Rocks at the control

カテゴリ: 深山公園

どうも、ノリオです


もう4月です。
この時期になると急激にモチベーションが下がってしまうのです。
来シーズンまで保つかしら・・・

終わりかけの今シーズン唯一のモチベーションの源、Mt.HGSのプロジェクト。
前日の雨の影響ありで中止になった日曜日。
気温的には申し分なかったのですが、あそこは雨の影響が残りやすい。
ザンネン。


中止が決まった瞬間からもぬけの殻になってしまいそうになるが、
そういえば一週間前にガッキーさんと深山に行く予定が、天気予報目安になんとなく流れてしまっていたこと思い出し、連絡してみると天気が保ちそうなので行くという。
ならばということで同行することに。

ガッキーさんの抱えているプロジェクトや新しい岩を巡る感じ。



そういえば、去年のこの時期にもガッキーさんと深山だった記憶。
『ひそみね』登ったとき。

深山公園ボルダーエリア公開前に、開拓に来たっけなー
もう一年前か。


この日は曇り空。気温は低いかと思ったけど微妙に暖かい。


FullSizeRender-3
エリアに入るとツツジやー

FullSizeRender-2
ミモザが満開。春、満開。

FullSizeRender-16
とりあえず新しいラインのある岩でアップすることに。
2級と初段があるらしい。(画像は2級)

少しばかりランディングが主張してくるライン。
どちらも落ちたくない。が、どちらも上部核心らしい。

ガッキーさんはサラッと(?)2級を登る。
僕もトライしてみたけど、上部の保持感やフットの不明瞭さにビビりクライムダウン。
これ、、、2級?なの?

その後は保持感良くなってきたものの、けっきょく気持ちが負けて敗退。
またこれ。

ナサケナイ。


こんなところで時間を取ってしまっても駄目なので移動することに。


IMG_7846
『令和』の右側面のスラブのP。

そういえば『令和』触ったことなかったので、
僕はそっちをお触り。

うーん、痛い。そして、ムーブ組み立てるのに時間掛かりそう。
これは・・・来シーズンかな。


FullSizeRender-4
ガッキーさんはPを。本日のメインはまた別のPみたいだけど。
なんとも悪そうです。

僕も少し触らせてもらいましたが、結晶が柔肌に食い込んで痛い痛い。
これはしっかり指皮があるときにやるやつだ。

ガッキーさんはあれこれ探ったりするトライを続けるも、
指皮をメインのPの為に残さないといけなので深追いせず終了。
これも来シーズンでしょうね。


さてさて、どんどん移動します。


IMG_7845
メインエリアを通り過ぎさらに奥へ。
迷路のような登山道を進み到着したのは『トウフ岩』。

この岩には4級2本、3級2級各1本、二段(三段?)が1本あるみたい。
二段をみてみたけど、これは悪そう。

『アレディ』と『オウマ』を足したようなラインで、
ガッキーさん曰く、「アレディより悪い。」らしい。
それって、三段ってことじゃないのん?


さて、僕はオススメされた3級をトライ。
出だしと終わりがちょっと嫌な感じだけど面白い内容。
これは一撃。


IMG_7852
で、2級をやってみるとこれが地味に悪い。
フットがチャリチャリってこともあるけど、バランシーでこれまたマントルが微妙に嫌な感じ。

これまたガッキーさんはサラッと登るが、僕はぷちハマりの末の完登。
ホント、弱いね。


IMG_7853
さーて、次だ次ー!


IMG_7856
またまたくねくねと進み、数度の分岐を経て辿り着いたエリア。
ここにお目当のPがあるみたい。

この周辺には6〜3級のラインとPがあると。
と、ここで雨がパラつき始める。 

まあ、岩が濡れるほどではないのでとりあえず3級のカンテ。

FullSizeRender-5
気温も上がって、手が滑りしょうもないフォール二度ほどして完登。
滑り体質恨む。


IMG_7858
で、これがお目当のP。

深山にしては珍しい被った岩。
しばらくガッキーさんのトライを見学。

FullSizeRender-1
ここから、

FullSizeRender-6
バーンって、

FullSizeRender-9
足切れてますやん。

FullSizeRender-12
で、ここからあれこれ。
惜しいトライが続いてます。

これはもしかしてもしかするんじゃない?


