Rocks at the control

カテゴリ: 豊田

どうも、ノリオです


2016年に入って初の記事。

近頃ブログを書く時間がとれなくって・・・


少し前のこととなりますが、登り始めの記事を






一日の晩から出発して向かった先は久々の豊田

今回のメンバーはスケさんトモちん、401と元気と僕。
近くの刈谷SAで仮眠とって早朝からエリアに向け移動



行ったことがないエリアで、気になる課題があるところは?



・・・ってことで決まったのは大楠林道




駐車スペースにはまだ車無し。 一番乗り。





アプローチ入って直ぐに出迎えてくれたのはこの岩。


IMG_9776
『兄貴 e』


IMG_9787
"初段”の被った課題ってことでいきなりヤル気出した元気がトライ開始

若いって素晴らしい。



まだまだ眠気目の中年連中は観戦



しかし、見ているうちに日頃なかなか触ら無いし、
まだ体力があるうちに触ってみようかと僕

IMG_9786
あら、案外ホールド良いのね



IMG_9785
あっ、忘れてたも太郎。


・・・何やってんの



京都から単身乗り込んできたみたい。




さて、

何登かしてムーブが出来上がって、なんだか完登出来ちゃった僕。
『e』・・・って?



IMG_9788
リーチ問題で僕なんかより悪いムーブでトライを続けていた元気も、

IMG_9799
自身初?となる初段を見事完登しちゃいました


IMG_9800
とっても嬉しそうな顔してますね


IMG_9802
すっとことも太郎はまったく出来ないで敗退。
近くの『かりんとう f』を見学してから場所移動


目指すは最近気になっていた課題。



IMG_9804
朝一の身体には少々キツいアプローチ


途中遅れをとってみんなと逸れた僕は、持ち前の岩センサー稼働させ、
たまたま出会ったクライマーさんに道を聞いたりして無事到着。

・・・誰も居ない。


一抹の不安過るが寝て待つことに


IMG_9806
眠いっす。

・・・って放っておくのもアレなので電話して説明

暫くして迷子ちゃん達到着。



で、お目当ての岩は・・・

IMG_9808
『あすなろ f』

いや、思ってた以上にカッコイイ


高さもいいねー



でも、まっ、いきなりやるのもキツいので近くのスラブをみんなのアップがてら触ることに。


IMG_9810
すぐさま取り付く少年。
ガッツクねぇ


IMG_9812
そして、岩に群がる中年。

IMG_9815
これが見た目よりも悪い
なんだかんだでみんなドハマリし、一抜けはスケさん。


IMG_9819
けっきょく僕は見出したところより少し右に流れる、
他のメンバーが選んでいたラインを真似してそのまま完登ゲット。

素直がいちばん。


その後、みんな無事完登できました



IMG_9822
・・・で、『あすなろ』


IMG_9831
いちおうみんな触ってみたものの、
すぐに諦めてしまい残ったのは僕とスケさん

いつものことか。


他のメンバーは『かっこいいカンテ d』を探しに出発。



IMG_9834
さて、この『あすなろ』

一直線に伸びたフレークをステミングやレイバックで登っていくのですが、
なかなか出だしから悪い。

すっごく薄いフレーク保持して足あげていって・・・


ずっとギリギリが続く感じ



いやぁ、面白い。・・・けど、このまま撃ち続けたら指終わっちゃう



これは通わないと登れそうにないですね




で、とりあえず今回は諦めることにして他のメンバーと合流することに。



12442977_923549587722390_259103559_n
おっ これが『かっこいいカンテ d』ですか。

確かにカッコイイじゃないの


さっそくみんなで波状攻撃開始

12476474_923549644389051_1254107621_n
思っていたよりも難しく、ああだこうだムーブを探り、
まず一抜けは僕

そのすぐ後にスケさんもゲット



なんだかんだで苦戦していた棚太郎もゲットしやがって・・・




IMG_9836
残された401は、

IMG_9838
後はリップ取るだけってところまで行けているのに、なかなか


12476450_923549701055712_1034884360_n
『かっこいいカンテ』を早々に諦めていた元気は近くにある『キバル e』を頑張っているところ。

