Rocks at the control

カテゴリ: 深山公園

どうも、ご無沙汰しております、ノリオです

春の訪れとともに休止状態になる当ブログ。

10月に入り、秋の気配辺りに漂いはじめるはずが、
台風の影響で暑い暑い


もうね、涼しくなるの待ってたらこのまま11月、12月ってなっちゃいそうなので、
そろそろ、てかこの週末からナイト始めちゃいます

王子で指皮作って、シーズンには開拓エリアと深山公園でボルダリング三昧
354c223b のコピー



てな予定。



あっ、そうそう! 深山公園なのですが、
実はいままで公開されていないエリアだったのですが、
玉野市のご協力のもと、来月晴れてオープンなエリアになります やったぜ



これで大手を振って岩登りに興じることができるー


深山で初めて登ったのが・・・ブログを読み返してみると2013年1月
もう6〜7年前になるのか。


まだまだ課題は多くはないけど、瀬戸内、とくに王子が岳を代表とする玉野周辺の岩独特の、
荒い結晶のクライミングを楽しめる良質なエリアです。
岩資源も豊富なので、これからまだまだ課題は増えていくでしょうねー


比較的、敬遠されがちなこの手の岩場ですが、
このジリジリとした緊張感高めのクライミングもはまれば中毒性強いので、
ぜひこの冬は玉野のボルダーエリアに足を運んでみてください。


さてさて、そんな深山公園ボルダーエリアなのですが、
11月3日(日)に公開イベントが開催されるようですよー


それがこの、

瀬戸内JAM2019

『瀬戸内JAM'19』


なんとゲストに、あの平山ユージさんや杉本怜くんの他、いろいろ豪華なメンツが集合するみたい!

詳細は瀬戸内JAM'19公式ホームページで確認できますよー
イベント申し込みもすでに始まってるみたいなんで、
気になったらいますぐチェック https://setouchi-jam.machibito.co 


翌日には小豆島でのイベント。23日には『壁ドン!』(?)コラボレーションイベントとして、
大場美和さんや伊東秀和さん、ノブやダイダイと一緒に王子が岳で登るイベントが開催されます。

なんだか11月は大忙し。。。



もうこれに便乗して、"裏王子"や"もはや王子ではない" エリアの情報も漏らしちゃおうかしら・・・
まだグレーゾーンだけども。

IMG_6929

IMG_5009

IMG_4623-1

IMG_4346

嗚呼、早く寒くならないかなー シーズンがやってくるぜー!


IMG_2306

11480B6D-4D5C-4FCD-818E-71F02D4FF2DB

準備も万端だし、この週末は王子にナイトしに出掛けるかな



Rocks at the control

今シーズンもぼちぼちやってきますので、



よろしくお願いします 

どうも、ご無沙汰しておりますノリオです

2月の末から雨や気温の上昇で、この辺りの花崗岩シーズンが終わってしまい、
3月は数度"もはや"でスラブのプロジェクトに打ち込んだものの敗退。

なんだか気分も沈んでしまっていました。

FullSizeRender-6

この日の前日も、一人"もはや"に入りプロジェクトに跳ね返され気分最悪。
なんだか嫌な感じが残ったまま。

帰りに立ち寄ったジムでガッキーさんと深山の岩の話になり、明日見に行くという。
朝目覚めて、まだ前日の嫌な感じ残ったままなので悩んだけどガッキーさんに連絡。

急遽参戦させてもらうことにしました。


のんびり昼頃に駐車場に到着。
なんだか雲が出てきたなと思っていたら雨


IMG_7935
・・・結構降るな。


辺りが濡れていくのをガッキーさんが到着までの間眺める。
まっ、なんとかなるかの心境。


ほどなくガッキーさんが到着したので、早速準備していつものアプローチを進み、
稜線に出る頃には空は快晴

強風が吹いていたこともあり、すでに岩は乾きはじめてるし



IMG_7937

目的の岩までの途中、登山道沿いにある昔の課題がある岩に立ち寄る。
僕は初めて。

両脇に2級くらいのラインがあるとのことなので、ここでアップすることに。


右側の簡単そうに見えるラインから。
取り付くものの、深山特有のジャリジャリに阻まれ突っ込めず一旦仕切り直し。

ガッキーさんはサラッと両脇を登って、
その間のフェイスが登れそうだったのでトライしてそのまま初登?