しばらく見学してから、僕はオススメの4級のスラブにトライ。
うん、絶妙な傾斜。スメアがビタッと効いてくれます。

FullSizeRender-8
少しばかり上部で戸惑ったけど一撃。まあ、4級のスラブだしね。


FullSizeRender-24
それから隣の3級のスラブもトライ。
そこそこの高さもあり、何もない系のバッチバチのスメア課題。

一度中間部まで行き様子を伺ってクライムダウン。
で、次のトライで一歩一歩スメアのフリクション確かめながら慎重にトップアウト。

いいスラブの練習課題です。
スラブ苦手な人にはもってこいですね。

慎重にやれば落ちないだろうけど、落ちるとちょっとだけヤバイかな。


おっと、僕のトライの合間にガッキーさんは見事プロジェクトを初登したようです。
今シーズンのラストチャンスに決めた感じ。流石です。


ガッキーさん、一仕事終えた感じで満足気。


近くに1級と初段があるらしいので移動することに。



まずは1級の岩。
これは・・・、低いけど細かい絶妙なヤツでしょう・・・今じゃないな。
ってことで、初段の岩へ。

こちらも小粒。だけどかなりピリリとした内容みたい。


依然雨もパラついてるし、時間も時間。
急いで準備してトライ開始。

スタート聞いて始めるも、出だしから悪い。
ああだこうだしているとガッキーさんが途中まで登って見せてくれたものの・・・

FullSizeRender-7
同じムーブを熟せないので無い頭捻って無い知恵振り絞って苦肉の策、

FullSizeRender-17
スタートのサイドカチに手にトーで切り抜け、

FullSizeRender-25
なんとかここは切り抜けたものの、その先が悪かった。
あまいカンテとあまく細かい結晶保持ってギリギリのバランスで足動かして次のホールドへ。
このパートが出来ない。

聞けば更に上部が悪いみたい。・・・そうなの? トホホ


何度も同じところで弾かれてしまい心が折れる。


「いまじゃない。」の便利なようで情けない捨て台詞吐いて今日のところは諦めました。
そう、時間も時間だしね。


はあ、また宿題山積みになっちゃった。
今シーズンは深山に宿題を増やしに来ただけだな・・・
そういえば個人的なプロジェクトも残したまま。

あと二ヶ月くらいシーズンが長ければいいのに。



FullSizeRender-22

こんな感じで今シーズンは幕を閉じようとしています。
満開のツツジとミモザと桜。そう、もう春なんです。


シーズンの残り香も薄れてきてしまいました。
来週が最後になるのかな・・・


Mt.HGSのプロジェクト、締めくくりはそれしかない!



さようなら、花崗岩シーズン。




次回がRocks at the control 2019年度最終回か?





それでは、また 

どうも、ノリオです


雨の土曜日から、日月と暖かな日が続いてなんだか眠いです。
春眠暁を覚えずってところですか?

せっかくの休日2日目はポカポカ陽気のせいで岩場に行く気が薄れてしまい、
まったりのんびりと過ごして終わっちゃいました。


で、1日目、日曜日のお話。


前日の雨が思いの外降り続き、岩場への影響が心配だったけど、
予定通りMt.HGSのスラブのPを触りにスケさんと出掛けました。


山のボルダーだし、クラックも走っているから濡れていないわけがないのだけど、
この目で実際に確認してみないとね!ってことで。



で、到着してみると案の定この有様。

IMG_7091
しっかりと濡れたワレメ。もうビショビショ。

「クソー! マジかー!」とか言いつつも、
最初から分かっていたことだし 笑


来たからには触ってみないと!ってことで、
とりあえず一便だけ出してみましたが、
まあ、離陸後すぐにフォール。当然です。
だってビショビショなんだもの。


「僕、山嫌いなんですよねー やっぱり海が見たいなー」
「ですよねー 海、見にいきましょう!」


急いで車に戻り、一気に南下。



IMG_7093
深山公園に到着。

あれれ? 海を見に来たはずなのに、こっちのエリアからは海が見えませんね・・・残念。



IMG_7056
向かった先は未公開エリアの1級。
さすがに日当たりが良くて岩は乾いてる。ちょっと暖かいけど。

さっそく準備してトライ開始。


乾いてる!と思ったけど、フリクションいまいちでスタートに数便かかっちゃったけど、

FullSizeRender-2

FullSizeRender-3
すぐにスケさんが上部に突入。
あれ!? もう登っちゃうんですかー!?!?

