Rocks at the control

カテゴリ: 豊田

どうも、ノリオです

やっとここまで辿り着きました、豊田2日目にして年末年始岩三昧の日々最終日。
ざーっとやっつけちゃいましょう!


さて、名古屋まで移動して風呂入って寝て、疲れのせいかまたまたのんびりの出発。

IMG_5909
平日なので車も少ない。
この日も天気が良くてポカポカ。

ひとまず向かったのは、数年前401の北京プレッシャーに負けて敗退した『ポール d』。

IMG_5910
少し道に迷ってやっと発見したけど、燦々と降り注ぐ太陽に温められて温い。
んー、夕方がベストなのかなー
どうしよー ダラダラ。


じゃあ、ちょっと辺りの散策しようってことで色々岩を見てまわる。
苔むした面白そうな岩を発見したけど、
まあ、また今度触ってみようってことになり今回は見送り。

あの岩、誰か登ってるのかしら・・・


で、向かった先は本日のお目当、

IMG_5913
『あすなろ f』。

IMG_5928
これも数年ぶり。 いつみてもかっこいいラインです。
個人的ベストファイブに入る。

まっ、ここに辿り着くにもまた迷いましたけどね。
ちょっと足がガクガク。 老い、かな。


IMG_5915
さあ、始めるかー

IMG_5942
ああ、惚れ惚れ。

IMG_5937
わー、フレークに指入んないぜー

IMG_5919
下部から少しずつムーブを組み立てていく。

IMG_5925 2
手の送り、フットの位置、一つずつ組み立てていく。
このプロセスが面白い。

IMG_5930
まっ、結果、ぎゅーって持つやつなんですけど。

IMG_5935
岩と岩の間の空間にあるこのライン。

IMG_5936
隔離された静かな空間。
四畳半の茶室のような落ち着きと、広がりを感じたり。※個人の感想です。

ああだこうだとやっているうちに、前回の高度を超えられたのだけど、
そこからが核心みたい。

どうしてもそこから抜けられない。


次第に体幹と保持力が低下して、2人とも高度が下がり始める。
この時間がきてしまったか・・・


それでもトライ重ねる。


IMG_5944
カメラに向かって精一杯の笑顔でパシャリ。
いまの人、パシャリっていうのかしら。

笑顔だけど、実はかなり気張ってます。


ああ、帰りの時間が近付いてきちゃった。



遠征先で、この時間が一番切ない。
帰りたくないよー


無駄なトライ重ねる悪足搔きやってるうちに終了の時間。


結果、豊田に来て3課題しか触っていない。
そして、今年入って完登0か。


ん? このブログ、完登報告ほとんど無いんじゃないのか?
まっ、仕方が無いね。

今年もこんな感じでやっていきますRocks at the conrtol。
よろしくーね!


IMG_5931

豊田、また来るぜ!


それでは、また

どうも、ノリオです
今頃になって、年末年始の遊び疲れが出てきております。
寝起き悪く身体がガタガタ。
全開で中年男性しております。

さて、スラビスタと楽しいセッションに明け暮れた2日間の翌日は仕事初め。
で、仕事終わったその足で、スケさんと豊田まで行ってきました。

真夜中に到着して、車中でダラダラ仮眠などとったりしてのんびり支度。

IMG_5878
そろそろ出発しますかー


昨夜、雨が降ったようですが、岩の状態はいいですね。

個人的には昨年のGW以来。


FullSizeRender
アプローチを進むと、人気の『俊トラ?』には人だかり。

その横をすり抜けて、向かった先はー


FullSizeRender-5
『赤い天狗 g?』

こちらには人集りも無く、遠くからワイワイ楽しそうな声が聞こえるくらい。


以前、スケさんは触ったことがあり、僕は初触り。
gか・・・ 悪いんだろうな。


FullSizeRender-2-1
のんびり、

FullSizeRender-1-1
のんびり準備して、

IMG_5887
さてと、トライ開始しますかー!