僕も右を終わらせて左へ、こちらもジャリジャリに阻まれハマる。

IMG_7936
これ左のライン。

ボディーフリクション使いなんとか完登して、さきほどガッキーさんが登ったセンターを触る。
・・・がうまく立ち込めない。

地味に悪い。

シューズを変えてみたらグイッと立てたので慎重にこなしなんとか完登。
スミマセン、ちょっと時間掛け過ぎちゃいました

グレードは、右が3級。左、2級。センターは、1〜2級ってところか。



グレード云々より、久々の完登が嬉しい。
近頃プロジェクトばかりで散々だったからなー


それでは気になっていた岩へ行ってみますか


IMG_7938
登山道から外れると藪漕ぎ・・・

FullSizeRender-5
しかも所々滑り台みたいに・・・


で、件の岩に着いてみると簡単そうな感じで、
左右に岩がありガッキーさんが「どっち登りたい?」て聞くので「じゃあ、右で」と。

足元はシダだらけでランディング見えない。
岩もやっぱりジャリジャリしてるし・・・

離陸に何度か失敗してから上部に突入。
ん? ちょっとフットが乏しいしジャリジャリ。

ビビって仕切り直し、次で完登。 4級くらい。
肝っ玉の小さい僕には、なかなか一回で突っ込む勇気がないんです

ホント、メンタル弱い。



IMG_7939
ガッキーさんが登った左側の岩も4級くらいとのこと。
どちらも花崗岩に慣れていない人は嫌な感じかも。

さて、少し下に大きな岩が見えるので行ってみようと降りてみると、、、


IMG_7948
おおー! 5〜6本はラインが引けそうないい岩


IMG_7941
センターから左寄りはなかなか悪そう・・・ 右は簡単そう。

どこから触ろうかー、真ん中のスラブにすっかーってことで、
セッション開始

FullSizeRender-3
おっ、おっ、思ったより悪い

中間部から上部に突っ込みかけたガッキーさんが突然フォール
どうやら右手で保持していた結晶が飛んだみたいです

ひゃー



IMG_7945
おっ、トレードマークのモカシム


で、僕は途中の苦手な正対をやめアウトサイドのスメアに変えて中間部を攻略。
そのまま上部へ・・・

あっ、、、上部のこと何も考えてなかった って、ハイステップの立ち込み最中に思い出し、
無計画に立ち切り辺りを見渡す。

うむうむ、ヤバい。フットが見当たらない。ラインも読めない。
けどノーマットだしランディング二段になってるし落ちられない。
 
足先の感覚で極小結晶捕まえて立ち込む、周りを確認する。
怖くて久々にスイッチオン。本気。

嗚呼、なんだかあそこ持てるんじゃないかと見付けた形状に立ち込みながら手を伸ばすと・・・
ホールドでした 


で、そのまま初登いただきましたー 嗚呼、怖かった


その後すぐにガッキーさんも完登。 

グレードは・・・よく分かりません。必死すぎて。
いちおう初段ってことにしておきますが、たぶん1級+くらい。

でも、スリリングでなかなかいいスラブです。


そこから左側もトライ開始。
僕は左カンテから。ガッキーさんはフェイス。


FullSizeRender-2
ガッキーさんのプロジェクト、ムーブがなかなかいい感じですねー

僕の左カンテは、フットが乏しく、ホールドもいまいち繋がってない・・・
いろいろ試したけど、僕には無理そうだったのでガッキーさんの方をお触り

・・・あら、やだ、悪い てか痛い。


けっきょくあーだこーだやってるうちに、2人とも流血して打ち止め
気付けば風もかなり冷たくなってきて


嗚呼、本当にもうシーズンが終わるねーなんて話しながら片付け。


IMG_7949
来た藪の中をガサガサ戻り、

IMG_7954
いつもの登山道に。


FullSizeRender-4
綺麗な景色。



そうそう、まだ詳細は発表されていませんが、
今年の秋頃に深山公園ボルダーエリア公開に向け玉野市と話を進めているようです。


このまま話がうまく纏まり公開できるといいですね。



さて、近頃散々で凹んでいた訳ですが、登る環境を変えたり、
ガッキーさんと一緒に登ったりと刺激を与えることで少しスッキリしました。

好きでやっている岩登りだけど、ときに嫌な気分に支配されることもあるのが事実。


シーズンの終わりにいい岩登りができました。




Rocks at the control

2018年の秋頃から復活しましたが、また来シーズンまで活動休止に入ると思います。
GWくらいまではちょこちょこ記事が更新されるかもしれませんが、どうだろう・・・