と思ったらフォール。


どうやら何も無い系みたいです。見たまんまの。
それに掃除していないので、薄っすら苔も生えている。


完全にMt.HGSのスラブのPモードの出鼻挫かれちゃったけど、
スイッチ入れ直して僕もトライ。

前回とは違うムーブ採用してみると熟せなかった中間部を抜けられ、
そのまま上部に。


FullSizeRender
あわわ、、、ホントだ、何も無い。
左足のスメアも苔で効いてない。

このまま立ち込みたいのだけどこのスメアは信用できないし、
どうしたものかいなと色々手で叩いてみたり辺り見渡したりとしばらく停滞。

よく見ると左足のすぐ近くに結晶が立っているのが目に入り、
そちらに足を置き直してみる。
これなら立てるかも!

・・・でも、この岩も少し脆い箇所があるので結晶が飛ぶかもしれない。


だぁーーーって声出しながら立ち込んでみた。



正解。

結晶は飛ぶことなく耐えてくれて、無事に完登できました。

手をみると緑色。
乾いている風だけど、やっぱり苔は滑りますね。嫌な感じ。


IMG_7094
スケさんは、あんなに早い段階でスルスルと上部に到達していたのに、
なぜかどハマりしてしまい完登ならず。

移動しますかってことで、次に向かったのは少し離れたところにあるスラブの岩。
すでに登られているようだけど、
いろいろ遊べそうなので触ってみようかなって感じ。


IMG_7079
低いけど、いい傾斜のスラブ。

IMG_7076
とりあえず目をつけた縦皺から直登・左抜け・右抜けのライン。
スケさんは直登を目指します。

IMG_7083
僕は一番簡単そうな左のカンテに逃げて登る左抜けをサクッと(5〜6級?)を終わらせ、
左のカンテ限定ラインを目指します。

僕より身長があれば4〜5級って感じだろうけど、
微妙にリップに手が届き切らないのであまく掛かった左手で精一杯保持って右手でリップを狙った瞬間。

ポロポロって左手の中で岩が崩れてフォール。
マジかー あぶねー

低い岩で良かった。


なんだか嫌な感じなので左抜けはヤメて右抜けにシフト。


スケさんは直登ラインを完登。


IMG_7084
右抜けが案外難しくて、いろいろムーブを組み立てながら徐々にいい感じになってきました。

これまた僕のリーチだとあとちょっとが届かない。
思いっきり右手を伸ばしてもあまい右肩にした届かず移動できない。


FullSizeRender-1
最終手段のデッドかますも、右肩取ったはずみであまい左手が抜けてフォール。
何度か試すが毎度毎度これ。

そうこうしていると日が沈んでしまい本日は終了。
んー、ダメでした。


まあ、今日は宿題を一つ終わらせたのでよしとしますか。


Mt.HGSを濡れ敗退してからの深山公園と移動距離まあまあの転戦となったものの、
なんだかんだ遊び倒せた一日でした。


しかし、ホント、今シーズンは暖冬過ぎて、シーズンインする間も無くシーズンが終わってしまいそうです。


来週末の天気も今のところ雨マーク。トホホ
もう少し寒さが続いてくれて3月いっぱいは花崗岩を触らせてもらいたいものです。


天気が好転してくれることを祈りつつ・・・


それでは、また

どうも、ノリオです
なんだかぐずついた天気が続き、せっかくのお休みの日曜日は雨で岩場に行けず。
暖冬で今シーズンは短そうな花崗岩シーズン。

一日も無駄にしたくないなぁ・・・


で、前日の夜まで雨がふったものの、風も強そうだしすぐに乾くだろうと、
月曜日はまたまた深山公園へ。


先週の宿題の回収しなきゃなー


今回のメンバーは、KEITAくんとDHちゃん、2年ぶり?なボルダーのミミハムさん。
個人的な願望では直ぐさまあの岩に行きたいのだけど、
DHちゃんやミミハムさんにも楽しんでいただかないといけないので、
先週DHちゃんが登れなかった『崖っぷち』側面の4級へ。