僕も少し触ってみたのですが、なかなか窮屈でパワフルな課題で、
無駄に指皮と体力持ってかれて敗退

やんなきゃよかった・・・


元気はイイ感じだったけど敗退



で、もう一つ気になったカンテ課題のところに行ってみるとスケさんがトライ中


IMG_9840
『ポール d』っだったか、なかなか悪いみたいですね

明確なスタンスが無い、とっても楽しそうな岩
さっそくトライだ



12459929_923549727722376_1719065993_n
ムム、、、これはなかなか、、、

高度は徐々に上がるものの、
自分にあったバランスを探るのが難しい。

時間も時間で、辺りが暗くなってきて足元も見え辛くなってきた



そして、なによりも『かっこいいカンテ』敗退して、
完全に北京の餃子モードに突入している401からのプレッシャー半端無く



今回は諦めることに。 身体、しんど



ちゃちゃっと片付け終え、
正月営業で閉店早いんじゃねぇの?っていう見えないプレッシャー更にかけられ
急いで車に向かい出発


で、今回の遠征のメインと言っても過言ではない北京の餃子がコチラ。





10414583_961553687272380_5306752357919198964_n
まあ、美味しそう

てか馬鹿ウマです



こうやって画像みてたらまた食べたくなってきたぁ



餃子食いてぇぇぇ



・・・お腹満たされて満足した僕たちは瓢遠征で味をしめた健康ランドを求めて車走らせ、
温泉で湯治して入眠


二日目へと備えるのでした。


・・・二日目書く時間あるかしら




それでは

こんにちは!

401です。

最終回は「大田エリア」です。
一泊二日の遠足にここまでかかるとは
それでは最後の記事を書きましょう


一口に大田といってもメッチャ広いこのエリア
とてもじゃないですが全部は廻れません
気になる課題をピンポイントで狙うことに

まずは「思い出エリア」にある「クレーター」からトライ

元気のムーブをパクッた太陽とクレーター
0113_large (2)



太陽にムーブをパクられた元気とクレーター
0108_large (2)



クレSENO−ター
0101_large (2)



カチの痛さに指皮が悲鳴を上げる
花崗岩女子部は難なくカチを持てるが完登までにはいたらず


そんな中唯一の完登者トレジャーさん
0118_large (2)



指皮を終了させるわけにはいかないので移動する

他の皆さんは「俊トラ」にいくが、
401は一人でに進む「せみ」を打ち込むが、
案の定には行けず敗退した、ソバタ・トラバースと一緒に、
近くにある「りんご」をトライ

0127_large


左カンテ下からSDスタートして上部をトラバスしてマントルする課題

0131_large


案の定まではスムーズに進むがマントルを返せないソバタ・トラバース
案の定カブッたSDスタートがままならない401
おまけにマントルで落ちて着地を失敗し一回転半の後ろ回りを決める

いつも通り登れないことを確認して「俊トラ」へ


皆さん仲良くトライ中
401は触らずに見学

SENOO俊トラ
0134_large (2)


俊トラジャーさん
0138_large (2)


ノリオ俊トラ
0144_large (2)


俊トラのんちゃん
0136_large (2)


画像はないですがノムさんだけゲット
今回の遠足で一番成果を残しました
みんないい感じだったので次はイケそうです


またまた移動して花崗岩女子部・太陽と「パーマン」にトライ

トモちんパーコ
0147_large (2)


ヒロミパーコ
0149_large (2)


のんパーコ
0146_large (2)


女子部はヘロヘロ&ヨレヨレで


太陽パーマン
0140_large (2)


あと少しまで行くがヨレて
可能性は十分あったが今じゃなかった
(ブービーの写真がない


またまた移動して「公園裏エリア」へ

401とトレジャーさんはエリア周辺のトレジャー探しへ出かける

エリアに残った太陽と元気は「タスキver.b」をトライ
ソバタ・トラバスとマチコは「タスキver.d」をトライ

0145_large


最後は兄弟仲良くゲット

ひたすらSDをシバク
マチコタスキ
0150_large


最後にトラバスがようやくゲットしてトラバスになる

目玉岩の「クラック」をゲットした翼
0146_large



だんだん日も傾いて
帰宅の時間が迫る


「これはいい粒(宝)だ!」
最後のトレジャーハント

0149_large


楽しかった遠足も終焉
401的には今回の遠足も登れる登れない関係なく大満足

0144_large


今後の予定的に次回の豊田遠足は来シーズンになるが、
次回は宿題と「マッドドッグ」を片付けたい

何よりも家族や仲間と過ごした時間が、
とても有意義だった事が一番の出来事

0145_large (2)


写真では伝わらないオモシロさと美味しさを体験したい方は、
次回、是非一緒に豊田に行きましょう
(401と一緒では登れませんが)

長々と続いた豊田遠足記事もこれにて終了

お付き合いありがとうございました


次回は3月9日の「王子が岳清掃活動」
お会いしましょう











こんにちは!