毎度毎度のダラダラとした記事に今シーズンも付き合っていただきありがとうございましたー


また思い出したときにでも覗いてやってください。



それでは、また

どうも、ノリオです

なんだか急に春めいてきました。
暖かい。


毎年この時期になると焦ってきてしまいます。

花崗岩シーズンが終わっちゃう 



今シーズンも何の成果もなく終わってしまいそうです。
なさけない・・・



さて、日曜日。


天気予報では午後から雨っぽい感じでしたが、
スケさんに誘われて深山公園に行ってきましたー


午後はトモチンTimeということで王子が岳に転戦っていう予定。


朝から曇り空が広がっております



IMG_2155
深山に到着してみると風も強く寒い


湿度は高いはずなのですが、
風が強く気温が低いからかフリクションはマズマズ



IMG_2156
とりあえず向かった先は山頂
左が「オウマ」、右が「アレジィ」



IMG_2157
のんびり準備しているとスケさんが「オウマ」のトライを開始

僕は次の日も登る予定だったので、
何となく「アレジィ」を触っておくかーってな感じで取り付いてみる。

すると思いがけず1便目からリップの立ち込みのパートまで行ってしまう
・・・あれれ、まだ身体動きませんよー、力入りませんよー

ふんっ

だはー



身体が強張って立ち込み失敗


わはー 指痛ぇー


指の感覚がまだ無いよー



気を取り直して2便目。

さっき岩の状態良いかもって思ったのに、
肝心のところでスゲー滑って飛び降りてしまう


嗚呼、クソー 何でだー


なんて考えながらダラダラしていたら残り時間も減ってきたので、
帰り道にある宿題の「無我」の岩に寄ってもらうことに。

アレジィ、2便しか出してない・・・


「無我」に関しては前回いい感じだったから、
岩の状態良かったら直ぐに登れるだろうと。


さっそく準備して取り付くと、
前回滑っていた箇所がめちゃ止まる。

で、そのまま完登


本日1便目で登れました。



・・・けど、「アレジィ」から逃げた感が強く複雑



気を取り直して、ガッキーさんのプロジェクトだったものをDKが初登したという、
『無我夢中』を触ってみますかー



IMG_2159
うっ スタートがハイステップだぜ


IMG_2162
リップまではスルスルと到達できるのだけれども・・・

何じゃコリャー



IMG_2164
これ・・・ヤバイっすよ。 マントル返せるのかな・・・()


IMG_2168
果敢にトライ続けるも、


IMG_2171
リップをペシペシ、ペシペシ


IMG_2175
それでもちょっとずつ要領を得てきて何とかリップにヒールを掛けるところまでは。

そこからマントル、突っ込んでやるぁーって動いた瞬間にフォール



あはは 返せる気がしない。


・・・でも、楽しい


これは今度、じっくり向き合って微調整しながら打ち込みたいですね。


と、そろそろ時間だ



転戦、転戦



王子の駐車場に到着してみると、本日も車が一杯。
ひと昔前は冬の王子が岳はガラガラだったなのに・・・


と、その中に石ちゃんたちの車を発見したので探してみると・・・

IMG_2177
居た居た

サッチャンが「安藤くんのカンテ」で惜しいトライをしているところ。


テツさん家族も合流して、
女性陣のセッションが始まりました


IMG_2181
産後のリハビリクライミングのトモチン、少しずつ感じ戻ってるのかなー
(ご子息はカメラ目線)


IMG_2182
サッチャンも前よりも高度が上がり、めちゃくちゃ惜しいトライが続きます
(・・・カメラ目線)

IMG_2184
そんな中、ユキさんがリップに到達して、、、、
危なげな所作で、、、何とか完登


しかし、登れたのに男性陣からあーだこーだ難癖付けられ、
すぐさま再登させられるはめに


厳しいですね、みなさん。


それでもちゃんと熟して再登するユキさんは偉い
いい登りが見れましたー


僕はというと、寝そべって居眠りしたり、
安藤くんやエイトマンを登ってみたりーと終始ダラダラ

ちと寒い




てな感じで過ごしていたら、
天気予報通り3時頃から雨がパラついてきたので本日の岩登りは終了



IMG_2186
やっぱり天気予報って当たるんだなぁ・・・



IMG_2187
駐車場に到着すると雨もけっこう降ってきました


しかしー、こんな天気にも関わらずこの日も王子が岳にはたくさんのクライマーが来てましたねー
散歩してる人も多かったし、模型の飛行機を飛ばしてるグループも居たり、
大賑わい


