Rocks at the control

カテゴリ: シークレット

どもども、ノリオです


めちゃめちゃ久しぶり。


岩登り、続けていますよ、もちろん。



ただ、Facebookに画像上げたりしてたらブログが疎かになってしまって


・・・そこで考えた。


「そうだ、Facebookの記事をそのまま添付すれば楽じゃん



てことで、以下コピペです



土曜日。従来なら仕事。


観たいライブがあったのでお休みをいただいていたのだが、
どうにも金欠で断念せざるを得ず、
誘われて岩場へ。


H部さんT野くんに行ってみたいといわれ、
この日はMt.HG-S。
件のプロジェクトのあるエリア。

f538c5dd

寒過ぎず花崗岩にいい気温。
エリア入り口のプロジェクトから奥は実に久しぶり。
踏み跡残っているか心配していたが案外大丈夫で、すぐに一つ目の岩に到着。


スラブ。
4級、3級、初二段のある岩。
初二段はおいといて、
実は4級が悪かった記憶。

IMG_1556


ここの花崗岩は非常に目が細く、
王子や矢掛の感じで足を置くと滑るので注意。


4級のカンテスラブから取り付くも、
お二人さん、さっそく洗礼を受けている。
まっ、僕も御多分に洩れず。
ハマる。

IMG_1558


IMG_1559


IMG_1560

IMG_1565

みんな登れたので3級のスラブ。
中間部にいいポケットがあるのでそれが取れれば終わりと思いきや・・・な課題。
ふふ、やはりフットが乏しい。
ハマる。

IMG_1562

IMG_1569

IMG_1570

目が慣れてくればポイント見えてきて、
みな完登。


面白い。


さて、お次は2級と3級(4級?)の岩に。
こちらはホールドもあって登りやすそうに見えて・・・


まずは3級?から。
見た目よりも持てる場所少なく、上部も気持ち悪い。
でもまあ、これはサク撃。

IMG_1571

IMG_1576

で、隣の2級。
以前の記憶では一撃したはず。
スタート下の大きな崩落見受けられるが、
少しスタートが悪くなった程度でグレードに影響は無い感じ。

IMG_1577

バランシーな中間部から何も無い系のマントルの好課題。
ランディングもちょっとだけ悪くていいスパイス。

IMG_1578

とりあえずリップまでは到達するも、
感じを掴めずハマる。
苦戦の末、H部さんが持ち前の柔軟性でマントルこなして完登!

IMG_1582

IMG_1583

IMG_1586



「何か出た。」とのこと。


だって上、苔ってるものねー



僕も気合入れて突っ込むもマントルの体勢寸前で敗退。


ビビった。 なさけない・・・


「これが住宅ローンの重圧か。」



守りに入ったな。


てか、絶対に2級じゃない(T_T)



さて、そこから二段のスラブ「馬酔木」や初段「目眩し」など案内してから、
僕も登れていない初段のマントル課題でセッションすることに。

これは"悪い"って記憶だけが・・・


小さい岩で、カンテやカチやフットもしっかりしているのだけどヤレば分かる"悪さ"。

一手目のカチが痛い。
身体上げるのキツい。
上、何も無い。

IMG_1587

ああだこうだ、手を変え品を変え、
それでもマントルの体勢にもなれない。


IMG_1590

しかしふと目についた小さな小さなフットに変更するとググッと進展!
H部さんはこれまた持ち前の柔軟性で変態ムーブ。
僕はそれ出来ないので別ムーブで、
もう少しって感じだったのだけどケツかっちん。

IMG_1592

辺りも暗くなってきたので終了。


Mt.HG-S、


ここにはプロジェクトもあるし馬酔木もあるし、
このマントルも登らないと。
また来る。


てか明日くる予定だけど。



・・・


ってことで日曜日。


午前からアノ方とMt.HG-S。



が、近くにつれ様子がおかしい。
狼煙上がってるし。


駐車場に到着すると満車?!


どうやら地域住民の方々が掃除に集まっているみたい。
怪訝な、訝しげな表情でジロジロ見られたので撤退。


ああ、なんてこった。

あのプロジェクト楽しみにしてたのに。


仕方がないので矢掛に移動。
西のエリアのプロジェクトをやることに。


IMG_0368

スイッチがOFFになってしまい身体が動かない。
久々に触ったけど以前の高度には至らない。
アノ方は新たなムーブ発見して少し進展。


スゲー。



そうこうしているところにコージー登場。
この保持れる男ならなんとかしてくれるんじゃないか!

