Rocks at the control

カテゴリ: シークレット

どうも、ノリオです


全国的に不要不急の外出の自粛を、の流れ。至極当然。
日増しにコロナウイルスの感染が拡大しているのだから。

3密という言葉がニュースなどで取り沙汰され、地元岡山県でも11人の感染が確認されるなか、
日常でどう行動するか考えなければいけない状況に直面している。
もっと早くから危機感をもっていればよかったのだろうけど、地方片田舎岡山に住む身としてはその辺りに欠いていたと思う。

3密とは『密閉』『密集』『密接』だという。

4月に入りいよいよ花崗岩シーズンも終わりの気配。気温も上がり雨の日も増えてきた。
「嗚呼、シーズンが終わった・・・」と落胆しながら天気予報を見ると日曜日の気温が低い。
これがラストチャンスかもしれない!とモチベーション低下していた自分を奮いたたせ、
スケさんと岩場に繰り出す約束をとりつけた。

さて、ここで岩場での3密について考える。
岩場、しかも人気のないシークレットエリアでの『密閉』『密集』『密接』はどうか。

まず『密閉』は当てはまらない。『密集』も極々少数での岩登りなので当てはまらないのではないか。
ただ一つ『密接』に関しては、社会的距離(1.8m?)を保とうと思えば可能だが、
恐らく気にしていても無意識に距離を詰めてしまうだろう。
なにしろ各々目の前のラインに集中し夢中になってしまうから。
もちろん、岩場でのうがいや手洗いも出来ないことはないが難しいように思われる。 

もう信じるしかない。メンバーがウイルス保有者でないことを。
そして自分がウイルスを保有していないことを。

SNSを見ていると岩場の画像多く見かけ、どうやら自分を含めクライマーは危機感に欠けるようだ。
すべてのクライマーがといった訳ではありませんよ。一部の、という意味で。

結局、欲望を優先させてしまったというお話。



さて、この日はスケさんとの岩登りということで、互いに目当てはアレしかないので、
向かった先はMt.HGS。

そう、あの美しすぎるスラブのP。
先週は雨の影響で断念したということもあり、俄然燃えてます。 


本当に天気がいい。
青空と桜。いつもと変わらない春って感じですが、今年はね・・・


IMG_7991
このお天気なのに気温は上がらないって話。
だけど、やっぱり暖かいよね。暖かいよ、やっぱり。


FullSizeRender-6
空がとても綺麗です。


前回も書いたように、ここは一歩踏み込むと下界より冷んやりとした空気。

IMG_7997
お目当ての岩に到着してみれば涼しく岩も乾いてる。


IMG_7999
そうそう。今回はsuepeeが初参戦。
以前少し触ったらしいのだけどスタートもままならなかったようで・・・


よーし、今日こそは! やってやるぜー!



IMG_8003

IMG_8005

FullSizeRender-7
だー!? なんと序盤からスケさんが最高高度を叩き出し場が湧く。
僕やsuepeeもそのムーブを採用し波状攻撃開始。

IMG_8002
はじめは下部の感覚を掴めず苦戦していたsuepeeも徐々に高度を上げて追い上げてくる。
いまのところスケさんが頭一つも二つも抜きん出ている感じ。


FullSizeRender-8
僕も一生懸命喰らい付いていくけど、どうしてもうまく熟せない。


IMG_7995
スケさんは安定してほとんどのトライで上部の水平クラックに迫る勢い。
僕とsuepeeはその手前で苦戦を強いられてしまう。
気持ちばかりが焦る。


IMG_8008
そうこうしていると、スケさんがついに水平クラックを捕らえはじめ、
一段と場の緊張感が高まる。

水平クラックを止めてもそこからフットが悪く、足が切れてしまう。
そこにも核心が潜んでいたとは!