クライマー以外の人たちが増えることで、
この先トラブルなど起きないよう気をつけなければいけませんね。

これからもここで岩登りを楽しんでいけるように。



さて、気温が上がってくる季節になってきて、
どこまでしぶとく花崗岩を触れるか。


もう少し寒気戻ってこないかなー



ぜんぜん登り足りないよー


では、また 
 

どうも、ノリオです



・・・と元気に始めたいところなのですが、
本日の自分の不甲斐なさに凹んでおります

まあ、日頃からチャラチャラ登ってばかりだから強くはならないとしても、
ちょっと弱くなってきちゃってる感が否めませんね



もうちょっとは頑張らないと。




さて、今回向かった先は深山公園



平日ということもあり、今回も単独で突っ込んできましたー



IMG_1980
天気はそこそこ。
やっぱり時折雪が舞ってきます。

天気予報では午後は少し気温が上がるとのことだけど・・・
風が強くて寒い


IMG_1981
本日のお目当は『アレジィ』
・・・いつまでやってんの感は否めませんが


岩の状態はいい感じ


早速トライ開始
前回があまりにも不甲斐ない結果だったので、今日こそは!と。


ムーブを確認しながら数トライで上部へ。
リップ叩きに立ち込むも左足が引っかかって高さが出ない。
持ちたい窪みまで届かない

それでも粘ってモゾモゾするも力尽きてフォール


だはー

IMG_1982
・・・寒い。
風が強い日はダメだなぁ

じっとしているとどんどん体温を持っていかれちゃう


IMG_1983
予報通り空も晴れて気温も上がってきたけど・・・
その頃には抱え込む筋力も気力もヨレて


結局いいトライ出来ずに心が折れちゃった。



ハヌマーンに転戦しようかと思ったけど、
下部のあのパワフルなパートを熟る気もせず断念。


それなら帰り道ってこともあり、


IMG_1985
『無我』へ お久しぶりです。

過去、そんなにしっかりとトライした記憶も無く、
放ってあった課題。



IMG_1986
リップの確認をしに岩の上へ。

天気いいですね
ここは日陰で寒いけど。


1トライ目から最高高度に達し、
あまり持てていない左手リップから右手を・・・

だはー つってスッテンコロリ



ランディング斜めだわ泥濘んでるわで惨事。


スパイシーなフォールだこと。


何度も同じことの繰り返し。
もうちょっとでいいとこに手が届きそうなのに


よっしゃー! やったるぜぃ



とりゃー



ぐはー


だはー


ふっとんで着地



足が滑って股裂き状態。



ひゃー ケツのアーナーから真っ二つになるかと思ったぜ
括約筋痛ぇ


クソッ 次こそはー!



ってイキり立って、ふと右手を見てみると・・・



IMG_1987
パックリ裂けてーらー

はぁ・・・



敗退・・・か。


寒いなか単身頑張ってみたものの惨敗。
正直、凹む。

以前みたいにガッツリ花崗岩登るって機会も減って、
なんだか弱ってるな




IMG_1989
この歳になると指皮の回復も傷の治りも著しく遅くなって。。。

次の週末までには何が何でも治しておかないと!



無我の隣、自我もやりたいし、
その隣に出来た新しい課題「無我夢中」もやりたい。

アレジィはちょっと置いといて、
次回は無我をチャチャッと終わらせてそっちに打ち込むかな


惨敗で凹んだけど、
久々に指先ボロボロになるまで花崗岩触れたのでよしとしますか



花崗岩のハイシーズンも残すところ後僅か。




気持ち上げていこー

どもども、ノリオです

とってもヌルい休日から明けてみれば
東の方では大変なことになっておりますね。

この寒さ、次のお休みまで続いてくれるかしら・・・


さて、そんなヌルい休日のお話





お休みだから岩登り行かないと!な強迫観念から単身岩場へ
すでになんとなく気分が重い。

行きの車中で音楽でもと置いてあった嫁様のCD、
『KEITH JARRETT / CHARLIE HADEN JASMINE』
IMG_1762

キース・ジャレットに耳がいきがちだけど、
ヘイデンの重低音ヤバイ

・・・でも、さすがECM。
テンションが上がる内容ではない。 まったりしちゃう


予報で知ってはいたが、深山に付いてみると気温高め
そして驚くほどの車の台数。 人、人、人。


やや滅入る (この時、すでに気持ちが負けていたのかもしれない・・・)