ん? なにやら出だしから悪いですよ?!
何通りかのスタート出来そうだけど、どれがいいのかあれこれ試し、
右手親指プッシュがいいのではないか。

ああだこうだやっていると、関西弁っぽい喋り方の方々が一緒にいいですかってことでセッション開始。

あっ・・・、この人、見覚えがある。
名前を聞くのもあれなんで、聞かないけど間違いない。

お名前は伏せておきますが、某強強クライマー。
そういえば、数年前に北山公園のアドスラを一緒にセッションした記憶が。

またスラブの前でお会いしてセッション。
オモロイ縁ですね。


IMG_5890
スケさんは、以前到達していた高度まで辿り着かずヤキモキ。

IMG_5973
僕は、みんなと同じスタート出来ないから、左右親指プッシュからの左手結晶摘むやり方で足上げ。
むぎぎ、親指やっちまいそうだぜー

IMG_5974
この体勢から、左手伸ばして結晶引っ掛けて立ちたいのだけど、
僕だけ届かない 泣

ならばとアレコレやってみたけど解決出来ず。

強強さんも、徐々に高度を上げていい感じになってきていたけど、
僕たちはエリアを移動することにしました。

赤い天狗、敗退。 でも、次回はもう少し戦えると思う。


スタートが遅かったからか、そこそこいい時間だったので、
気になっていた『文明開化 e?』を触りに移動。


IMG_5892
この課題も、いつも人が多いイメージ。
この日も2〜3人の方がトライしてました。

お邪魔しまーす。


IMG_5893
気になっていたとは言いつつ、実は此処がそうかと今確認。

カチ課題か・・・


IMG_5968
とりあえずセッションに混ぜてもらってトライ開始。
あっ、そんなに悪い感触じゃない。 好き系ぽい。


IMG_5895
スケさんもトライ。
そろそろ疲労が溜まってしんどそうです。


IMG_5969
みんなが使ってそうな色が変わっている箇所を使うとなんだかバランスが・・・

よくよく観察してみると、コケの合間に使えそうな結晶が見える!
これ、使えるんじゃね?

おっ、すっげー鋭利だけど保持感いい。
で、左足上げて、右足も・・・ あっ?!