スケさんのトライをみていると、同じフット位置からだと僕の身長では水平クラックに手が届きそうにない。
頭のなかでシミュレーションしながらムーブを探る。
僕より身長の高い他の二人と同じことしても駄目だと判明し、より焦りが増して無駄なトライを重ねてしまう。


FullSizeRender-3
僕が停滞していると、suepeeがなんと水平クラックに到達!
と同時に両足が切れてしまうが、足ブラでなんとか持ち堪えて必死にフットを捉えようと何度も試みる。
無情にもカリカリと音だけが響き、フットを捉えられない。
そして力尽きフォール。

あれでフットを捉えていたら登れてたな絶対。
ホントに惜しい。


トライ開始から4時間ほど経過し、誰もがだんだんと体幹がヨレてきて高度が下がり始める。
僕に至っては全力で気張り過ぎて腰痛を発症。全身が痛い。

初登間近だったsuepeeもついには諦めて一足先に撤退。
僕とスケさんは残ってトライ続行。


IMG_8024
フット位置が深く、左足のスタンスの捉え方がいまいちな上に、
左上のホールドも深くギリギリ届く距離。
少しリーチーなセクション。

FullSizeRender-4
二人に追いつきたくて無闇にトライを重ねてしまう僕。

FullSizeRender-5
パツパツの左上のホールドを保持るこの表情。もうこれ苦悶の表情です。
 
ギリギリ届くこのホールドを保持り全力で身体引き上げて右足を高く上げなければならず、
おまけにそのままだと2人のように水平クラックには届かない。
左足をもうひとつ上げなければ・・・

正直、キツイ。以前のムーブに戻すべきなのか・・・悩む。



嗚呼、どうにもならないのか。いまの僕にはどうしようにもないのか。
焦りが悔しさに変わる。悔しい。


終いには中間部すら熟せなくなり敗退。
終わってしまった。



もし、今月中にトライできるチャンスがあるならば2人は登ってしまうだろう。
僕の完登はいまのところ可能性が低い。
明らかに足らないものが多すぎる。本当に凹む。


荷物片付けながら、アプローチを戻りながらそのことばかり考えてしまう。
悔しい。マジで。

こんなに悔しい気持ちはいつぶりだろう・・・




IMG_8011
まだこんなにも明るいのに、指先はおろか全身が悲鳴を上げて敗退。
まだこんなに明るくて気温も低くベスココンディションなのに。


IMG_8012
こんな気持ちのままシーズンが終わってしまうのか?
今回が2019シーズンの最終回にしようと思っていたけど、もう少し粘るべきなのではないのか。


その為にシューズを新調してやろうか。
せめてもう一日だけでもトライさせてもらえないのか。


その時は身体がぶっ壊れるくらい本気で挑みたい。



もう一日だけでも。

どうも、ノリオです

天気予報を見ると雨か気温20℃に迫る日ばかり。
突然シーズン終了を叩きつけられたような感じです。

昨シーズンの3月はまだ勝負出来ていた気がしますが・・・



しかしながら、このまま終わりを受け入れしまってもあれなので、
シーズンの残り香にすがるしかない。


雨降りそうだけど、気温高いけど、行くしかないよね。



で、日曜日。
スケさんとMt.HGSのスラブのPへ。

この日は午後から雨予報。
ならば早い時間から動いて少しでも長く登ろうと出発。


空には薄っすら雲が掛かり、気温も高め。

IMG_7750
頼む、少しでも遅れてください雨雲さん。



IMG_7680
少し久しぶりのP。
ここは木陰で、地形のお陰か風が集まり少し肌寒い。

念入りに掃除してトライ開始。
やってやるぜー!


