Rocks at the control

カテゴリ: ボルダリング

どうも、ノリオです
・・・突然暑い。 何なんでしょ。


日曜日の話ですが、
この日は最高気温25℃を記録したところもあるみたいですね

すっげー寒い、から一転、すっげー暑い。


もういきなり花崗岩シーズンが去っていった感じ


天気予報で前日から暑いのは分かっている。
さて、深山は無理っぽいしどうしようかと悩んでいたところにスケさんからお誘いが。


「Mt.HG_Sに行きませんか?」と。



Mt.HG_Sというとプロジェクトか馬酔木か・・・


正直、もうこの気温だと無理っぽいけど、
瀬戸内海沿いのエリアよりは涼しいはずだし選択肢は無い。


少し朝早く出発し、
駐車場に着くころにはもうかなり暖かい。
それでもアプローチに入れば少し涼しく感じます。


プロジェクトに到着。

 
IMG_2219
実はこのエリアで一番最初の岩にあるプロジェクト。
直接日差しが差し込むことがないので、思ったより岩が冷えてる。

早速掃除してトライ開始


IMG_2220
この中間地点からメチャ悪い

IMG_2222
いつものアングルね

本当に綺麗な岩。



IMG_2223
この中間地点を熟し、

IMG_2225
目指すはこのガバカチ(泥乗ってますが)。
奥に見えるシワにもコケが詰まってます。


IMG_2226
で、ガバカチからこのリップの窪みを押さえられたら登れる。


IMG_2227
このシンクラックの画像上辺りのチョーク跡が比較的持てる箇所。
いままでは右手で取って左手でガバカチへというムーブ構成で組み立てていましたが、
それだとガバが遠い。

なので左手で取る構成に変えてのトライ。



IMG_2229
・・・岩場にブロッコリー



IMG_2233
さあ、やってやるぜー

IMG_2236
ここの二足が異常にソールをエグるんです

IMG_2237
で、ここから右足をシビアなスメアリングポイントに置いて、
左足をクソみたいなエッジに上げて、右手の薄〜いフレークでロックして左手を、、、

左手を、、、


出せなーーーい


もう少しって感じなんだけどなー


嗚呼、駄目だ、、、保持力が、、、指皮も駄目になってきた



諦めよう





ちょっと岩を変えようってことで、
向かった先は以前触ってまったく登れなかった初段+のスラブ。
数年前だから朧げな記憶。


IMG_2239
ホールドやフットを確認して、

IMG_2240
トライ開始


IMG_2243
くー、指皮終わってんのに、超保持系だったー


IMG_2245
ギューってやって、足上げてギューなやつ。

めちゃ痛い


しかも、ここ暑い



結局、早々に諦めて隣の簡単な課題登って遊んで終了。

IMG_2246
・・・この4級、舐めてると痛い目に合います。




IMG_2247
Mt.HG_Sはどうやら歴史あるところみたいで、

IMG_2248
 狛犬や石垣などかなり古いものが残っている感じ。



素敵な眺めです。



うーん、しっかり登ったけど進展のない内容。
このままシーズンが終わってしまうのかと思うと、
なんだか凹んできちゃいます。

週間天気予報見てみると次の日曜は気温もそこまで上がらず良さそうなんだけど、
あろうことか仕事に出ねばならず


(マジかー 最悪ぅ)


翌日のお休みはグッと気温高め。


(マジかー 最悪ぅ)



