Rocks at the control

カテゴリ: 深山公園

どもども、ノリオです


シーズンとはいえ、やはり限界グレード、シビアな課題は気温や湿度にかなり影響される花崗岩。
そんなことを改めて痛感させられた今日


スマホ壊れてるし、カメラを持ち出すのも忘れてしまったので、
過去の画像を貼り付けてますが・・・

今週もいってみましょー 

 


寒気抜け、今日じゃない感ありつつも単身深山へ


入山可能との噂聞き、いつものイノシシ避けの柵まで
確かにバンセンで閉められていた箇所紐に代わっていて、なんなら解けて開いてる
どうやら遊歩道の草刈りしている様子。
※入山の際にはキチンと紐で柵を閉じてくださいね。



アプローチを進むと草刈り機転がっているものの作業員見当たらぬ。
スルーして先へ。

上着が要らないくらいの気温
空は曇り空

やはり今日じゃない感漂う


お目当の『アレジィ』に到着。
土日に撃ったであろうチョーク跡が残る。

久々のアレジィ。
広範囲に白くなり過ぎて自分のホールド発見できず。
まあ登りながら手探りで、と準備してトライ開始



・・・?



全てのホールドがツルツルする
ブラッシングしても。

とりあえずムーブ思い出そうとトライ
・・・保持感無い。

どんどん滑り始める
湿っぽい空気。

085a18cc
トライ重ねるもまるでダメ

フリクション皆無。


やはり昨日来ればよかったな・・・



アレジィ諦め、そうだ『ハヌマーン』でもお触りしておこうと思い立ち移動

こいつも久々。

6d6fb10a
シーズン迎えるごとにランディング流れて無くなっていく


まあ、こいつも感じ思い出す為に少しお触りをといった具合

ちょっと雨がパラつく。



すっぽ抜けそうになりながらムーブ起こし、
少しずつ思い出す。
・・・すげーパワフルでしんどい

12778802_470929756440572_9054581753805071385_o


なんとか以前の高度辺りまでいくも、
やはりフリクション皆無でそれを補おうと力み過ぎてしんどい


今日はこれくらいにしとこ。



なんだか疲れました。




次回は気温低めで乾燥しているときに来よう。





ホント、今日は散々でした。



まっ、強ければ登れるんだろうけど



頑張らなきゃ

どうも・・・ノリオです

ちょっと気合入れて挑もうとスイッチ入れていたのに、
トライすら叶わずしょげてます


さて、とりあえずー



先日の手法で(やっつけ?)ブログ更新しちゃいます



昨日一日はレストに費やし、
今日は久々に本気トライ目的で深山に行く予定が・・・


まっ、深山には行ったのだけど、
イノシシ多発という理由で遊歩道完全封鎖され、
入ろうと思えば柵越えて入れる(自己責任。)のだが後から来るメンバーのこと考えて断念。



アレジィ・・・ 触りたかった(T_T)



で、予定変更の連絡入れて王子へ。




瀬戸内海キラキラ輝く快晴。
風は冷たいが陽の光暖かく、


余計に深山残念に思いながら他のメンバーの到着を待つ。



しばらくすると皆到着。



久々花崗岩ボルダーのK太くんISH井さん、
それと外ボルダー初のH岡さん。



本気トライ諦めエンクラモードに切り替え、
お初のH岡さんを接待せったい。



とりあえず王子の洗礼を受けていただきましょうか。

IMG_1598

の、グリコ岩。

IMG_1599


IMG_1600

IMG_1602

左右のスラブ、ムーンライトエプロンをサクッと登ったので、
まさか・・・と思いつつグリコをやってもらう。

IMG_1603


ふふふ やっぱり登れないよねー

花崗岩、ナメンナヨ!


へへへ



・・・とかやってたらISH井さんもなぜか登れない。

IMG_1606



そこから近くのナテハ。


まだ危ないかなーと思いつつも、
お触りしていただく。

IMG_1610

IMG_1611



やっぱり落ちかた危なっかしく、
捻挫すんなよー 人の話聞けよー あーだこーだ。


で、H岡さんは仕方ないとして、
これまたISH井さんも登れない。



どしちゃったの?