IMG_7684
スケさんと僕は若干ライン取りが違います。
どちらが正解なのか、まだ上部に到達していないので分からない。

IMG_7685
この美しいスラブ。てか、半分から上は垂壁です。

IMG_7733
前回いい感じだったムーブを試みてみるもダメ。なぜ???
この右足のスメアが踏めない。

結局ここにきて下部のムーブを変える。
ちょっと保持系になってしまうが一足ショートカット。


前回の最高到達点に達するも、飛ばした先の左手シンクラックの保持感が悪く動けない。
でフォール。ここからが核心。


IMG_7687
前回あまり進まなかったスケさんも、ムーブを試行錯誤しながら高度を上げてくる。

雨は降らない。雨雲レーダーと睨めっこしながら、
やや焦り気味でトライを続ける。


指皮が磨り減り、体幹がヨレてきたのか高度が下がり始めた。
・・・この時間がきてしまった。


2人してトライを重ねるけど、こうなるといいことにならないのは百も承知。
でも便数出しちゃう・・・

そのうち指の第一関節が悲鳴を上げ、足の指も身体もヨレて終了。トホホ



IMG_7692
けっきょく雨も降らないし、なんならこの時間帯が一番岩のコンディションもいいじゃない。
それならこの時間に集中してやればよかったよ・・・ トホホ


さて、まだまだ日が高い。
そういえば矢掛にKEITAくんやミミハムさん達が登りにきているので合流することに。
ただの賑やかしでねー


到着してみるとみんな鉄塔エリアに居て、もう終わった感漂わせるメンバーと『ないものねだり』にトライするメンバーと真っ二つ。
どうやら矢掛は暑かったようです。

道具は背負ってきたものの、登る気は無し。
ぶらぶら周りの岩を見てまわっていると小さいけど被った岩を発見!

これはもしやと岩を背にして逆上がり。
むおっ、ややっ、これは・・・

ちょっと悪い。

二回目でなんとか逆上がりマントル決め完登?


するとみんな寄ってきてセッション開始。ホントにやるの?


IMG_7695
貯水タンクすぐ横の岩です。

ノーチョーク、ノーマット、ノークライミングシューズって縛りで3級って感じ?

『コージーの発射 3級』に決定。お遊び課題です。

IMG_7698
これが案外、、、、

IMG_7701
みんなハマっちゃって・・・

IMG_7702
嗚呼、コージー、木を使っちゃダメだぜー

で、僕以外みんな敗退。
まあ、こんなのクライミング技術じゃないから。
たまたま僕が逆上がり得意なだけだしね。

ぷぷぷ


と、こんな感じで日曜日は終了。
月曜日もスケさんは休みってことで、遠征は?って話も上がったけどー


IMG_7704
結局来たのはー

IMG_7751
Mt.HGS。。。
また来ちゃった。


IMG_7706
この日は快晴も快晴。
雲一つ無い青空。

気温もかなり上がるみたいだけど乾燥してる。



IMG_7708
下界は暑くとも、このトンネルに入れば空気は冷んやり。


IMG_7714
岩は冷たくないけど、昨日より状態はいい。
ただ、昨日散々握って踏んで踏ん張って身体はボロボロ。

でもでも、やってやるぜー!


IMG_7717
スケさんは安定してる。

IMG_7732
僕は左手の保持感、足の踏め感が悪く苦闘。

IMG_7731
シューズ替え、ムーブ替えの悪いパターン。
全然高度が上がらない。

なんだこれー、くそー!


IMG_7729
一度だけ最高高度まで達するものの、右足のギリギリのスメアが外れてフォール。
左手の指に穴が空いちゃった・・・ トホホ

テーピング巻いてトライ続けるも、こんなんじゃシンクラック握れない。
そのうち足も乗れなくなってしょうもないトライが続き意気消沈。

もう、ダメだ。終わった・・・



IMG_7725
太陽はまだこんなに高いのに。

IMG_7721
スケさんは粘り強くムーブを探る。
それでもやはり中間部で弾かれる。

これ、本当に悪い。
このセクションを解決できればその先はなんとかなりそうなんだけどなー


しかし、シーズンの終わりとともに僕のシューズ達は終わっちゃったかも。
ヘタってソールも欲しいところが無くなっちゃった。
これまでか。これまでなのか?