もう少しだけ寒気戻ってきてくれー



それでは、また 

どうも、ノリオです

なんだか急に春めいてきました。
暖かい。


毎年この時期になると焦ってきてしまいます。

花崗岩シーズンが終わっちゃう 



今シーズンも何の成果もなく終わってしまいそうです。
なさけない・・・



さて、日曜日。


天気予報では午後から雨っぽい感じでしたが、
スケさんに誘われて深山公園に行ってきましたー


午後はトモチンTimeということで王子が岳に転戦っていう予定。


朝から曇り空が広がっております



IMG_2155
深山に到着してみると風も強く寒い


湿度は高いはずなのですが、
風が強く気温が低いからかフリクションはマズマズ



IMG_2156
とりあえず向かった先は山頂
左が「オウマ」、右が「アレジィ」



IMG_2157
のんびり準備しているとスケさんが「オウマ」のトライを開始

僕は次の日も登る予定だったので、
何となく「アレジィ」を触っておくかーってな感じで取り付いてみる。

すると思いがけず1便目からリップの立ち込みのパートまで行ってしまう
・・・あれれ、まだ身体動きませんよー、力入りませんよー

ふんっ

だはー



身体が強張って立ち込み失敗


わはー 指痛ぇー


指の感覚がまだ無いよー



気を取り直して2便目。

さっき岩の状態良いかもって思ったのに、
肝心のところでスゲー滑って飛び降りてしまう


嗚呼、クソー 何でだー


なんて考えながらダラダラしていたら残り時間も減ってきたので、
帰り道にある宿題の「無我」の岩に寄ってもらうことに。

アレジィ、2便しか出してない・・・


「無我」に関しては前回いい感じだったから、
岩の状態良かったら直ぐに登れるだろうと。


さっそく準備して取り付くと、
前回滑っていた箇所がめちゃ止まる。

で、そのまま完登


本日1便目で登れました。



・・・けど、「アレジィ」から逃げた感が強く複雑



気を取り直して、ガッキーさんのプロジェクトだったものをDKが初登したという、
『無我夢中』を触ってみますかー



IMG_2159
うっ スタートがハイステップだぜ


IMG_2162
リップまではスルスルと到達できるのだけれども・・・

何じゃコリャー



IMG_2164
これ・・・ヤバイっすよ。 マントル返せるのかな・・・()


IMG_2168
果敢にトライ続けるも、


IMG_2171
リップをペシペシ、ペシペシ


IMG_2175
それでもちょっとずつ要領を得てきて何とかリップにヒールを掛けるところまでは。

そこからマントル、突っ込んでやるぁーって動いた瞬間にフォール



あはは 返せる気がしない。


・・・でも、楽しい


これは今度、じっくり向き合って微調整しながら打ち込みたいですね。


と、そろそろ時間だ



転戦、転戦



王子の駐車場に到着してみると、本日も車が一杯。
ひと昔前は冬の王子が岳はガラガラだったなのに・・・


と、その中に石ちゃんたちの車を発見したので探してみると・・・

IMG_2177
居た居た

サッチャンが「安藤くんのカンテ」で惜しいトライをしているところ。


テツさん家族も合流して、
女性陣のセッションが始まりました


IMG_2181
産後のリハビリクライミングのトモチン、少しずつ感じ戻ってるのかなー
(ご子息はカメラ目線)


IMG_2182
サッチャンも前よりも高度が上がり、めちゃくちゃ惜しいトライが続きます
(・・・カメラ目線)

IMG_2184
そんな中、ユキさんがリップに到達して、、、、
危なげな所作で、、、何とか完登


しかし、登れたのに男性陣からあーだこーだ難癖付けられ、
すぐさま再登させられるはめに


厳しいですね、みなさん。


それでもちゃんと熟して再登するユキさんは偉い
いい登りが見れましたー


僕はというと、寝そべって居眠りしたり、
安藤くんやエイトマンを登ってみたりーと終始ダラダラ

ちと寒い




てな感じで過ごしていたら、
天気予報通り3時頃から雨がパラついてきたので本日の岩登りは終了



IMG_2186
やっぱり天気予報って当たるんだなぁ・・・



IMG_2187
駐車場に到着すると雨もけっこう降ってきました


しかしー、こんな天気にも関わらずこの日も王子が岳にはたくさんのクライマーが来てましたねー
散歩してる人も多かったし、模型の飛行機を飛ばしてるグループも居たり、
大賑わい