401です。

案の定、続きを書くのに休憩をはさみましたが

気をとり直して豊田遠足の続きを張り切って書きましょう

1日目の午後から別れたもう1チームは「古美山エリア」と「宮川エリア」へ
それとついでに2日目の午前も同じエリアに皆さんで行ったので合わせてやっちゃいます


まずは「みたら」に取り組む皆さん

のんちゃんみたら
0082_large


トモちんみたら
0081_large


太陽みたら
0109_large



前回出来なくて宿題にした二人


画像1



画像1


二人とも前回よりは進めたが

順調に実力を発揮して登れず


ここまで順調に成果を出してきいるノムさんはスタートに苦戦しつつも

0068_large (2)


0069_large (2)


お見事
豊田の岩質が指皮にバッチリ合うのね

そばにある「緑」にもトライ

トモ緑
0083_large


のん緑
0071_large (2)


ノリ緑
0111_large


皆さん緑は宿題に


お次は「古美山エリア」へ

リーチ岩周辺でいろいろお触り
お約束の課題「リーチ」から

ひろみリーチ
0075_large (2)


トモリーチ
0073_large (2)


のんリーチ
0072_large (2)


リSENOーチ
0097_large


皆さんいい感じに完登

後は「ポン」「チー」「パンのカンテ」「逆1手」などなどをお触り

0105_large



ノムさんは古美山レジェンドに課題「やせがえる」を教えてもらい、
トレジャーさんと一緒にトライ

0115_large


0112_large


トレジャーさんが楽々ムーブをだしてお先にゲット
その後、そのムーブでノムさんもゲット


翼は「のみ上がり」をトライ

0087_large (2)


0089_large (2)


0091_large (2)


レジェンドの教えを受けてドンドン高度を上げ
スメアリングでのベクトル方向を間違えずにゲット
人間素直が一番です


ノムさん・401・トレジャーさん・花崗岩女子部「一難去って」をトライ

0076_large (2)


いつも通り闇に包まれながら
怒濤の攻撃で二日間攻める

0079_large (2)


皆さんリップまで到達するが、
名前の由来通りリップから落ちる

0117_large


結局登れたのは、ノムさんとトレジャーさんの二人

0093_large (2)


名残惜しいが次なるエリア「大田」に向かうため、
マクロビレッジに戻って昼食をとる

0095_large (2)


光合成と栄養補給後に「大田エリア」に向けて出発

急に淡白になった豊田の記事も、
次回「大田エリア編」でおしまいになります

観る方もつらいでしょうが
最後までよろしくお願いします




そういえば

0101_large


相変わらず「北京」の餃子は美味かった




こんにちは!

401です。


前回紹介したキャストで豊田遠足

401号は、早朝のハイウェイをギラギラで高速移動し8:20に大給着、
先に着いてたトレジャー号と合流し、
脇には雪が残る道をエリアに向けて出発

0002_large


この日は今までで最高の天気
岩の状態も過去最高
みなさんどんな成果が出るのやら

0034_large (2)


さっそく皆さんバラけてお目当ての課題にトライ開始


初豊田のノムさんと1年前の宿題「鯉のぼりver.E」をやっつけるソバちゃんと太陽

0009_large


0003_large (2)


0008_large


ノムさんとソバちゃんは無事にゲット
上々のすべり出し


初豊田の花崗岩女子部ひろみちゃん・のんちゃんは「鯉のぼりver.D」にトライ

0028_large


0009_large (2)