いまから新しいシューズ馴らしても間に合わないし・・・


シーズンの残り香があるうちに登りたいのに。
残りカスのシューズで頑張るしかない。



IMG_7722
嗚呼、この美しい、美しすぎるスラブ・・・

IMG_7723
今回もこのリップに到達することが出来なかった。
タイムアップ。終了。

IMG_7726
Mt.HGS。シークレットエリアにあるスラブのP。
個人的にはいままで出会った中で一番美しい岩だし、なんとしても登りたい。

2年くらい放置していたけど、何年プロジェクトのままなのか。
ナサケナイ



IMG_7727

次の日曜は気温も低くよさそうだけど、
前日の雨がどれくらい影響を残すのか・・・


シーズンの残り香、もうしばらくは・・・



どうも、ノリオです

このところ、やっと冬っぽい寒さになってきましたね。
それでも、まだまだ冬本番って感じも薄く、このまま春になってしまうのではと不安になってしまいます。

花崗岩シーズンが足早に走り過ぎていこうとしている・・・


さて、そんな冬っぽさ十分な日曜日。
空は快晴、気温も湿度も低め。
これ即ち花崗岩日和。

数日前にスケさんから連絡があり、久々にMt.HGSのスラブのPに行くことに。


ここは、一昨年のあんなことが起こってしまい、で中々行くことがはばかれていたエリア。
本当に久しぶりです。


IMG_6690
エリアに到着。日差しは暖かいけど空気はキンと冷えています。
寒いなー

このエリア、アプローチに入った途端に一段と気温が下がる場所で、
ここの冬の寒さは侮れません。
少し厚着をして出発。


そして、一番始めに出迎えてくれるのがー

IMG_6698
このスラブのPの岩。

IMG_6693
嗚呼、いつ見ても美し過ぎて見惚れてしまう・・・
美しいあまり、フットがシビア。


IMG_6718
このリップの凹みを目指しているわけですが、何年も辿り着けていません。
まっ、僕達が弱いだけなんですけどね。


ホント、久々なので入念に整備掃除済ませ、
しばし休憩や準備運動済ませトライ開始。

やっぱりここは寒い。

IMG_6699
岩が冷た過ぎて指先の感覚がどんどん無くなっていく。

FullSizeRender-6
いきなり序盤で苦戦を強いられてしまいます。

岩、冷てー

シューズ、冷てー


指先、感覚無ぇー



FullSizeRender-8
調子を取り戻すのに少々時間がかかったけど、
なんとか以前の高度まで到達。

IMG_6703
まっ、ここからが核心なんですけどねー

FullSizeRender-1
2人でああだこうだムーブを探ります。

で、僕が少し解決出来そうな方法を見付け、
その精度を上げようとトライしているとー


パッかーん!



???!!!



IMG_6705
嗚呼、キーホールドの右手の薄いフレークが割れてしまいました。
なんてこった トホホ

IMG_6704
ムーブ組み直さなきゃいけないのかな・・・


焦って剥がれた箇所を見てみると、
おやおや? なんだか、前より・・・


良くなってないかい?



確認してみるとガストンの角度でガバカチになってる!
これにより、さっきのムーブがやりやすくなっちゃったぜぃ。


・・・といっても、少しやりやすくなった程度で、
やっぱり悪い。


それでもトライを重ね精度を上げていくと、

FullSizeRender-2

FullSizeRender-3
初めて左手を上げることに成功!
なかなか悪いデッドになっちゃうけど。

うわっ?! 見た目より保持れないんですけどー


ここから上の水平クラックを目指したいのだけど、
実はここからが核心でした。


足元はスラブだけど、そこから上は垂壁。
綺麗すぎる岩肌にフットが見当たらない。


僕より身長が高い人は伸びれば届くかもしれないけど、
もう一歩は立ち上がらなきゃいけない。

わっ、悪い。


まだまだ精度の低いデッドで何度か左手上げて、
フット変えて・・・



おや?

IMG_6730
めっちゃ、血ぃー出てますやん!



IMG_6706
やってもーたー

これからってところで。
少し高度が上がって完登の兆し見え始めたのに、なんでー


テーピング巻いてもなんとかなりそうなので、
そのままトライ続けていると左手の指も裂けちゃった・・・


もうダメだ。今日は諦めよう 泣



スゲー残念だけど、指皮治して出直せばこれはもしかしてもしかするかもしれない!
次回は必ず登ってみせる!登りたい!登らせてください!