クライマー以外の人たちが増えることで、
この先トラブルなど起きないよう気をつけなければいけませんね。

これからもここで岩登りを楽しんでいけるように。



さて、気温が上がってくる季節になってきて、
どこまでしぶとく花崗岩を触れるか。


もう少し寒気戻ってこないかなー



ぜんぜん登り足りないよー


では、また 
 

どうも、ノリオです



・・・と元気に始めたいところなのですが、
本日の自分の不甲斐なさに凹んでおります

まあ、日頃からチャラチャラ登ってばかりだから強くはならないとしても、
ちょっと弱くなってきちゃってる感が否めませんね



もうちょっとは頑張らないと。




さて、今回向かった先は深山公園



平日ということもあり、今回も単独で突っ込んできましたー



IMG_1980
天気はそこそこ。
やっぱり時折雪が舞ってきます。

天気予報では午後は少し気温が上がるとのことだけど・・・
風が強くて寒い


IMG_1981
本日のお目当は『アレジィ』
・・・いつまでやってんの感は否めませんが


岩の状態はいい感じ


早速トライ開始
前回があまりにも不甲斐ない結果だったので、今日こそは!と。


ムーブを確認しながら数トライで上部へ。
リップ叩きに立ち込むも左足が引っかかって高さが出ない。
持ちたい窪みまで届かない

それでも粘ってモゾモゾするも力尽きてフォール


だはー

IMG_1982
・・・寒い。
風が強い日はダメだなぁ

じっとしているとどんどん体温を持っていかれちゃう


IMG_1983
予報通り空も晴れて気温も上がってきたけど・・・
その頃には抱え込む筋力も気力もヨレて


結局いいトライ出来ずに心が折れちゃった。



ハヌマーンに転戦しようかと思ったけど、
下部のあのパワフルなパートを熟る気もせず断念。


それなら帰り道ってこともあり、


IMG_1985
『無我』へ お久しぶりです。

過去、そんなにしっかりとトライした記憶も無く、
放ってあった課題。



IMG_1986
リップの確認をしに岩の上へ。

天気いいですね
ここは日陰で寒いけど。


1トライ目から最高高度に達し、
あまり持てていない左手リップから右手を・・・

だはー つってスッテンコロリ



ランディング斜めだわ泥濘んでるわで惨事。


スパイシーなフォールだこと。


何度も同じことの繰り返し。
もうちょっとでいいとこに手が届きそうなのに


よっしゃー! やったるぜぃ



とりゃー



ぐはー


だはー


ふっとんで着地



足が滑って股裂き状態。



ひゃー ケツのアーナーから真っ二つになるかと思ったぜ
括約筋痛ぇ


クソッ 次こそはー!



ってイキり立って、ふと右手を見てみると・・・



IMG_1987
パックリ裂けてーらー

はぁ・・・



敗退・・・か。


寒いなか単身頑張ってみたものの惨敗。
正直、凹む。

以前みたいにガッツリ花崗岩登るって機会も減って、
なんだか弱ってるな




IMG_1989
この歳になると指皮の回復も傷の治りも著しく遅くなって。。。

次の週末までには何が何でも治しておかないと!