後からきて珍しくカブった課題を触るレアな初豊田のノリオ

0023_large



同時進行で「ポールポジション」では、
初豊田のSENOOさんと前回宿題になったトモちんがトライ

0024_large


0019_large


トモちんは下部のムーブは前回同様に抜群の安定感
SENOOさんはムーブに困惑中


401家は翼が前回の遠足で触っていた「ムーンリバ」に行く

画像1


同じ岩にある「月面」にトライするマチコ

0029_large


元気は近くにある宿題「ハットトリック」を太陽とトライ

0016_large



それを観ていた401も普段だと絶対やらないトラバース課題だが、
テンションがギラギラしていたのでソバちゃんと一緒にトライ

0030_large


普段やらない課題=登れないヤツの図式どおり
指皮だけをコツコツと消費する

ソバちゃんはさっくり終わらせて「ムーンサルト」に移動
超低空飛行で地面すれすれをトラバースする課題

0034_large


ここらあたりから縦にはいかず全力で横に移動することに気づき
名前をソバタ・トラバースに改名する(激強アメリカ人風)


OSトライで終わる寸前までいくが
その後よれてプチはまりするが忍者魂みせてゲット

0033_large


401はひたすら「ハットトリック」達成に向けシュートを打ちまくってなんとかゲット

401がシュート連発で気づかなかったが、
他のみんなは成果出しまくりだった模様

花崗岩女子部とSENOOさんとノリオ、
皆さんそろって「ポールポジション」をゲット

0031_large (2)


0036_large (2)


0007_large (2)


0023_large (2)


0015_large (2)


われながらうまくつながったな

ノンちゃんにいたっては3撃でのゲットの様子
花崗岩女子部恐るべし
もちろんノムさんもゲット

0028_large (2)



「ダイヤモンドスラブ」には、スケさん・ノムさん・ノリオでトライ


0007_large


0026_large (2)


0039_large


宿題だったスケさんが一抜けゲット

ノリオも続いてゲット

ノムさんは最後の所で

0041_large


ノムさん泣く泣く敗退


まだまだ課題はありますが、
トレジャーを探しに他のエリアに移動することに

最高のスタートを切った一行はとりあえずマクロビレッジへ

0094_large (2)


シシ汁を食しながら「あ〜だ」「こ〜だ」ダべリング
ポカポカ陽気に包まれて眠気に誘われるも出発

午後からは「百離┘螢◆廚函峺堵山エリア」の二手に別れて各自トライ
個人的に今回の遠足の目的である「マッドドッグ」に期待を膨らませる


色々と省いてしまってるかもしれませんが「大給編」はこれにて
続きは次回のブログにて


こんにちは!

401です。

先週末は岩バカ達のディズニーランド豊田遠足に総勢13名という大所帯で行ってきました

みんなが撮りためた300枚の写真を観ながら、今回のブログを書くにあたってどこから手をつけるか悩んだ挙句、
まずはキャスト紹介と子供達のディズニーランド「マクロビレッジ」での様子をお届けします。

徐々にエンジンを始動させて書いて行きますが、
多分途中でエンストしますので励まして下さい。
豊田全編を書くのに何日かかるか分かりませんが、最後までのお付き合いをよろしくお願いします


(キャスト紹介)

エンクラ忍者
ソバタ・トラバース

画像1



トレジャーハンター
スケさん

画像1




元気

0065_large (2)




翼&太陽

0088_large



リハビリ中毒
マチコ

0029_large



花崗岩女子部&薪割り部
ノンちゃん

0053_large (2)



ともちん

0028_large (2)



ヒロミちゃん

0118_large (2)



お触りしまくり
ノムさん

0035_large (2)



オーガニックハンター
SENOOさん

0091_large



寝不足ハンター
ノリオ

0075_large



ガヤハンター
401

0093_large




このようなお馴染みのキャストでお送りします


(おことわり)
今回は最初から最後まで皆さんバラバラだったので登れた登れないは全部確認出来てません
なので、
ノンフィクションのはずですが、所々フィクションになってるかも…
…細かい話は本人達に聞いて下さい。


それから豊田といえばマクロビレッジ
大人も子供もスラックラインや昼夜を問わない焚火で大はしゃぎ

0066_large (2)

0046_large (2)

0100_large

0044_large

0059_large (2)


即席バンドも結成

0051_large (2)
0049_large (2)



今回もキヨミさんには大変お世話になりました。

昼間のシシ汁や餅ピザから晩のコニャックまで、とても美味しかったです

豊田を訪れる際はマクロビレッジに是非どうぞ!

0058_large (2)
0040_large (2)


たったこれだけの序章を書くだけで疲れましたが、
次回からはクライミング記事を書きますのでお楽しみに


では次回「大給エリア編」に乞うご期待



このページのトップヘ