IMG_6878
リードで備中には頻繁にいっているけど、ボルダーはまったくのミミハムさん。

IMG_6882
久々の花崗岩だけど、4級はさすがに余裕でゲット。
ひゃっほー

しかし、天気予報で西南西の風8〜9メートルとは知っていたけど、
岩の上に立つと煽られて落ちそうになるくらい風が強い。

この強風のせいで、体感気温もかなり低い。


IMG_6883
先週は取り零したDHちゃんも、今日はサラッと完登。
やったね。

IMG_6886
前回触らなかったKEITAくんも登ってみた。

よし、じゃあ、次行ってみよー!



85199043_215208049520370_1604697466521780224_n
で、到着。この岩。先週に引き続き。


IMG_6892
日は照っているものの、ここも風が強い強い。
足拭きマットとかチョークバッグとか飛ばされちゃう。

ガレ場降ったりして疲れたので少し休憩して、各々課題にトライ開始。


IMG_6887
ミミハムさんはひとまず右側面の6級?をサラッと。

僕は右端の1級を回収しようとアップも無しにトライ開始。
2便目で先週こなせなかった下部をスルスルと抜けて上部へ突入。

あれ、こんな筈じゃない。
もう少し時間かかるはずだったのに。

身体が温まっていないし、岩は冷たいしで手の感覚が無い。
あまり上部のことを考えずに突っ込んでしまったので、
行きつ戻りつ繰り返しその場に停滞。

やばい、感覚無いし腕も張ってきちゃった。


突っ込もうか下ろうか・・・行きつ戻りつ。



・・・よし、とりあえず仕切り直そう。


少しクライムダウンして地面へジャンプ。
うーん、ビビっちゃった?

ナサケナイ



IMG_6896
そうこうしているところで、KEITAくんが左側面の初段を始めたので僕も参戦。
身体温めないと。

DHちゃんとミミハムさんは正面の2級。
出だしに苦戦していたけど、要領つかんで上部まで。

が、やはりリップ触って行きつ戻りつの繰り返し。
そこ怖いよねー

一方、初段にダダはまりした僕とKEITAくん。
KEITAくんは一度マントルの体勢になったものの、返しきれずフォールしちゃった。
その後は上部までも行けないトライが続く・・・

僕は1級を撃てばよかったのだけど、
途中雪混じりの雨がふっらりしてカンテが濡れたりしちゃったのでタイミング逃してそのまま。


少し風が弱まったタイミングでミミハムさんがドローン取り出して飛ばし始める。
が、弱まったとはいえそこそこの風。

直ぐさま変な方向に飛んでいき、目視する間もなく風に流され遭難。
マジか。

GPS付いているから直ぐに見付かるだろうと一人救出へ向かう。


残ったメンバーはトライ続行・・・
しかししばらくしてもミミハムさんが戻ってこないので、
僕たちも捜索(ミミハムさんのね。)に出る。


IMG_6897
3人でローラー作戦。

「もう戻る。」との連絡が入り、もといた場所に戻って待っていると手を切り傷だらけにしたミミハムさんが戻ってきた。

もちろん、手ブラで。


MAP見ながら探したみたいだけど、近付けば遠のき近付けば遠のきを繰り返し、
気付けばかなり向こうの方まで歩かされ、挙句見付けられず。

トホホ


まあ、また後でみんなで探しましょうってことで、
ひとまずボルダリング。

結局各々どうにもならず、ドローン捜索を開始することにしました。


再びMAPで位置情報共有し、保存。
さあ、ローラー作戦だ!