IMG_1369

プロジェクトの左側も登れそうじゃね?って一緒に触ってみたけど無理そうだったので、
やっぱりプロジェクトに。



コージー早速最高到達点叩き出し場が沸く。

・・・が、使っていたフットが消し飛んでいる。


マジか。




気がつくと昼回っていたので、
昼飯を買いに降りて到着しているはずのトモチンとご子息と合流するために鉄塔エリア。


テツさん家族も来ていて、
午後はのんびりセッションやおしゃべりや昼寝。


ビンゴライトビンゴ登って雨が降り始めたので撤収。



あのプロジェクト触れなかったのは残念だったけど、
久々に岩尽くしな2日間でした



最近ちょっと身体が重いので体調管理しなきゃシーズンを楽しめませんね


まだまだこれから。


IMG_1597

楽しもう

こんにちは!

401です。

今回も先週に引き続き関西シークレットエリアに、
先週の3人+M兄ちゃんの4人で行って来ました

前回の出発〜到着を学習し、
ちゃんと出発〜早朝7:00到着で朝練開始
まぁ今回もOPEN一番乗りでしたが

早速トラバース課題の岩でUP

2015-11-01-07-02-11


先週よりも気温が下がっており岩の状態もいい感じ
色んなラインがあるので登っていないラインを登る


適当なところで岩を移り、
まだスイッチOFFの元気はM兄ちゃんに「ゴリラーメン」を指南する。
最近忙しくて登れていないM兄ちゃんはカブった課題に困惑

2015-11-01-07-38-41


M富様と401は同じ岩の「ゴリラウーマン」をトライ

2015-11-01-07-52-00


程なくM富様は完登

その後、珍しく401も完登

まったくやる気になってなかった元気が、
401の完登で急にスイッチが入り401がのっこし中にも係わらずトライ開始
401をモノサシに使うユメ〇と元気、まぁ別にいいですけど

朝練にしてすでにヨレ気味のM兄ちゃんも参戦

2015-11-01-08-43-15


マシンガンでトライを続ける元気は、
ヒールのかかりがイマイチだったのを修正した後に完登

2015-11-03-10-13-54


やっぱり強くなってる


朝練も終了ということで裏エリアへ移動
これまた前回通った経路がキツかったことを学習し、
通ったことのない別の経路を試みる。
ソムリエがいるのとシューズを新調したこともあり、難なく裏エリア到着

2015-11-01-09-26-53


早速「裏〇者」を4人でトライ

2015-11-01-10-04-55


土木工事はしてあるが下地は悪い
ビビル元気を横目にこの課題を宿題にしているM富様は猛アタック

段々感触をつかみ

2015-11-01-10-18-08


見事完登

あの時のM富様が戻ってきたかも


続いて近くにある「小杖」のある岩をM富様と401はトライ

2015-11-01-10-43-28


ルーフからスローパーをつなぐ好課題
手探りで背中落ちを繰り返しながら徐々に進むも、今一つ解決せず
いい感じの足の使い方を発見するがあと一歩足らず
次は登れるかな


元気とM兄ちゃんは簡単目な課題がそろうフェイスがきれいな岩

2015-11-01-10-45-00


しっかりとソムリエのレクチャーを受けトライ

2015-11-01-10-53-12


左端にある4級をSDですれば1級/初段とのことで、
スイッチの入った元気は気づけば上裸

2015-11-01-11-11-16


これまた怒涛のトライで見事完登
初手から吠えてた


そして401の宿題「武松トラバース?」のある岩に移動開始

途中でチョークのついた岩を見つけたのでみんなでトライ

2015-11-01-12-20-23


尻が地上5cmくらいの体制でスタートする、
あま〜い棚をトラバースする課題

2015-11-01-12-26-36


低空飛行による地面タッチが我々を悩ますが、
M富様は昼食後ちゃっかり完登


そして宿題到着。

しっかりとジムで復習し、イメトレ学習をしてきたおかげで、

さらっと完登

なぜ先週登れなかった


この岩にある2級を登った後、

何故かこの岩にある課題達に見向きもしない元気をよそに、
M兄ちゃんと1級をセッション

2015-11-01-13-44-29


上部の右手取りに二人とも苦労する

あと少しで登れそうなM兄ちゃんは、
M富様のリピートにより解決策を授かるが、
途中から右脚の攣りが止まらず宿題に

次のエリアに移動しながら課題を触ることに

途中あった関西基準1級といわれる課題に触手をのばす。
高さのある垂壁の課題だが自然にかなり戻っているため入念にオブザベ
上部も見えないため元気を偵察に送る。

情報を基にM富様がトライ

2015-11-01-14-24-06


こなこなしたホールドにビビりながらも数トライで完登
あの時のM富様が今ここに...


お次は経路途中にある「1級トラーバース」を急に強気になった元気がトライ

2015-11-01-14-55-40


ラストのランジが遠いみたいで急に弱気になる。


夕方前のいい時間帯になってきたのと、
M富様のもうじき点滅し始める背中のタイマーを気にしながら、
「泥沼」へ

クライマーで大賑わいの泥沼を、
M富様以外のメンバーは大人しく観戦

どうやら先週よりも抜群の状態らしく急にテンションを上げる

2015-11-01-16-31-24


本日のファーストトライでいいところまで行くが完登ならず

その後も

M富様の背中からアラームが鳴り始めたところで本日も
M富様の学習能力は


年内にもう一回来なきゃね


今週もなんやかんやで10時間クライミングして大満足


それではまた次回

こんにちは!