スケさんも指先やっちゃったので、まだお日様が沈むまで時間あるけど撤収。


FullSizeRender-7
まだこんなにも明るい。


どうしよう・・・ 聞けば、どうやら矢掛に別パーティーが来ているようなので、
じゃあ、行ってみましょうかーってことになり移動。


思ったより時間掛かっちゃって、到着すると日没間近。

FullSizeRender
嗚呼、沈んじゃう。

『激おこー』のところに別パーティーが居るってことで合流し、
急いでシューズ履いて駆け足で登る。

うむ、やっぱり面白い課題だ。



IMG_6712
するとみなさんお片付け始めたので僕達も急いで撤収。

IMG_6711

IMG_6713
本当に天気のいい一日でした。

こんな日が続けばいいのに・・・



指先やっちゃったけど、少しは進展あったし完投の可能性もグッと高くなったし。
なんだかんだ楽しい時間を過ごせました。


こんな指だけど、明日の月曜は深山に行く約束が。
岩、触っちゃうんだろーなー
なんだかんだで、結構本気で触っちゃうんだろーなー 僕。


お薬たっぷり塗って寝よっと。


それでは、また

どもども、ノリオです。


忘れた頃にブログを再開し、なんとなくシーズンが終わるころにはフェードアウト。
そんな感じになっちゃっていますRocks at the control。

以前よりも岩場に行けなくなってしまい、それにも増してブログを書くタイミングが作れない。
それでもなんとか細ーく細ーく細々と続けて行きますよー



さてさて、急激に気温下がってきて『嗚呼、花崗岩触らなきゃ』とスイッチを入れるべく、
今シーズン初となる"お目当の岩"を触りに行くことにしました


何度か王子が岳で登ってはいたんですが、エンクラって感じで。



で、向かった先は・・・



46670122_2060203147407423_8820568069437915136_n

春先以来のMt.DKにコージー達とお出掛け。
思ったよりも暖かい。


46668683_2060203174074087_6995853193712238592_n

現地でガッキーさん達と遭遇。
アップには不向きなマウンテンフィッシュをトライ中。

46660567_2060203207407417_4014858745954697216_n
46749196_2060203240740747_868704728148606976_n
1級ってことだけど、なんだか悪そうなので未だに触ってません。



さて、本日のお目当ては春先に発見していた大スラブ。6mくらいあんのかな?
苔生して倒木が邪魔をしていたので、整備して触るつもり。



なんとなくの記憶もあてになり岩は直ぐに発見。


47009325_2060203314074073_6015473126819758080_n
46764478_2060203287407409_4650633275788754944_n
46800559_2060203347407403_9002410731278172160_n
とりあえず疲れたので一休み

46751193_2060203367407401_5139541746828443648_n
ごしごしブラシで擦って苔を除去。
よっこいしょと倒木転がし落として登れる感じに。

46523766_2060203387407399_6711603311646081024_n
46777699_2060203424074062_3316921238890217472_n
いやー、入山して何時間経ってる?
やっとクライミングできるぜーつってトライ開始。


46501109_2060203457407392_9058415236507238400_n
うむうむ、のっけから悪い。

46624097_2060203510740720_3519591812056481792_n
それでも一歩一歩確かめながらムーブを探るこの時間が好き。おもろい。


46525639_2060203484074056_5156517493396733952_n
コージーが中間部に突入する糸口見付けるもキースタンスが消失。また一から。

46790446_2060203537407384_797292465831804928_n
てか、ちょーエッヂーなスラブだ。(ミウラが羨ましい。。。)

僕のシューズじゃあ厳しいのか...