IMG_6900
ここにあるらしい。

捜索開始から程なくして「あったみたいです。」との連絡が。
ちゃんとこのポイントに不時着していたみたいです。

ホント、よかったよかった。


そんなこんなでいい時間になってしまったので、
別のエリアに移動することに。

途中、すぐ上の先週からの宿題となってしまった2級を回収しようと立ち寄りトライ。
一便目から上部に突入。
ここから回り込んで立ってしまえば終わりかなーってところでどうも手が滑る。
下には岩。

・・・

腰チョー付けて出直そうとクライムダウン。


またビビってしまった。



どうも今シーズンはこれが多い。
気持ちが負けちゃってる。

自分のクライミング技術に自信が無い。

ホント、情けないです。


でも、こんなメンタルで突っ込んでもいいことないし、
他のメンバーを待たせちゃってるのでそれも気が引ける。


今度はソロで来なきゃいけないですね。
集中して打ち込みたい課題があるときは。



さて、日没までまだ少し時間があるので、
DHちゃんやミミハムさんが触れる課題があるエリアに向かいました。


IMG_6902
5〜2級くらいの課題でセッション。
ドローン捜索で疲れているからこれくらいがいい。

低いながらも、瀬戸内海のボルダー感満載の課題たち。


IMG_6903

IMG_6905
苦戦しながらも楽しんでくれています。


IMG_6910
最後はバランシーな3級でセッションして終了。

IMG_6911
ボルダーが久々のミミハムさんも楽しかったと言ってくれたので一安心。
まっ、あのままドローンが発見できていなかったらこの言葉は出なかったでしょうけどねー


IMG_6909
今日は風が強くて予想以上に寒く、雪が舞ったりドローンが居なくなったりとハプニングがあったけど、
楽しんでいただけたようでなによりです。


さて、来週のお休みはどちらも天気が良さそう。
だけど、日曜日は仕事になってしまった。

Mt.HGSのプロジェクト触りたかったんだけどなー


どうしよう。



それでは、また

どうも、ノリオです



もう指先から身体から、いたるところが痛い。
連休初日のスラブのPで頑張り過ぎて、2日目は散々。
ナサケナイナー

ってことで、月曜日の記事を。


この日は、ガッキーさんに深山公園の新しい岩を教えてもらったので触りにいってきましたー


本日のメンバーはKEITAくん、DHちゃん、Iさんと僕。
天気も良くて岩の状態も良さそう。

件の岩は、登山道から外れて斜面を下った先。
Google Mapで確認して、この辺りからだろうと道を逸れて・・・

ちょっと間違えて若干のトラバースの末に到着。



IMG_6736

IMG_6737

IMG_6788
これこれ、この岩です。

初段・1級・2級・3級・5〜6級?があるようです。
なかなかの存在感。素敵。

岩探しで少し草臥れたので休憩。


IMG_6739
普段から登山しているIさんはすぐにアップ開始で5〜6級をトライ。
なかなかの高さなので、登りごたえはありそう。

あんなに天気が良かったのに、急に嫌な雲が出てきて時折雨がパラついたり、
強風でグッと寒くなったかと思えばまた太陽がでてポカポカとか。
なんだか安定しない天気となりました。

僕は、アップを終えたIさんと2級のラインを触ることに。
昨日裂けた指先にはテーピング。ちょっと保持感が悪い・・・


84497583_1054661324900228_4151349576806170624_n
出だしから昨今のボルダリング課題っぽい形状のクライミング。
コツを掴めば、後はスルスルとリップまで。

IMG_6741
が、ここからが核心でした。
そういえばここは深山公園。

マントル核心、お決まりのね。

あまいリップ押さえたまま足上げー いやいやいや。
怖い。
突っ込めば終わるのだろうけど、ビビリの僕には無理。
全力でクライムダウンすること数便。


IMG_6746
そんな中、KEITAくんが「あれ、悪い。」「あっ、なんで足上げちゃったんだろ。」、
「どうしよう、落ちる。」とか言いながらしばらくモゾモゾ。

もう引き返せない体勢になっちゃってたので、意を決して完登。
いやー、度胸あるねー
今日の僕にはそのメンタルの強さ無いわー

なんだかすごく主張してくるの、ランディングの岩が。
因みに、その岩の上から始めると3級みたいです。


けっきょくKEITAくん以外はビビり敗退。


で、お次は右端の1級のライン。

84793921_2558953991092014_1791770037023932416_n
これがまたなかなか悪い。
あれれー、1級なのに下部からこなせないじゃないのー

