちゃうし



そして例に漏れず、ピカル兄さん、フォール



IMG_07
・・・と思ったら地面スレスレでΣ( ̄ロ ̄|||)




何だか、今夜はイケる気しかしない僕は2便目か3便目で、『安藤くん』まで辿り着き、
滑るカンテを慎重にこなしながらリップに到達


やっぱり滑る

なんだか気付けば無呼吸の時間長くなって、もう頭の中は



「嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ・・・」

でイッパイ。


すっぽ抜け覚悟で乗っ越し、無事に登れました


いやぁ、何だこの達成感は



・・・が次の瞬間、



あっ、『スーパーカンテ』ってSDから始めないといけないんだってこと思い出し・・・



僕、パートで登っただけ











・・・まっ、仕方ない。

初登はピカル兄さんに任せて、僕は『安トマンスーパーのP』に転戦することに。




『安藤くん』のスタートから『エイトマン』に回り込み、
クラックから『スーパーカンテ』に渡ってマントルを返そうと

『安トマン』は前に登れているので、
とりあえずクラックから『スーパーカンテ』に渡るパートを解決しようとトライ


なかなかパワフルなパート


でもコツが分かれば簡単で、



その後、無事に『安トマンスーパー』は初登成功させていただきましたよ


1〜2級くらいに感じたけど、シーズンなら2〜3級くらいかな・・・



最後に『安藤くん』が待ち受けている『スーパーエン藤くん』よりは簡単





で、『安藤くん』や『エイトマン』のSD探って遊んだりして、

そろそろお開きかって雰囲気の中、



ピカル兄さんの『スーパーエン藤くん』の最終トライ




IMG_08
もはやSDがしんどい

IMG_09
『スーパーカンテ』のパートで力を使い果たし、

IMG_10
クラックで偽りのレストを演じた後のバランスパート

IMG_11
なんとか回り込みに成功も、

この時点でかなりの疲労感があるはず。

カンテも滑る


チョークアップ時に気を抜くとヒールが抜けたりする要注意ポイント



さあ、いざ『安藤くん』へ









「だはぁ




力尽きて終了






うん、後から見ていて分かってましたよ

ヘトヘト





嗚呼、今夜も初登ならず。






まっ、『安トマンスーパー』は成立したので良しとしますか







もう一回くらいNBOしたいけど・・・瑞牆までは我慢だなぁ








我慢だ






我慢だぁ

どうも、ノリオです


なんだか近頃お天気が悪いですね・・・



気温が高いわ、週末に雨が降ったりと、
この時期恒例の花崗岩シーズンの残りカスで悪足掻きするってのがなかなか出来ず




GWの遠征に向け、軟弱化した指皮を鍛え直さなければなりません



・・・ってことで、NBO

Trevorに「今夜いくよ!」って声掛けられたのでホイホイとね



で、集まったのはスケさん朋ちん、モビルスーツ着用の的ぅー場くんとピカル兄さん
Trevorは撮影の仕事も兼ねてのNBOで、JohnやTim達と




駐車場で落ち合い、Trevorお目当ての『安藤くんのカンテ 2級』へ




日中に比べると気温は下がったものの、温い感じで状態は・・・





※ブログ書くつもりなかったので画像無しですが、
お付き合いください



では、トライ開始





先週?の寒波の夜に手応えを感じていたTrevor。
しかし、今夜の滑った岩には苦戦


僕も触ってみましたが、いつものムーブでは厳しくてあれこれ試行錯誤の末、
いままでやったことのないムーブで解決

・・・解決って、リップ止めてからは全力で押さえ込むというやつですが


僕やスケさんがちと苦戦したのを見たTrevorは諦めてお仕事しに向かっていっちゃいました






さてさて、

一応『安藤くん〜』登ったし何しよってことになり、

『エイトマン』のスタートから『安藤くん』に回り込んで登る『エン藤くん』はどう?


それ、やりましょう



みたいな悪ふざけタイムに突入




なんなら『スーパーカンテ』から『安藤くん』まで繋げる『スーパーエン藤くん』ってのもできるんじゃね?




まず、『スーパーカンテ』からトラバースしてクラックまでのパートをやってみようとセッション開始

これが思ったよりも悪い


滑っているのもあるでしょうが、なかなかパワフルで回り込めない



しかし、ペタペタさせると異常な強さをみせるピカル兄さんがこのパートを解決
クラックでレストしてから『エイトマン』に繋げる箇所でフォールしていまいました



ならば、次は『エイトマン』から『安藤くん』へのパートを解決しようぜ



これがなかなかバランシーかつ下半身が重要で、
出来てしまえばコツものだったのですが重心の移動やら小難しい感じ

さすがのスケさんがいち早くコツをつかんで回り込み、
いざ『安藤くん』のパートになるとこなすことが出来ず・・・

11160577_832460510181699_942548863966032344_n

僕もようやく回り込むコツをつかんで『安藤くん』に突っ込むもなぜかこなせない



なんか、しんどいんです。

リップに到達した時点で滑りで心が折れてしまう


それでもなんとか全力でのっこして『エン藤くん』初登させていただきましたw

・・・シーズンだとどうなのか分かりませんが、
直ぐ後に完登したスケさんと判断するに1級くらいかと。



ではでは、お次ぎは『安藤くん〜』から『エイトマン』に繋げる『安トマン』に挑戦だ



こちらのほうがスタンスがシビアで、且つパワフル
回り込むのは『エン藤くん』より難しい



コツというよりはムーブを調整して完成させる感じで回り込みパートは解決


しかし滑る『エイトマン』が立ちはだかる




嘗て無いくらい本気で『エイトマン』のパートもこなして、


『安トマン』も初登させていただきました




こちらも1級くらいか?