無我の隣、自我もやりたいし、
その隣に出来た新しい課題「無我夢中」もやりたい。

アレジィはちょっと置いといて、
次回は無我をチャチャッと終わらせてそっちに打ち込むかな


惨敗で凹んだけど、
久々に指先ボロボロになるまで花崗岩触れたのでよしとしますか



花崗岩のハイシーズンも残すところ後僅か。




気持ち上げていこー

どうもノリオです

なんだかまた寒波が来たので、
これはチャンスとばかりに週末に向けウキウキしてましたが、

天気予報みれば、どうやら気温低く風も強い。
これ、極寒のやつ

当初は単独で深山に乗り込もうかと思っていたが、
ちと寒すぎるかと。

そこへスケさんからお誘いがあったのでMt.HG-Sへ。

IMG_1897
ここにはずっと触っていなかった『馬酔木』というスラブ課題がある。
触らなきゃなーと思いながら伸ばし伸ばしになっていて。


駐車場に到着してみると天気は悪くない。
・・・が、岩場に入ると急峻な地形のせいか風が猛烈に捲っている。


寒い。 マジで。


高さ的には5mくらいか?
ランディングはかなり斜めなのでマットは敷けません。



IMG_1902
震えながら準備をし、凍えながら入念なオブザベ。
長い間誰も触っていないだろうからブラッシングもゴシゴシ。

スタート位置がハッキリしなかったので、

IMG_1903
スケさんはやや右から、僕は左からスタート。


岩がメチャ冷たい。


ああだこうだとムーブ組み立てていくも、
寒さのせいで集中力に欠く。


IMG_1904

ああだこうだと数時間撃ち続けるも解決できず
休憩が長くトライ回数は少なめだったけど。

IMG_1910
もう少し寒くない日にトライすればもう少し冷静にムーブこなせると思う。

悪めのフット選別しながらムーブを組み立てていく工程が堪らん
でもやはり寒すぎて集中できなかった・・・
岩の状態は今シーズンで一番良かったかも。


画像では陽が照って暖かそうにみえるけど、
個人的には一昨年12月に行った瑞牆よりも体感で寒い。


あれだけ「寒い方が花崗岩にはいい!」って云ってたのに、
寒いと「もう少し寒くない方がいい!」とか云っちゃうワガママさ


結論、気温は10℃以下7〜9℃くらいがいい(個人の意見です。) 




『馬酔木』なかなか面白い 


触ってしまったからにはまた近いうちにトライしに来なければね。
あちこちに宿題やプロジェクトが転がっているのに、
また新たな課題に着手してしまった



温かい飲み物が染み渡る



それではまた

どうも、ノリオです

寒い日が続いておりますね。
みなさん体調崩したりしていませんか?

さて、日曜日の記事を


前もって曇りで湿度高め、
気温も低いのが分かっていたので雪でも降るのではないかと思っておりました。


石ちゃんが最近見付けて登った岩があるというのでエンクラがてら、の感じ。

出発後間もなく雪降り始め、
岩濡れちゃうねーなんてなこと言いながらも向かう。


「こんな天気なのに“アノ人”は来ちゃってると思うんですよねー」

「居るかなー、居るかー。」

てな会話をしながら駐車場着。


・・・居た。


モイストクライミング会長のピカル兄さん!



他にはBonさんで登っているお客さんが居たけど、
聞けば岩が濡れたから帰るという。

「マジ? これからが面白いのに?」


嬉しそうに準備始める我々をキ○ガイでも見るような目をしながら帰っていかれました。

むむむ これしきの雪で諦めるなんて。


雪は止む気配もない。


上等。


IMG_1807

IMG_1808

IMG_1810

石ちゃんが見付けたという岩数カ所めぐり、
ぜひ触ってもらいたいプロジェクトがあるという岩でまず荷物を降ろす。


IMG_1812
プロジェクトだというラインを見てみたけど、
どうやらこれは乾いていても僕には無理そう・・・

なので既に登っているというラインをトライすることに。
右カンテ6級、左カンテ4級。

もちろんビショ。


へへへ 

27398727_698455860360963_276214072_o
まずはMCA会長?のピカル兄さんが右カンテをトライ。
早いねー、濡れたの大好物なんだからー

27484417_698456053694277_843889805_o

27485392_698456103694272_883581452_o
危なげなゴキマン(ゴキブリマントル)で見事OS。
ひゃー、悪そー(濡れてて。)

僕も慎重に濡れた結晶に体重預けて一撃。

27604076_698456233694259_1294739243_o
イェーイ!