2日目だし、指先裂けてるから半分エンクラ気分で来てたけど、
なんだか凹むなー

気分転換に左側面の初段へ。


IMG_6778
みんなでオブザベしてみたけど、よくわかりません。
なのでトライ開始。

IMG_6789
KEITAくんがいい感じっぽかったけど、
中間部から上が意味不明っぽい。

84236275_472502200112783_3417285325993541632_n
僕もなんだかなーな感じ。
とりあえずスタートのフレークが痛い痛い。

なんだかなー


IMG_6751
いい感じだったけど、やっぱり途中から意味不明でKEITAくんも敗退宣言。
恐るべし深山。

一方、久々にクライミング復帰したDHちゃんは、
5〜6級のライン登って、近くのマントル課題にチャレンジ。

そもそも、外岩の経験もほとんど無いので・・・

だだハマり。


IMG_6748
KEITA師匠が手解きするも・・・あっ、いや、ちゃんと完登できました。

太陽出たり雨降ったり忙しい空模様は依然続き、
また1級に戻ったり初段触ったりしたけどフリクションも悪くなってっきちゃった。

そろそろ戻りながら登ろうってことで、
すぐ上にある別のNEW課題へ移動。

確か・・・2級だったかな?

IMG_6787
好きな形状の岩です。

IMG_6790
ランディングが狭いので、離れたところに荷物置いてトライ開始。

出だしからなかなか癖のある感じで、バランシーだし小テクも必要。
嗚呼、花崗岩だなーって感じで好き。



IMG_6779
・・・これがなかなか悪い。
この手の顕著ではないラインは慎重に探りながらね。

ランディングも狭いので、余計慎重に(ビビってるだけ)なる。

ちょっと上部の捌き方が分からない。


IMG_6783
花崗岩慣れしていないKEITAくんも上でモゾモゾとしています。


IMG_6757
夕日に照らされてロケーションは抜群の時間帯。
・・・この後、足が突然スリップして面白フォールします。

5・4・3・2・1・わーーーーーーーー


ホント、怪我なくてよかったねー
あわや足元の尖った岩に着地するところだったねー はは


オレ、生きてる!


けっきょく時間も時間なので、今回は宿題にして最後にDHちゃんに4級を登ってもろうと移動。
名前知らないけど『崖っぷち』の側面のやつ。


IMG_6770
やっぱり岩慣れしていないので出だしから苦戦。
それでも感じ掴んで上部に達したのだけどもー


5・4・3・2・1・・・わーーーーーー


クルッと剥がされて下にある岩を背中で滑り降りてくる面白フォールで終了。



背中擦りむいちゃったけど、


オレ、生きてる!




ははは、いいねーいいねー無事で何より。


なんだか散々な内容だったけど、新しい岩は内容も面白い課題が多いし、
指皮治してリベンジしたいですね。


今度はビビらずにね。へへ





今日はなんだかメンタル的にも身体的にも不安要素が多すぎた。
次回は頑張ります。



それでは、また

どうも、ノリオです


長々と雨の日が続いたかと思えば、何?初夏なの?(大げさ?)ってくらい暑い日があったり。
まっ、初夏は言い過ぎだけど、この日曜日の昼間は暑かった。


この日は、SHRくん改スエピーが「深山のスラブのPが気になる!」ってことでご案内。
このスラブのPがあるエリアは未公開エリアになっているけど、
まあその内公開されるはずです。