お次は完登してもらいたいセイタカアワダチソウへ。

IMG_1613



まぁ、左に少し逃げるのもありだよと
これは見事完登。



でちょっと特殊な課題?やさしいカンテ。

IMG_1615

IMG_1617

合間にゴードンカンテで遊んで、

そこからエイトマン、安藤くんカンテへ。



H岡さん、エイトマン登れるかなー

IMG_1619


あーだこーだあーだといろんなやり方提案したり見せてみたり、
そしたら見事完登。


安藤くんもやってもらったけど、
さすがにこちらは無理。

IMG_1621

IMG_1622

初花崗岩で指皮無くなっちゃって、

指が痛い痛い。


へへ ざまぁ見ろ へへほ



しかし終始喜々として登りっぱなし。
・・・恐ろしい。




なんなら一番食いついた課題がヤスイスラブ。

「頼むから、まだトライしないで!」となだめ、

なんとかやめさせる。


危ない・・・



辺り暗くなってきたのでH岡さんわっしょいボルダリングも終了。

IMG_1623



今年も残すところ僅か。



アレジ触りたい。



とりあえず明日から仕事頑張ります

 

どうも、ノリオです


年明けて、このところ日曜などにお休みをいただけるようになったので、

コソコソ登りに行けております



地元にある、以前から気になっていた課題『アレジ 二段』。




12496270_966601070100975_6660191649997059219_o

12592744_971752586252490_7289122206818747920_n
もっか夢中になってトライしている訳でして


1622758_965401750220907_8337507482983244841_n

スケさんと来てみたり、


12540529_971801149580967_8139925416150583494_n
401と来てみたり、



IMG_4094-1
単身突っ込んでみたりしております


前回、そこからが核心と言われるリップを押さえるところまでいけ、

もう頭の中が『アレジ』でいっぱいになってしまって



本当なら王子辺りでエンクラするはずが計画が頓挫。


で、中1日での単身トライに向かったのでした



いやぁ、寒い。


 

10年に一度の寒波ということで、

全国的にはヤバいみたいですが、ここは岡山。


やはり寒さだけで雪などの影響無く・・・



さて、

結果は・・・


13:30、本日のトライは諸事情により終了。


嗚呼、今日もダメだった・・・
前回の最高到達点まで行ける確率は格段に上がったのだけど。


本日2トライ目、上部からのフォールですってんころりんし、

咄嗟に突いた右腕が気が付けば動かない。


あらら、やっちゃった?



で、じわじわ痛みが湧いてきて鈍痛に変わる




しかし、徐々に指先から感覚戻ってきて動くようになるが、
益々痛み増し30分ほどうずくまって呻く



まっ、呻いていても始まらないのでトライ再開。
なんとか力が戻ってきた



3トライ目。




リップ押さえ更に奥へと押し込むも右手の痛みと力が入らないのとで押さえつけられない
フウフウ荒い呼吸しながらしぶとく粘るも力尽きフォール


右腕の痛み益々増して。
30分ほど呻く。



そんなトライ続けていたら時間がきてしまい終了。



無念



せめてもう少し右腕に力が入ればなんとかなっていたかもしれない。
と思えるトライもあって・・・



まあ、フォールをコントロールしきれなかったのが敗因。
精進します



『アレジ』・・・いまの僕には明らかに限界グレード。



あのリップ押さえてからのギリッギリ感が堪りませんね

いままでこんなに悪い上部を経験したことがない。



ワクワクしますね



右腕治して、次回こそは



IMG_1509
・・・とヤッつけ感、半端ないですが、


近頃の様子をと。



嗚呼、次の休みが待ち遠しいぜぇ



それでは、また

こんにちは!

401です。

今週は、土日にかけて玉野スポーツセンターで開催された「競技間交流事業」に、
指導者として委員長・オーナー・401、選手でレツとハルの5名で参加してきました。

県体協主催で8競技団体が一同に会し、
医・科学サポートやクロス・コオーディネーショントレーニングなどに取り組む内容でした。

もちろん現役選手として参加したレツとハルも真剣に取り組んでいましたが、
他競技の団体とは一線を画す山岳としては、
指導員も前ノリで体力テストや各種トレーニングに参加
各自スキルアップに繋げるために必死

また、クロストレーニングでは約70名の他競技選手がクライミングに挑戦

image


選手達の評判は上々でした

ベースとなる身体の使い方やトレーニングはクライミングにフィードバック出来るモノばかり
今回得たモノは水曜日の委員長スクールから徐々に取り入れていかれると思います

さて、強くなるための情報と理論を手に入れた我々に残されたのは、
実践での結果あるのみ

事業終了後、
すぐさま2日間の成果を出すべくスポーツセンターの目の前にある「深山公園」に

もちろんこうなることは予想済み
いつでも登れるように準備はOK
2日間しっかりアップをした成果を上げるべく意気揚々とエリアに向かう


しかし、トレーニング疲労&慣れないストレッチ&アプローチの急登で全員下半身をKOされる
まず2日間を真面目に過ごした成果は確認した

しかし、そんな事は言っていられず、
まったりどんより上部ヌルヌルの中トライ開始

image


image



iPhoneのメモリー切れで画像はここまでしかありませんが、
止めなく「1級」と「アレジ」を5人で撃ちまくる

だがやはり2日間もかけた念入り過ぎるUPに、各々ヒール足の痙攣祭りと足ヨレでスタンスを踏み外しまくる

委員長帰宅後、
最後は1級に照準を合わせ、
皆で果敢に攻めたてるが指先ヌルヌル祭りで上部しまくる。

そんな悲惨な状況の中でも、
体力テストでは散々だったレツは乳首を、体力テストで10代が判明したオーナーは前腕インサイドを岩に献上しながら完登目前まで到達
しかしリピートで終了