401です。

この土曜日は、関西にあるシークレットエリアに
お知り合い初登の課題を撃ちに行くということでいつもと変わらない気がするが、
初のエリアに行くということで気分はウキウキ

今回のメンバーは、知らないエリアに行くときは100トポよりも頼りになる、
世界の岩場情報を知る男ソムリエM富様の引率で401と元気の3人

もちろん背中にタイマーをしょっているソムリエがゆっくり出発するなどありえず、
当たり前の深夜出発
しかし、日の出時刻読み間違えで夜明け前に到着

車で仮眠をとることにするがエリアを目の前にして、
気分ソワソワのテンションのソムリエがぐっすり寝るはずもなく
まだ気持ち薄暗い早朝6:00から本日スタート


まずは車から1番近いトラバース1級のある岩から
image

巷の動画サイトでみれば左右からトラバース課題がある様子なので、
401は左から、元気は右から、ソムリエは真ん中SDから右抜けにトライ

ソムリエと同じくらいやる気満々元気は、
中間部の少しリーチなパートをゴミカチへデットムーブで解決して早々に完登

image

ソムリエもスタートムーブを確認後に早々に完登

401をとり残し二人は近くにある岩の「ゴリラーメン」と「泥沼」を偵察

401はパートは解決してトライを重ねるが、なにせ繋げて出来ない
でも、そこは持ち前の切り替えの早さでアップ完了と納得しゴリラーメンに移動

image

木は邪魔だがなんとなくホールド感といい好きな感じの課題
先に行った二人に様子を聞きだしトライ開始

image

元気の情報提供によりソムリエが早々に完登
すこし手間取ったが元気とソムリエの情報提供により401も完登

リップ手前までいってる元気は波状攻撃を仕掛けるが中々登れず

そろそろ次の課題へ行きましょう!ということで一時保留にして次に移動


尾根を挟んで向こう側にあるエリアのためガッツリのトレッキング
ソムリエが本領を発揮して経路途中にある課題を饒舌に語ってくれるが、
結構な上り坂で息切れ&膝ガクになり半分も頭に入ってこなかった
しかし、紹介された課題達はどれも興味をそそるものだった

関西の基準といわれる1級課題

image

2015-10-24-10-05-24

image


そして「武松」のある岩に到着

image

ソムリエにこの岩にある課題達の紹介をしてもらい1級からトライするが、
元気が上部にビビッてセッションを拒否ったため初段の課題をセッションすることに

image

そこそこの傾斜でパワフルにアンダーをマッチするこの課題に401はもうアタック
なかなか登れそうで登れない地獄に落ちる

image

元気もトライするがアンダーマッチが出来ないので沢の土木作業に従事する


ソムリエは「武松」をトライ

2015-10-24-11-08-00

以外にサクッとパートをこなし、

image

これまた早々に完登

あの時の強いソムリエが戻って来たような...

相変わらず地獄でもがく401も、
幾度となく地獄の淵に手をかける所まで這い上がるが、
あと少しという所でスタンスを踏みはずし再び奈落の底へ

お二人にたっぷり時間を取って貰った上に応援までして頂いたが、
次回のお楽しみにして朝行ったエリアに戻る。

元気は朝出来なかった「ゴリラーメン」を、
ソムリエは本日のお目当て「泥沼」を、
401は出来たての「珈琲」を、
それぞれトライ

image

さぁ元気のトライを観ながら横になって優雅な午後の一時をっと思ったら、
元気が再トライ1撃目で完登

やるな

優雅な一時は一瞬で終わりソムリエの「泥沼」へ

2015-10-24-06-35-40

image

都合7年間も泥沼に嵌まっているらしいソムリエ
モチベーションをFULLにして、
朝よりも状態が良くなった泥沼に脱出をかけてもうトライ

だが、ここにきていつもの調子を取り戻し、
あっちが出来ればこっちが出来ない

それでもめげずに続けるソムリエを横目に、
元気は沢でカニと戯れ
充電が切れた401はマットに寝ころび目をつむった瞑想者状態で、
神経を耳に集中して応援する

それでもめげずに迷走しながらソムリエは続ける

マットの上の瞑想者が二人に増えた頃、
閉店が近いことを知らせる闇がだんだんあたりを覆いだす。

そして完登を知らせる前に閉店のお知らせが届く


初めての岩場をOPEN〜LASTで十二分に堪能出来た
本意ではないにしろそれぞれ成果もあり充実した1日でした。
まだたくさん回れなかった課題もあるので近々再訪しなければ

今期はなるべく行ったことのない岩場に行こうと思います。


それではまた次回

2015-10-24-06-19-40





このページのトップヘ