さて、天気がいいのは知っていたけど、Pに到着する頃には汗ばんで、
すぐさまTシャツ1枚にお着替え。 

暑い、暑すぎる。2月なのにTシャツ1枚で平気ってどうなのよ・・・


案の定、岩はポカポカ温まっていて状態よくない。



しばらくダラダラと休憩して、僕が少し前に登った1級のラインにスエピーがトライ。
スケさんと苦戦しながら登ったやつ。
1級でも辛い気がする・・・


スエピー、サクっと登っちゃうのかな。

 
IMG_6527-1
入念にオブザベして、

IMG_6529-1
むぐぐ・・・

IMG_6530
まだ身体が起きていないのか苦戦してます。
どうやら苦手系らしい。

やっぱり悪いよね。


なんだかハマりそうな雰囲気だったので、気分転換にスラブのPへ。
いや、ホント暑い。


IMG_6532-1
スタートは切れるものの、

FullSizeRender-2
その先の保持感が悪くて、、、

FullSizeRender-3
思うように戦えない。
あんなに鋭利だった結晶が、今日はスベッすべ?!

しばらくトライを続けたものの、今日じゃない感ハンパないので諦めました。
こりゃダメだー


ささっ、さっきの1級回収しましょう!
Pがダメだったので、僕も再登しますかー


IMG_6541-1
スエピー、やっぱり苦手っぽくて再び苦戦。

初触りのスエピーはまだしも、僕まで苦戦。
やっぱり悪くない? 悪いよー


苦戦しながらもなんとか無事に再登完了。
やっぱり上部は痺れるぜぃ。


IMG_6545-1
スエピーも感じを掴んできて、エグいフォールからの完登!
無事でよかった 笑


IMG_6550-1
出し切ったのか、しばらく岩の上でゴロリンちょ。



IMG_6543-1
もう、天気が良すぎて良すぎて、お昼寝したくなっちゃう。
暑いなー

IMG_6544-1
このままPを触ってもいい事になりそうにないし、
一つ下の『ワームホール 1級』や『カチランド 二段』へ移動。

もう、今日は1級廻りじゃい!


IMG_6552-1
僕は5年ぶりの『ワームホール』。 前回はヌメヌメで敗退した記憶。
でも、登り方忘れちゃってる。

もちろんスエピーはお初。



さあ、やってやるぜ!

IMG_6559-2

FullSizeRender-5
2人で波状攻撃。少しずつムーブを組み立てていく。
この手のホールドやムーブ、ラインが顕著じゃない課題はムーブを探る楽しさがあるよねー


IMG_6561-2
表面の苔や風化のチャリチャリがちょっと怖い。

今日は調子が悪いのか、スエピー苦戦しております。



IMG_6574-1
僕は上部までのムーブ組み立てて、いざ核心へ!


IMG_6569-1
むむむ、リップは目の前なのにー

FullSizeRender-4
闇雲なデッドで上部から毎トライ落下・・・ 腰痛い。
どう登るんだこれー 悪いよー


1級なら結構オンサイト出来ることもあるし時間もそんなに掛からないのに、
深山の1級はどハマっちゃう謎。


これが1級なのー???


スエピーは合間に『カチランド』もお触り。
こっちの方がフィーリングがいいとのこと。

カチかー あまり触りたくないなー僕。



結局、上部迷宮入りしちゃったので、2人で諦める。
あー、悔しい。



じゃあ、帰り道だしすぐ下にある1級でもとトライ開始。
僕は前回ほとんど何も出来なかった課題。


IMG_6562-2
カチが持ててはいステップを得意とするスエピー。

IMG_6563
一登目からなかなか良いところまでいっちゃう。
さすがだなー

IMG_6575-1
この日もまるでダメな僕。カチ痛いよー

IMG_6565-1
合間に隣の2級を触るも、激悪で敗退。
これ、どうやって登るの????

1級に戻り波状攻撃するも、やっぱり登れず敗退。
嗚呼、なんだか酷く疲れちゃったよ・・・


僕は保持力が無いので、どうしてもフリクション頼みのところがあり、
暑くて滑ると何もさせてもらえない。


なんだか少し2人とも凹みました。


腹いせ(?)に、目に入った苔々の超簡単そうなスラブ登って終了。6級。へへ



嗚呼、1級も登れないなんて、確実に弱くなってきてる。
なんだか落ち込む・・・



Pはいいとして、『ワームホール』は悔しいな・・・



クソー! ワームホール! やっつけたい!



どうする、どうするの僕。




それでは、また 

このページのトップヘ