さて、次はなにやる




そうそう、クラックから『スーパーカンテ』へのパート





このパートが完成すれば『安トマンスーパー』も夢じゃない




なんなら『スーパーカンテ』から『安藤くん〜』の復路、




『スーパーエン藤くん安トマンスーパー』だって出来るじゃないか




あれこれ試して、

予想以上にパワフルなパートを解決したのはスケさん
これですべてのパートは出来た




この斬新なリンクもの





未だ嘗てトライしたクライマーさんは居るのでしょうか・・・





こんな悪ふざけ以外のなにものでもないライン。






来シーズンにでも、ふと思い出したら物好きな方はトライしてみて下さいね







『エン藤くん』を敗退したピカル兄さん。
何気に悔しかったみたいで近々トライしに行くみたいだし、


僕も『スーパーエン藤くんのP』触りにいこっかな〜







・・・と、Rocks at the control。

花崗岩シーズン終了とともに2014年度版、崩壊寸前




GWの記事まで保つのか


どうも、ノリオです



最近401がブログを書いてくれないので連投しておりますが、
この土日月とそれぞれ違うエリアに行ってきて溜まりに溜まった報告を頑張って今週中に済ませたいと思っております

やっつけ感が否めない箇所もあるかもしれませんが、
どうぞお付き合い下さい(画像満載で誤魔化しますよ)

それではまず第一日目から・・・





土曜日。



この日は朝まで雨が降っていたのですが、
前々からみんなで外岩に行こうと決めていたので取りあえず正午にrocksに集合



協議の結果、yasくん希望のYKGボルダーに決定

IMG_0855

日中に来るのは始めてで、明るいときに見るとまた違った印象ですね


僕とヨーイチ以外は初YKGのyasくん・スケさん・ともちん・ポニョ・ユキくん・ユメミちゃんというメンバー


IMG_0856

まずは課題の説明とリップの確認


IMG_0857

各々ターゲットを絞ってトライ開始です


IMG_0859

IMG_0860

・・・といきなりyasくんが『親指くん(初段)』をサクッと完登

やっぱり強えぇ



『親指くん』にポニョ・スケさん・僕がトライ
『流れ雲(1級)』にヨーイチ
『レイバック(2級)』をユキくん
岩の裏側の5級やら登れそうな所をアップがてらトライのともちんとユメミちゃん

IMG_0870

ポニョは難なくスタートからガバを取り、いきなり核心に到達

IMG_0874

スケさんもいとも簡単に核心へ

僕も以前より簡単に核心まで到達もフォールの連続



やっぱりムズいですね

IMG_0862

久々のYKGに以前のムーブを思い出すのに手間取る『流れ雲』トライのヨーイチ

IMG_0863

IMG_0864

IMG_0865

IMG_0866

『レイバック』をサクッと完登のユキくん

やっぱりメチャ強ですね



IMG_0867
IMG_0868

これまたサクッと『流れ雲』一撃?のyasくん

IMG_0873

ユキくんは続いて『親指くん』へ

IMG_0875

みんなが手子摺ってるなか・・・

IMG_0876

IMG_0877

yasくん、『浮浪雲(初段?)』を一撃

ちょっとちょっと、どういうことですか



『親指くん』メンバーは核心部からフォールしまくり

本当に難しい



『流れ雲』のヨーイチも以前の高度まで上がることが出来ないまま『親指くん』へ浮気



ともちんとユメミちゃんは『レイバック』トライ
ユメミちゃんはリップ取りまでいきながら、


怖さのあまり一手をだせず敗退


「・・・もう絶対やらん」って



ともちんも頑張りましたが、なかなか




この課題、悪いものね
次回はイケるでしょう



IMG_0880

各々のトライが執拗に繰り返されていると段々と日が暮れてそのままナイトに突入
照明設置して環境整えて・・・


と、出来る男yasくんは続いて『叢雲(初/二段)』を数撃で完登



登り終えてからはまるごとバナナを頬張りながらみんなの応援したりコーヒー淹れてくれたり
くつろぎモード



IMG_0878

IMG_0881

IMG_0883
IMG_0884

『親指くん』の核心部を解決出来ないまま時間だけが過ぎていきます




なんだかyasくん祭りと化してしまったYKG

お祭り男yasくんが、
M富くんが前にハマっていた課題『瞬間芸(初/二段)』をやるために動き始めました

IMG_0882


IMG_0885

IMG_0886

やはり難しい課題みたいで何度もフォール

他のみんながワイワイとトライをしているなかストイックに打込み続けた結果、
ついに見事完登してしまいました



マジで強過ぎますよ

ワンデーですべて終わらせてしまいました





他のメンバーはモチと指皮を擦り減らせて終了
本当に今日のYKGはyasくんの一人舞台でしたね






各々宿題を残してしまうことになってしまいましたが、
初YKGを楽しんでくれたみたいです




僕も次回は必ず『親指くん』を登ってみせます






これで1日目の外岩は終了








2日目、岩屋編に続きます

このページのトップヘ