IMG_1763

さてと、荷物背負ってアプローチを進む
汗がじんわりと。
先週の嫌な感じ再び。

お目当の『アレジィ』到着。
岩の状態は・・・先週よりは・・・な具合。

IMG_1768
とりあえず登る準備して休憩

岩を眺めながらイメトレ。
ムーブを頭の中で何度も確認。

IMG_1770
さー、やってやるかー!
・・・いまいち気の無いヤル気モードに無理にもっていく


一便目。

全てのパートが不安だらけのままリップへの立ち込みパートの手前、
左足結晶踏んで右足ヒール、
右手一つ送って、 送って、送っ、おく、、、

え? あれっ? どこ?

目でも手でも発見できず辺りは探りまくる
僕の記憶していた持て感がどこにも見当たらない

え? エ? 江?

ぱーーーん

ずでん ごろん ざーーー

うひゃ、いきなり土まみれ。

動揺してたら左足の結晶踏み外し吹っ飛んで。

IMG_1772
・・・いきなり掌から血が。

・・・

その後も数トライするも全てのパートの不安感払拭できず、
どうにもならない

こうなると岩の状態云々より気持ちの問題な気がする。

「よし、こんな状態でトライしても怪我するだけだ。
 『ハヌマーン』触っとこ。」

ちゃちゃっとその場を片付けて移動。

IMG_1775
暖かい。 見渡す玉野〜瀬戸内海の景色ガスってる。
・・・今日じゃない感。

IMG_1774
ハヌマーン到着し、荷物を置く。


そういえば最近この近くの岩を初登したってガッキーさんが言ってたの思い出し
聞いた場所までお散歩。

・・・この岩か。 2級って言ってたっけ?

IMG_1776
IMG_1777
確かにホールドっぽいの結構確認できるけど・・・
高さは6〜7mってとこか。

リスキー

うむ。今日じゃない。これこそ。

見なかったことにしてハヌマーンに戻る

IMG_1778
IMG_1779
IMG_1781



IMG_1782
よし。一便目。

以前の最高到達点まで到達するものの、
スゲー身体がキツい

ぬはー どすん ずざささー

土まみれ。


あかん 重い。 身体も気分も



・・・もう今日はやめとこ。

どうやら接触不良みたいです。

僕のやる気スイッチ

散々。



・・・帰る


帰りの車中。
気晴らしに王子でも行って登るかと思い直し、
のんびりと向かう

到着してみると、
・・・駐車場、いっぱい。

・・・?

まさかクライマーじゃないよね?

冬に王子にクライマー以外の人たちってほとんど居ないはずだけど?

暖かいから



まあいいや、とグリコのところに行ってみると世界のF谷さんと遭遇
あら、珍しい

聞けばついさっき来たみたいで。
他にクライマーの影無し。


誰か居るだろうと人気課題を何箇所か覗いてみるも人影無し
※ただしチョーク跡はある。土曜日の?



(・・・あかん、長くなりそうなので、ここからはダッシュするぜぃ)


とりあえずセイタカアワダチソウするも岩ぬるく、敗退寸前で登る。

IMG_1785
ゴードンは完敗。

IMG_1789
そこへスケさん家族とテツさん家族登場。
ベイビーベイビー。

IMG_1790
IMG_1793
ご婦人方もセイタカ〜触る。


僕はミヤゾノも敗退。 あらやだ、なにこれ。

不調。 スランプ。 メンタルの。


IMG_1796
日が沈み始めたのでご家族方は家路。
僕は世界のF谷くんとエイトマンへ。

ここの岩は冷えてる。
状態はあまりだけど冷たい。

IMG_1798
IMG_1799
エイトマン、安藤くんカンテはサクッと。
せめてもの、な感。

世界のF谷くんもそろそろ帰るというので、
別れて僕はグリコでも登ってから帰宅をと。

IMG_1800
IMG_1801
少しボーッと放心して、

そうだ有名エリアの有名課題みたいに動画撮ってみようとカメラを設置。

慣れないせいかカメラ気になる。
ハズい。

そしてなんの感情も無い淡々とした動画に。

てか、カメラ古過ぎてビスタサイズじゃないし。



まっ・・・本日はこんな感じ。

散々。 2週連続でね

気持ちが入ってない



来週の日曜辺りに照準合わせて修理しなきゃね、

やる気スイッチの接触不良。



身体、しんど・・・

このページのトップヘ