46513670_2060203567407381_5427030931883950080_n
これが最高到達点。僕はもう少し下。


あれやこれや探るが陽が沈みはじめたので本日は諦め、
隣にあったチョーク痕残る課題っぽいラインをトライ。


上部が悪く何度か失敗するも、柔軟性に欠く我がの身体恨みつつなんとかハイステップ熟し完登。


いやー、苦手だった。



近くで登っていたガッキーさん達は三段のライン。
核心止めたけど敗退してしまったらしい。

めちゃくちゃテンション高い叫び声聞こえてきてました。




しかし、ここは本当に岩がたくさん転がっててヤバイ。
スラブの近くにいい岩を発見したし、この周辺だけでも当分楽しめそうだな。



まだ身体が花崗岩モードになってない感じがしたから、スイッチ入れていかなきゃなー
あまり登ってないはずなのに全身バッキバキに痛い。


風呂にでも浸かろっと。



46828862_2060393627388375_8050863432678768640_n


いい休日でした。

 

それでは、また 

どうも、ノリオです
・・・突然暑い。 何なんでしょ。


日曜日の話ですが、
この日は最高気温25℃を記録したところもあるみたいですね

すっげー寒い、から一転、すっげー暑い。


もういきなり花崗岩シーズンが去っていった感じ


天気予報で前日から暑いのは分かっている。
さて、深山は無理っぽいしどうしようかと悩んでいたところにスケさんからお誘いが。


「Mt.HG_Sに行きませんか?」と。



Mt.HG_Sというとプロジェクトか馬酔木か・・・


正直、もうこの気温だと無理っぽいけど、
瀬戸内海沿いのエリアよりは涼しいはずだし選択肢は無い。


少し朝早く出発し、
駐車場に着くころにはもうかなり暖かい。
それでもアプローチに入れば少し涼しく感じます。


プロジェクトに到着。

 
IMG_2219
実はこのエリアで一番最初の岩にあるプロジェクト。
直接日差しが差し込むことがないので、思ったより岩が冷えてる。

早速掃除してトライ開始


IMG_2220
この中間地点からメチャ悪い

IMG_2222
いつものアングルね

本当に綺麗な岩。



IMG_2223
この中間地点を熟し、

IMG_2225
目指すはこのガバカチ(泥乗ってますが)。
奥に見えるシワにもコケが詰まってます。


IMG_2226
で、ガバカチからこのリップの窪みを押さえられたら登れる。


IMG_2227
このシンクラックの画像上辺りのチョーク跡が比較的持てる箇所。
いままでは右手で取って左手でガバカチへというムーブ構成で組み立てていましたが、
それだとガバが遠い。

なので左手で取る構成に変えてのトライ。



IMG_2229
・・・岩場にブロッコリー



IMG_2233
さあ、やってやるぜー

IMG_2236
ここの二足が異常にソールをエグるんです

IMG_2237
で、ここから右足をシビアなスメアリングポイントに置いて、
左足をクソみたいなエッジに上げて、右手の薄〜いフレークでロックして左手を、、、

左手を、、、


出せなーーーい


もう少しって感じなんだけどなー


嗚呼、駄目だ、、、保持力が、、、指皮も駄目になってきた



諦めよう





ちょっと岩を変えようってことで、
向かった先は以前触ってまったく登れなかった初段+のスラブ。
数年前だから朧げな記憶。


IMG_2239
ホールドやフットを確認して、

IMG_2240
トライ開始


IMG_2243
くー、指皮終わってんのに、超保持系だったー


IMG_2245
ギューってやって、足上げてギューなやつ。

めちゃ痛い


しかも、ここ暑い



結局、早々に諦めて隣の簡単な課題登って遊んで終了。

IMG_2246
・・・この4級、舐めてると痛い目に合います。




IMG_2247
Mt.HG_Sはどうやら歴史あるところみたいで、

IMG_2248
 狛犬や石垣などかなり古いものが残っている感じ。



素敵な眺めです。



うーん、しっかり登ったけど進展のない内容。
このままシーズンが終わってしまうのかと思うと、
なんだか凹んできちゃいます。

週間天気予報見てみると次の日曜は気温もそこまで上がらず良さそうなんだけど、
あろうことか仕事に出ねばならず


(マジかー 最悪ぅ)


翌日のお休みはグッと気温高め。


(マジかー 最悪ぅ)



もう少しだけ寒気戻ってきてくれー



それでは、また 

このページのトップヘ