IMG_5970
めっちゃ持てる左手の結晶で指皮めくれちゃった
登り過ぎで薄くなちゃってたもんな・・・

てか、右足上げずに一気に立っちゃえばよかっただけかも。

これ以上指皮捲れると明日に影響がでそうなので、
指にテーピング巻いてトライしてみると保持感が悪い。

うむ。深追いせずに敗退しよう。
これは次回必ず登れるでしょう。 次回次回。


IMG_5967
帰り際に、完登欲しさで同じ岩の左端を登ってみた。
aくらい? てか、トポ無いからライン間違えてる恐れもあるなー

まっ、いいけどー


と、そんな感じで、久々の豊田の初日は2課題だけ触って終了。
全体的に感触は悪くなかったから、また頑張りたいな。


明日もあるのでチャチャっと片付けて晩飯へ。

豊田の夜といえば・・・


FullSizeRender-3
そう、北京の餃子。
うむ、美味い。

FullSizeRender-4
気になっていた焼売も美味しゅうございました。


まっ、登れなくても餃子が食べられれば満足満足。



さて、明日は『あすなろ』かなー


ゆっくり温泉浸かって、英気を養います。 そして、おやすみなさい。



それでは、また

どもども、ノリオです


12月上旬に行った遠征の記事。
2日目となりますが無事に書き終えられるか・・・


ではいってみよー



初日の晩は甲府まで移動しお泊まり



IMG_0521
この晴天

・・・でも昨日よりグッと冷え込んでる




IMG_0522
富士山もばっちり見えたー




林道に車を止め、エリアに向け出発

いや、かなり冷える




IMG_0523
昨日見たつららが更に凄いことに



IMG_0524
うひゃ




IMG_0525
がったがたに崩壊している歩道を歩き、


IMG_0526
冬枯れの瑞牆をのんびり眺めながら・・・



IMG_0529
管理棟からのいつもの景色まで辿り着き、


IMG_0530
あっ、またガッ◯ーさん忘れてる



IMG_0528
誰も居ないキャンプ場・・・


IMG_0531
あー、この眺め! 瑞牆に来てるんだなーってなこと思いながら、


IMG_0532
またこの岩まで来ちゃった。



IMG_0536
はい、『裂けた青空』。


アプローチで身体も少し暖まったのですぐさまトライ開始

しかし、昨日にも増して岩が氷のように冷たい。


てか、氷。



どんどん手の感覚無くなる



フリクションはまだなんとか。
しかし、寒さで身体が強張るわ、感覚無いわで・・・



IMG_0533
霜柱タワー

溶ける気配無し。


そりゃそうだ、ずっと氷点下だもん






IMG_0546
結局決定打も出せず、寒さ敗退という名のビビリ敗退

自分のクライミングに自信無し



『裂けた青空』後にしてトボトボと歩いていると目に入ったのは・・・

IMG_0548
『ガリガリくん』

ちょっとだけ、

ちょっとだけですよ、気になったので触ってみることに



しかし、


IMG_0550
散々オブザベした結果、失敗。

ていうか、何便か出したのにまるでダメ。



自暴自棄。


IMG_0555
珍しくスケさんもお触り


まっ、仲良く敗退した訳で・・・




ああ、なんだか陽が傾くのが早い



明日は更に寒くなるとのことで、
豊田に転戦することに決めているので瑞牆も残り時間無い



で、向かった先は、


おいおい、またかよ!な『十六夜』。




IMG_0560

IMG_0561
陽が落ちちゃう



IMG_0563
スケさんは隣の『十五夜』


IMG_0564
僕は呪われし『十六夜』を。


IMG_0565
かつての本気シューズテスタロッサ(4~5年物)持ち出しトライ

おいおい、昨日とは打って変わってめちゃくちゃ立てる



テスタロッサちゃん、放ったらかしでゴメンね。。。
こんなに良いシューズだったんだね。

知ってたよ。


浮気してゴメンね


許して。



IMG_0567
Twilight...

あのスタンスにめちゃ立てるのだけれど、
やっぱりポケットに届かないから10cmほど下にある結晶摘んで右足上げてスメアリング。

が上への推進力が出ない、出せない



IMG_0571
撃てども、立てども、、、


IMG_0578
その繰り返し。


ああ、、、駄目だ



永遠に登れないのではないかという焦燥感と絶望。

と同時に湧き上がる恍惚感。



なんなんでしょうか。



無念。




寒さ異常になってきたので敗退宣言。

今回も駄目だった。



また来るよ、瑞牆。


IMG_0604


ザ・グッバイ



こんな感じで1年7ヶ月ぶりの瑞牆は終了。


さて、3日目からの豊田のことは書けるのか?


年末、怒涛の一週間が始まるのに・・・



それでは、また

どうもノリオです

師走ということもあり、
こんな僕でも慌ただしい年末に突入しブログの更新がままならない


少し前のことになりますが、
お休みをいただいて1年7ヶ月ぶりに瑞牆まで遠征に行ってきました


ダイジェストになるか、
はたまたいつものダラダラになるか・・・


では1日目から行ってみましょう




木曜日。

仕事を終えたその足で出発



とっても久し振りの瑞牆。


前の晩は眠れなかったぜー
メンバーはスケさんと僕。


IMG_0427
ダーって車を走らせ、麓で仮眠をとってから瑞牆到着


IMG_0425
ゲートが閉まっているので林道に車を止めて徒歩でエリアに向かいます


よし! 決めた!

画像過多、文章少なめでやっつける



天気予報では僕らの地元とは比べものにならないくらい冷え込むと・・・



最低気温−7℃とか−10℃とか考えられない




IMG_0428
あわわわ、、、すでに凍ってる


IMG_0430
なんじゃこりゃー

画像はありませんが、霜柱の高さが5cm以上なんて見たことない



IMG_0431
あっ、こんなところにガッ◯ーさんの忘れ物が


ん? あっ?

遠くに見覚えのある人物が佇んでいるではありませんか


えー?!