落ちるかと思ったぜぃ


っと、そこにザッザッザッと急に足音近付いてきて、
現れたのはコージー。

よくこんな天気のなか来たなー


さてと、

ではお次は左カンテ。


IMG_1813
ピカル兄さん、数トライするもシューズを脱いでしまう。
気が付けば僕だけがトライ。


小粒だった雪も大きくなって。
岩は一段とウエッティー
トライごとに使用する結晶選別し、
ムーブが固まったので、

「これラストねー」と告げトライ。


モイストクライミング時に頭を過ぎるあのフレーズ。

「滑る方向に踏むから滑るんや!」


この無限ループ。

27484881_698456557027560_807957837_o

27535418_698456743694208_760082938_o

27398919_698456797027536_1247436783_o
慎重にこなしトップアウト。


27604409_698456923694190_861787352_o
イェイ、完登


嗚呼、すげー面白かった。
いい課題。


体感2〜3級。
でも、モイストクライミングでたとえ体感初段とかに感じても、
いくら頑張ったとしても4級は4級というこの切なさ。

モイスト、おもろい。

雪も岩の濡れ具合も好転しないので、
じゃあ、さっき見た濡れてない岩にでもいきますかー


IMG_1815
お次は小降りな傾斜の岩。


左下から右上へのライン。


痛い。ガッビガビで刺さる。
おまけに脆くて持ったところがボロボロと崩れてしまう。

27479823_698456993694183_82420271_o
ムーブを起こしている端から手の中でホールド崩れていき、
ダイナミックなパートでホールド吹っ飛んでフォール。

ちょー痛い。

・・・あ、指の腹が縦にエグられた(T_T)

血ー出てますやん。


僕、これ、もう辞める。


27484390_698457037027512_1527545840_o

27604926_698457420360807_1186415531_o
そこへコージー登場。
サラリと初登を持っていきやがったー!

年長者に散々ムーブやらせておいて、
美味しいところを持っていく。


ヤな奴だよ、まったくよー


指、痛いよー


IMG_1821

IMG_1822
マントル後のなんだか恥ずかしい画像上げてやる!



初登者も出たし、次どうする?



「僕、もう帰って岡山店行きます。」
とコージー。


では、我々はもう少しブラブラしますか。


とりあえず雪も止んだことだし、
濡れたグリコか。


ここは風が強く、少し乾き始めてる!
さすが王子が岳。

IMG_1824
兄さんプチはまるも完登。

僕は2撃。

なんだかみるみる状態が良くなってきた!


石ちゃんもプチはまりから完登。



「状態良くなってきたから、さっきの4級やってみよっかなー」
と兄さん。

会長〜どうしちゃったんですかー???


乾いた岩でいいんですかー???


MCA末端の下っ端の僕がいうのもあれですが、
らしくないっすよー

やはりさっきより乾いてる。濡れてるけど。


IMG_1826

IMG_1828

IMG_1829

IMG_1830
こうなってしまえば兄さんもサクッと登ってしまう。
やはり4級。

IMG_1832

ちゃちゃっと終わってしまったので、
ミヤゾノリッジ登りたいっていう兄さんに付いて移動。


とりあえずセイタカアワダチソウ触ってみると、
やはり乾いてきていて登れる。
濡れてるけど。

IMG_1836
ここで満を持してサッちゃん登場!


以前使っていたという結晶消失したので、
それでも苦戦しながらも完登。

お見事です。


IMG_1834
兄さんはミヤゾノ、サクッと。
ついでに僕もサクッと。
・・・ちょっと危なかった。

「久々にヤスイスラブやろー」

と、足拭きマットも持たず、
もちろんボルダーマットも敷かずトライ開始。

右手プッシュでー、
右足上げてー、

IMG_1840
むむ 足が決まらん!



・・・そりゃそうですよ、だってシューズがドロドロなんだもん。

あはは そうかー


「そうかー」といいつつもそのままトライ再開。

・・・この人、大丈夫か?


MCA会長に不安を感じ始めた瞬間であります。


けっきょくスタート敗退。

・・・でしょうね。



IMG_1841
「なんだか身体も冷えたから温かいもの飲みに行きましょう。」


IMG_1842
パークセンターにオープンしたコーヒー屋さん。
温かい珈琲にありつく。

IMG_1843
幸せ。



IMG_1844

IMG_1846
しかし、最近は身体の調子優れず岩登りを楽しめていなかったけど、
モイストクライミングして遊んだのでなんとなく気分的にはリフレッシュできました。

体調戻して、次週辺りからは岩登り頑張ります!


よく遊んだ。

それでは、また

このページのトップヘ