全く成果無し
いや逆に2日間のトレーニングは身体に効果あり


今シーズンの深山開幕戦には惨敗したが、
これからがこのエリアの本番なので、
「アレジ」完登を目標に学んだ事を生かしてトレーニングに励みたいと思います


それではまた次回

はわわわぁ〜、、、眠いですねぇ、、、ノリオです



なぜ眠いかというと、春だからです

暁をなんたらってやつです



さてと・・・







そうそう、土曜日の話


天気予報で日中の最高気温が17℃てなっているにもかかわらず、
401が深山公園の様子を窺いに行くというので同行することに


ここ数年、王子が岳など玉野周辺ではイノシシが多発していて危険だということで、
深山公園は登山道を封鎖していたのですが、
どうやら『自己責任でどうぞ。』というスタンスに変わったということ。

でも、もう花崗岩は・・・


駐車場で岩ソM富と待ち合わせ


案の定、太陽煌々と頭上から照り差しすでに暑い



とりあえずー 『カチランド 二段』『ワームホール 1級』って課題のある岩に行こう、と。
3人とも場所を知りません。

口頭での伝承とメールでのざっくりとした説明をもとに捜索開始



確かに、比較的新しいイノシシ除けの柵が設置されていました。
目立たない扉?を見付け、さあ一歩自己責任ワールドへ


・・・てか、普通にハイカーさん歩いてるし


こんなことならもっと早く、寒い時期に来てればよかったなぁ

獣臭、辺り一帯に漂ってます



あっ、肝心なお目当ての岩ですが、
岩ソムリエのM富さんが一緒に居て見付けられないはずがない。

IMG_9061
即座に発見

・・・しかしこの羊歯地獄


IMG_9062
最近は触られていないので、岩も掃除が必要か

・・・しかし、暑い



IMG_9066
岩に触りたくて触りたくてしかたない岩ソムは、
いの一番に『ワームホール 1級』にトライ開始

風化が進んでホールドがパラパラ剥がれますね


IMG_9069
日曜の予定もあるので今日は指皮温存だと決めていた僕も、
やっぱり目の前に岩が在るとね、つい

岩ソムは『カチランド 二段』のスタートの確認


IMG_9075
この日、一番惜しいところまでいった401

IMG_9085
けっきょくみんな仲良く敗退しちゃいました

だってスローパーがヌメるんだもの


『カチ〜』は“いまじゃない!”ってことで触らず



なんか・・・指皮、持ってかれちまった




さて、お次ぎは401が『アレジ 二段』触りたいっていうので、




・・・『アレジ』


それって、この谷を挟んだ向かいの山の上じゃないの




・・・・・・ ・・・・・・
IMG_9086
はい、久々のご対面

まさか、この課題を触る日がくるなんて。
しかもこんなに暑い日に

左の岩が『逢魔?おうま 三段』



IMG_9088
あれ?! 日陰になって岩も案外冷えてパリッとしていますよ


IMG_9089
この岩の上からの眺望

辺り一面、海に向かって岩がゴロゴロしています。

IMG_9090
その気になれば一大エリアになるだけの資源はあるんだけどなぁ・・・

IMG_9091


さあ、トライ開始だ

IMG_9093
こういう挟み込み系が大好物な401はヤル気満々

中間部までは安定の登り

IMG_9101
3人のなかで一番この課題に触らなさそうなM富が、
結局はこの日の最高高度を叩き出したり


IMG_9105
もはや明日のトライのことなどお構いなしで打ち続ける僕は全身バッキバキ


まだ核心部にまで到達出来ていないのでしょうが、
徐々に可能性を感じ始めてくるから不思議


・・・が、いまじゃない。



来シーズンは『アレジ 二段』も視野に入れて頑張ろうかなと。



ただ3人の感想は、

「こいつを登る為に自分に必要なものがなんなのかが分からない



・・・


やっぱり山間部の花崗岩の方が好きだなとは思いつつも、
岡山に生まれたからには避けては通れない瀬戸内海沿いの花崗岩。


マジ、痛い


けど、楽しい



やるしかないね




深山、また来シーズンまでしばしのお別れだ






あっ、あたたかくなると岩場に増える蚋。

IMG_9036
誰とはいいませんが、こうなっちゃうから皆さん気を付けて下さいね

このページのトップヘ