おーーーーーーー! やっぱり、

 
15416838_1777755995818474_570132489_n
eyeCandyのイバァァァン

たまたま撮影に来ていたみたいで、
ほんと偶然だねー



はい、記念撮影




年末はよろしくねーって感じで別れて、目指した先は・・・


IMG_0432
もはや因縁の課題『十六夜』。


ほんと久々だなー




IMG_0434
あっ、せっかくなんで宣伝しちゃう、eyeCandyのチョークバッグ



IMG_0436
さっそく準備して取り掛かります。

ずいぶん前に完登しちゃっているスケさんは僕に付き合ってくれて



IMG_0438
寒い。 

気温はいいのだけど、
なんだか湿った寒気みたいでフリクションはイマイチ。



IMG_0442
久々なんで、クロスに備えてストレッチ


IMG_0446
ノーマットからのスタートは、
超久々の僕には感じを掴むまで困難で・・・

ようやく感じを取り戻して久々のスタンスを確認。
こいつに立ってからが悪いんだよな〜


てか、こいつにすら立てぬ



IMG_0445
あらら、スケさんはサラッと再登しちゃった・・・
もう完全にモノにしちゃってるなぁ



IMG_0448
一方、僕は以前は余裕だったこいつに立てずヤキモキ
目下、絶不調。

最低野郎。



IMG_0461
あまりにもダメなので気分転換に『十五夜』をお触り


IMG_0463
このスタンスに立つの悪いですねー

ダメだこりゃ




IMG_0464
ええい! 腹癒せにこいつを登ってやるぜー


IMG_0466
調子にのってたらプスって指に穴が

ぐはぁ



IMG_0468
ああ、

IMG_0469
静かだ・・・

IMG_0470
やっぱり瑞牆は素晴らしい。


人気の無いエリアは素敵だなぁ



IMG_0471
凹んできたので次のお目当ての岩に向かう途中、
そういえば触ったことないぞと『穴契約社員』を

サクッとオンサイト?
なかなか面白かったよー




IMG_0473
途中アプローチを変なところトラバースして向かったのは、

IMG_0478
これ、『裂けた青空』

寒い。


さっそく取り掛かるもいろいろ忘れちゃってる。

なんとか組み立ててトライ続けるも、
上部に進むにつれ寒さで手の感覚が無くなっていく。



IMG_0487
持ててるの?

いま、持ててるの僕?


突っ込んで大丈夫?


な状態からリップ付近に一手出したところですっぽ抜けフォール



ひゃっほー



って着地点見事マット越え幅30cmほどの隙間


いぇいー


無事だったぜー



右足少しグネったけど



1年7ヶ月前と同じ、初日で足首やっちまった
今回は軽いけど。


その後もトライ続けるも、氷みたいに冷たい岩は持ててる感が分からなくなり、
また怪我しそうなので勇気ある敗退。

ようはビビってるだけ・・・



腰抜け野郎。




IMG_0488
そして帰り道にまたまた腹癒せに色々登ってやろうと課題すら知らぬ岩を、
登れそうなところ片っ端から登って・・・



IMG_0489
なんだか・・・



IMG_0496
寂しい・・・




IMG_0504
それでも僕、挫けない!


IMG_0510
足首挫いたけど・・・


はぁ




IMG_0515
気が付けば辺り日が沈みはじめ、


IMG_0516
人気の無い、静寂に包まれた瑞牆の空は美しく。



寒い。




IMG_0517
帰り道は明かりがないとさすがに危なく、


IMG_0518

IMG_0519
がたがたの道を足首庇いながらトボトボと。


IMG_0520
今朝見た氷も成長する寒さ。


ずっと氷点下。


散々な結果となりましたが、
やっぱり瑞牆楽しい


寒いけど。



こんな感じで遠征初日は終了。



・・・これ、最後まで書けるかしら




つづきはまた

どうも、ノリオです


さて、二日目。
よし、やっつけちゃお


昨夜は健康ランドで気合いを入れて早い時間から入眠
するとやはりすぐに目が覚めてしまい、けっきょくほとんど眠れずの二日目の朝

ううむ、、、

相変わらず遠征先での体調管理が下手過ぎる



この日は朝から古美山へ

ともちんが積年の宿題、『気が向けば』っぽい名前の・・・


あの・・・なんだっけ?


・・・


そうそう、『一難去って』?をやりたいてことで




到着してすぐに高松勢と遭遇
Fbで見るかぎり、早朝5時か6時頃から登り始めてるし

マジか・・・




さて、トモちんお目当の岩に到着


IMG_9841
人気の岩みたいで、すでに多くのクライマーさんが集まっていました。

そういえば此処、通ったことはあるけど岩に触ったことないや



IMG_9842
低い岩なんですが・・・マット重ねてますね。
個人的にはこの段差は危ないような気がします。


IMG_9845
ぬわっ?!


まだ頭がボーっとしている僕は日向ぼっこ

トモちん朋太郎は・・・なんだっけ・・・そう『一難去って d』を撃ってるみたい


まあ、とりあえず何か登るかな〜って感じで準備して、
僕も『一難去って』をやってみることに。

トモちんにスタート位置を教えてもらってOSトライ?!


うむむ、よく分からないうちに一撃


うむむ、、、



頭がボーッとするから休憩だ



IMG_9846
宿題回収に躍起になっているトモちんは・・・

IMG_9847
なかなかいい感じなんだけど、なかなか、ね

そうこうしているうちに、
僕のアドバイスそのままなぞって朋太郎が完登

・・・空気を読めないやつめ。


さて、トモちんが『一難去って』を諦めるっていうのでエリア移動


向かった先は大田。


『赤い天狗 g』っていうスラブ課題がお目当っだったのですが・・・


IMG_9852
せっかくなので前回敗退した『俊トラ』でセッションすることに
先客は1名。

しかしこのマットの数・・・どゆこと

IMG_9850
初段と聞いてスイッチオンの元気はさっそくトライ開始

僕は前回の高度辺りまでは直ぐに到達するも、
なんだか違和感。

なんか違うなー・・・ってトライを続け・・・


朋太郎やトモちんもトライするも・・・



うむむ


IMG_9860
スケさんは一足お先にお目当の『赤い天狗 g』に行っていたみたい


IMG_9861
相変わらずこの辺りの処理の仕方が上手くいかず、を繰り返す僕

なんだか疲れてきやった・・・


12468161_923549814389034_1446725907_n
トモちんはこの課題が苦手そうですね

そうこうしているうちに日が傾き始め、
僕以外のメンバーは槍エリアの『バックトゥーザフューチャー』をやりに移動


うむむ、身体に力入らないし、

僕も移動しますか・・・


途中、お目当であったはずの『赤い天狗』に立ち寄りご年配の女性のトライをしばし観戦

なんだか悪そうだけど、
頑張ればいけそうな気配・・・という見解に至る。


まっ、触ってないので分かりませんが



今日はもうダメだ

さてと、『バックトゥーザフューチャー』だ


・・・で、皆と合流。




とりあえず狙うは『バックトゥーザフューチャー III(?)』
真ん中抜けるやつね


・・・で、やってみる。


だは


めちゃ痛い


しかも丈夫のカチ、カチじゃねぇし


あかん、どうにもなんねぇ



全員で波状攻撃かけるも、見事に弾かれる




IMG_9864
仕方がないので、左カンテの『I』をトライ

結果、僕以外は完登。


・・・泣きたい。


何も登れません、僕。


IMG_9866
トモちんもしっかりゲットしていったなぁ


羨ましい・・・




嗚呼、陽が沈んでしまう・・・



登り始めの終焉。



なんだか凹むなぁ






そうだ、こんな気分を上げるには”アレ”しかない




そう、






1012558_962067690554313_8912203056168446523_n
北京の餃子



皆さま、deja vuではございませんよ



うむ、馬鹿ウマ



これで万事OK




終わりよければ全て良し。




結局、遠征での体調管理が下手ってことで、
今回の豊田も成果も無く終了。


でも、まっ、次回も触りたい課題見つけたし、

なにより岩に触れるってだけで幸せだね




今シーズン中にもう一度きたいなぁ




・・・と、こんな感じで2016年は始まりました。



Rocks at the control


今年もよろしくお願いいたします 

このページのトップヘ